ガマンは心の毒かも

c0296630_12404422.jpg

こちら、佐藤富雄先生が生前、たった一度だけ、
プライベートで大阪に来られた時にご一緒した中華料理店。
とてもお気に入りになり、また連れて来てねと仰っていましたが、
どちらのお店にも2度行くことはできませんでした。。

さて、今日はガマン(我慢)は心の毒かも、というお話です。

最近、心の声をおさえる方が多いことと、
私が言いたいことを我慢した結果、
体験した恥ずかし話があるので書いてみます。

私は、モノゴコロついた頃から十代の中盤まで、
言いたいことのほとんどを言うことができずに過ごしました。

それが、ある会社に入り、
言いたいことを言わないと、いいように利用される、
仕事ができなくなる、
結果・・・会社で生きていけない、
という環境に入ったことで、
日々を戦闘モードで過ごすことになりました。

そして、いつの間にか、
言わなくてもいいようなことまで言うようになり、
思ったことが即言葉にでる習慣がつき、
普通に話しても、毒づいていると言われるようになりました。


でも、今は、誰と戦うこともなく、
不必要な自己主張もしなくて良い環境で
穏やかに過ごせています。

なのに・・・最近、言いたいことを言えない出来事が発生してしまいました。

思い返せば、
腸が煮えくりかえるという思いや、
どうして・・・という情けない思いや、
十代の私の価値観を大きく変える出来事もくれた人の言動に、
今、もの凄く言ってやりたいことが出て来たのです。

でも、言うことができません。

それは、相手が、まもなくこの世を去ろうとしているからです。

そして、私がそれを言うと、悲しむ人がいるからです。

私が体験した出来事は、すでに消化できているので、
言いたいこともないのですが、
今一番世話になっている人に、
考えられない要求や、失礼な態度に出ることが、
私には我慢なりません。

でも、我慢しています。

すると、今朝、こんな夢を見たのです。

私が、病院のベッドに寝る相手に、馬乗りになり、
首根っこを捕まえて、
いかに、あなたが間違っているか、
いかに、あなたのおかげでみんなが迷惑しているかを力説し、
言いたいことを散々いったあげく、
わかったか!と言ってスッキリしている自分がいる夢です。

目覚めてもぐったり、あ~あっと、自分にガッカリです。


こんな風に、言いたいことを我慢していると、
夢にまで出てきて、私を不快にさせるのです。

変な夢を見たおかげで、起きて数時間たってもしんどくて、
さきほど、感情をリセットするワークをしたところです。

人は、忘れようとしても、心の底から忘れることもできないし、
なかったことにしている、と言っても、なかったことにはできていません。

私のように、相手に言うことができない人は、
なんらかの方法で、その感情を消化することをお勧めします。

もちろん、そんな手法はいっぱいあります。

それを提供するのが私の仕事です。

なので、今朝は自分にもやってみました。

感情は、ためずに出していきましょう。


我慢は心の毒かもっというお話でした。
[PR]
by yuristyle | 2015-08-29 13:10 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧