目にも心にも大事な・・・窓

c0296630_10013594.jpg


なにげなく見る窓。
部屋から外を眺める時、
ちょっとひいてみると、
窓からの景色が一枚の絵のように感じる、
そんなご経験はありませんか?


私は、和室の障子が古くなって劣化した時、
毎日、なんだかうっとうしいな~と思っていました。
毎回、部屋に入る度、目に入る障子を見て、
いやだな・・・っと思うのです。

まったく意識せず部屋に入っても、
和室に入る度に、あ・・・障子汚い・・・と思っていました。


そして、ルームセラピーのお話で、

人生を変える部屋にするためには・・・

窓がとっても大事。
一番大事なのは窓。


と、教えてもらい、ふ~んっと思っていたものの、
その夜、和室に入った瞬間、
障子、いらない!と思いたち、
夢中でビリビリと障子をめくり、障子なし、枠だけ状態に。

普段は、障子をめくって、そのままにするという発想はありませんでしたが、
実行してみると、その快適さたるや、なかなか嬉しく、
もう、障子紙いならいっと、貼り変える気も起りませんでした。

今は、窓を見る度に、あ~すっきりっと満足しています。

しかも、窓から見た景色が、
切り取られた絵のように感じるので、
なかなか良い部屋じゃないかっと思うようになりました。

それから、気持ちの変化がいろいろあり、
嬉しい発見もありました。


季節が冬になり、窓からのスキマ風には驚きですが、
この数カ月、和室がお気に入りの場所になっています。

窓からの景色って大事だなっと体感です。


だから、窓辺に必要のないものを置いている方は
思いきって、不要なものは窓から撤収してください。

窓辺が殺風景な方は、
小さな観葉植物や、
今ならクリスマスのオーナメントを飾ってはいかがでしょうか?
いずれも100円ショップに売っています。

また、キラキラがお好きな方は、
サンキャッチャーなどつるされてはいかがでしょうか?
今の季節、朝起きると、天井と壁にたくさんの虹ができますよ。
※部屋の向きにより虹が出ない場合あり

最近では、ご自分の部屋の写真をご持参される方も多く、
快脳部屋になるアレンジ方法をお伝えしています。

最後に、以前お世話になったインテリアデザイナーの方の言葉をご紹介します。


部屋というものは、窓の外の景色も含めて、ひとつの部屋。
だから、部屋から見えるバルコニーは、部屋の外でも立派に部屋。
窓の外と、部屋の中を決して分けて考えてはいけません。


そのアドバイスで、我が家はバルコニーを、
グリーンでいっぱいにしました。

皆さんから、
この空間快適、落ち着く、帰りたくない、など、
お言葉を頂くようになったのは、
それが大きいような気がします。

何か少し、意識するだけで世界はずいぶん変わります。

あなたの前に、素敵な景色が広がりますように・・・






*********************************
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典もございます→☆★☆


夢を叶える宝の地図の会 残席わずかです→☆★


Air Feel
個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを
[PR]
by yuristyle | 2015-12-03 10:37 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧