警戒心と防犯マンション

ときどき、びっくりするくらいの警戒心をもって生きている人がいる。

その人たちは、一様に、同じような顔をしていることにも、あら、ビックリ。

確かに、この物騒な世の中、警戒心も、危機管理も必要だろう。

ただ、過剰な警戒心は、その人の世界を小さくし、
めんどくさいことになっているように思えてならない。


こんな話があることをご存知だろうか?

詐欺師が、過去に詐欺にあった人のリストを欲しがることを。

理由は、一度だまされた人は、だませる可能性が高いから。

普通、一度だまされた人は、その経験をいかし、
二度とだまされないのではと思ってしまう。

被害に遭った本人も、二度とだまされるもんかと思っているに違いない。

でも、被害にあった人の統計を見てみると・・・
かなりの割合で、過去に詐欺に遭っている人が多いらしい。。。


このデータは、心理学を勉強してからの私にはよくわかる。

心ってやつは・・・二度とだまされるもんかっと思えば思うほど、
だまされる道にどんどん進む。


私は、この手の人を、ひと昔前のマンションに似ていると思ってしまう。

ひと昔前のマンションにありがちなあれ↓

玄関側は、やれオートロックだ、防犯カメラだと鉄壁の防犯を頑張るのだが、
ちょっと裏口にまわってみると、そこは子供でも入れそうな仕組みになっている。
(あ、うちもだけど・・・汗)


ざっくり言ってしまえば、警戒していても、していなくても、騙される時は、だまされる。

だから、そんな塀の中から目だけをだして世界を見なくても、
堂々と世界に出ていけばいいと思う。

ま、ひとそれぞれ。自分が好きなようにやればいいんですけどね~
[PR]
by yuristyle | 2013-07-14 22:57 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧