淑女のりぼん・心を包む大切さ

c0296630_23195488.jpg


「淑女のルール」みたいな本に書いてあった一文。
(原文ではないです)

「淑女はとにかく、りぼん。なんでもりぼんをかけること。
お気に入りのりぼんを買っておいたり、
頂き物のりぼんはキープする習慣をつけること」

著者いわく、淑女はプレゼントにはなんでもりぼんをつけ、
相手に敬意や気持ちを届けるようです。

たしかに、かわいいラッピングには目をひきますよね。


私も、この頂いたバレンタインチョコの小箱に惹かれ、
何日か開封せずに眺めておりました。
c0296630_23195606.jpg



淑女がなんでもりぼん、かは多少疑問がありますが、
師匠の佐藤富雄先生はこう仰っていました。

「たとえコンビニで買ったまんじゅうでも、気の効いた袋に入れて渡すこと」

選んだ品をラッピングすることで、
中身の価値がアップするだけでなく
受け取る方の喜びもアップするというお話でした。

これは、大阪で開催した、恋愛心理学講座の講座中のお話です。


エコブームがやってきてから、
簡易包装が主流ですが、
エコを意識しつつ、気持ちが包める包装ができると良いなと思います。

金封や文香を集めている反エコの私より。




*********************************
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典もございます→☆★☆

※2016年4月からグループレッスン始まります

夢を叶える宝の地図の会 3月20日キャンセル待ち受け付け中です→☆★


Air Feel
個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを
[PR]
by yuristyle | 2016-02-16 23:51 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧