言いたいことが言えずに熱中症の想い出

c0296630_20301092.jpg


こちら、私が20歳くらいの時に、信楽に行って作った大皿♪

私の、初、焼き物チャレンジ作です。

実は、この時、焼き物を作る部屋が、真夏の直射日光が当たる部屋で、
しかも、私の立ち位置が、まともに顔に陽が当たる位置で・・・

でも、その頃は、まだ言いたいことを今の半分くらいしか言えない頃で、
ここでやれと言われたのだからと思い、黙って、耐えて、
3時間くらいが経過しました。

すると、ある時から、ふら~っとなってきて、頭痛がして、
すごく喉が渇いたのですが、
その頃は、今ほどペットボトルは普及していなくて、水も飲めなくて・・・
水くださいとも言えなくて・・・

で、次の瞬間、クラ!バタン!

なんと、倒れてしまいました~

で、その時、先生が、やっとこさ、私に直射日光が当たっていたことを気づいてくれ~
急に水やら、冷たいタオルやら持って来てくれました。

それまでは、先生は私をやる気のない奴だと思っていたようで、
もっと腰をすえてとか、
信楽焼は土肌を大事にする焼き物なのに、
こんなグルグル輪を描いて、土肌を傷つけてとか、
ずっと叱られながらやってたんですが、
倒れた途端に急に手のひらを返したように優しくなって、褒めだして・・・

なんだよ、おやじっと、思っておりました。

その時の作品がこれ。

出来も気にいっていないし、今までで1回使っただけですが、
自分が作ったってだけで、捨てられません。

これを見る度、まぶしいとか、水ちょうだいとかも言えなかった自分を不思議に思います。

友だちには、言えばよかったのに~と言われましたが、
その時は言えなかったんですよね。。。


最近、こんなくらい言えば良いのに!と思うことも言わない人をときどき見かけます。

その人たちと話していると、針の穴しか見ていないなと思うことがあります。

もっと広い視野で見ることができたら、
言えることも増えるように思うんですけどね。

ちなみに、オーラソーマでは、言いたいことが言えない人は、
首のあたりにターコイズをもってくればいいと教えたりします。

なので、30代の頃、
言いたいことがもっと言えるよう、ターコイズのストールを買ってみたと言ったら・・・

それ以上なにが言いたいんですか?言い過ぎくらいです!と叱られました。


おしまい。


あ、最近、今まで仲良くしていた人と疎遠になるという話をよく聞きます。
来週の心の悩み解決コラムは、そんな方に、役立つことを書こうと思います。
更新予定は、月曜日の21時~23時の間です^^

では、皆さん、熱中症にご用心です。
[PR]
by yuristyle | 2015-08-13 20:49 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧