冷蔵庫は薬箱

薬膳を意識して、食材を見ると薬に見えるようになりました。
だから、冷蔵庫は薬箱。
毎週、無農薬野菜を届けてくれる業者さんは、
富山の薬売りや、布亀の救急箱的に見えてきました。

なので、食材の扱い方も、買い方も劇変しています。

まず、存在意義がわからなかったラッキョウ。
食卓に置かないでくれ風に扱っていたラッキョウ。
食べる人がおばあちゃんに見えたラッキョウ。

泥つきらっきょうを買って、つけてみました。(死ぬほど面倒でした・・・涙)でも、頑張る。
c0296630_1134479.jpg


あえては手を出さない、甘い系の芋類。
特に、あのほくほくさと、あの甘さが苦手だったさつま芋。
やってきたら、ほぼ芽がでて腐らせていたさつま芋。
芽を出して育てて鑑賞して、さよならしていたさつま芋。


一番、理解できない調理法、芋だけで煮るってことをやってみました。
c0296630_11341922.jpg


メープルシロップで煮てみました。
c0296630_11483711.jpg

おばあちゃんになった気分です。。。
そして、薬と思って食べました。


ゴーヤは、3年前に好きになりましたから大丈夫♪
カラダの湿気を取るのに良いんです。
冷風ドライヤーで乾かすみたいな感じ^^

ご存知のように、この苦みに薬効があります。
c0296630_11343744.jpg


今までペイっと捨てていた、ワタと種は、乾かしてお茶にします。

種を天日干しして、炊く、炊く、炊く。

最近、かなりの地味行動。


生涯現役目指して快脳ライフを楽しみます。(全然、楽しそうじゃないかも~^^)


そうそう、次回のダイニング部は7月17日(金)です。
なぜに平日?と言われつつ、参加者募集中です↓

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを
[PR]
by yuristyle | 2015-06-15 11:52 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧