先送りの結果

c0296630_23013515.jpg

生産者の方から頂いたバラ。
ここまで育てるのに、1年かかると言うお話、初めて知りました。
何事も、ある一定の期間が必要なのかもしれませんね。

今から、私はマンションの管理組合の打合せに参加せねばなりません。
来月から、役員のお勤めを2年間、しなければならないからです。

役員になるのは2回目で、
引越してきて早々、順番がやってきて、
2年目は理事長をせねばなりませんでした。
(なんとか長とか、大嫌いなのに)

その時、一番の課題だったのが、
修繕積立金の不足です。

このままでは、近い将来、住民の追加負担金が必要になり、
その金額は、何十万単位の出費になる計算だという話だったのです。

そこで、一括での負担は厳しいので、
毎月の積立額を値上げしようという話になりましたが、
「値上げ」ということにはほぼ全員が反対で、
結局、保留のまま時が経ち、
また、私が役員になるような、
一回りをしてきたのです。

この間、一切の値上げがないということは、
さらに近い将来、おそらく、え!っとなる金額を、
一括で賄わなければなりません。

そんな同意、誰がとるの?と思いつつ、
来年、経験者だからという理由で、
私が理事長に指名されたらどうしようっと、
秘かにおびえるこの頃です。


もし、誰かが、一括なんて無理!という声をあげたら、
だから毎月の額を上げようって言っただろ!と、心の中で思いますが、
へへへっと愛想笑いするか、
キレて思うままを言うか、
どちらかです。

結果がみすみす見えているものを先送りしても、
しわ寄せが大きくなるだけなのにっと、
こんなことで思います。

先送りにすることが多いので、
考える機会かな~なんて、思うこの頃です。


あ、もうすぐ理事会の時間。
一杯ひっかけてから行こう。
[PR]
by yuristyle | 2016-04-16 18:37 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧