口ぐせのタタリ

口ぐせ博士と呼ばれた佐藤富雄先生がいう口ぐせのタタリ

最初は、何のことかわらかなかった。


受講料40万円くらいの講座の直前、
ドクター(佐藤富雄先生の呼び名)から聞かれた。

Aさんは、参加するの?

Aさんからは、事前にお金がないから受講しませんと言われていたし、
金額からもその答えは予想できた私は、なんのためらいもなく元気に答えた↓


Aさんは受講されません。
お金がないからって仰っていました。



ドクターはしばらく無言になったあと、続けた。

そんな怖いこと良くいうね。お金がないなんて恐ろしいこと。
そんなこと言ってると口ぐせのタタリがやってきて、
本当にお金がなくなっていくのに。



私は、起業して以来、お金がないからっという理由で何かを断られることなんて慣れ過ぎていて、
なんの違和感もなく受け取っていた。


でも・・・考えてみれば・・・

口に出していたことが叶ったってことは多くの人が言っている。
その理屈をしらなくても、深い意味はなくても、
口にだしていたら叶うという体験をしている人はたくさんいる。

金八先生風にいうと、叶うという字は口(くち)に十(じゅう)と書いて叶うである。
【十回言ったら叶う】

そう考えると、お金がないと簡単にいうのは、
恐ろしいこと、それこそタタリめいたものがやってこないとも限らない。

深いな~と思いつつ、大阪空港まで見送ったことが昨日のように思えてくる。


ちなみに、10月のDタイム、お金のワークショップは満席になりました。
ありがとうございます。
[PR]
by yuristyle | 2013-09-28 20:07 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧