薬にもなる赤い宝石、さくらんぼ

c0296630_19344666.jpg


この時期、高級青果店のショーケース最上段に、黒いギフトボックスに入ってチンっと置かれている赤い宝石さくらんぼ。贈答用に買うことはありますが、自分用に買ったことは未だなく、普段買うのは、佐藤錦(さとうにしき)とは書いてあるものの、よく見ると佐藤綿(さとうめん)と書いてないか?と思うようなさくらんぼ。

昨日の、夏越の祓いがおこなわれる朝、思いがけず頂きました。

c0296630_22395847.jpg


なんだか、この半年のねぎらいと、あと半分、また頑張りなさいと言って頂いているように感じる方からの頂きものでした。

この、おいしくてかわいいさくらんぼ。

なんと、関節痛に効くのです。

以前、お琴のやりすぎで腱鞘炎になったとき、薬膳の先生に泣きついたところ、さくらんぼが良いよっと教えてもらい、半信半疑で買いに走ったものの、3回ほど食べただけですっかり忘れるほどになりました。

それから、関節痛にはさくらんぼと思っており、思い当たる方にお勧めしますが、なかなか実践する方は少ないようです。

今、青果店に並んでいるので、気になる方はお試しください。

ただし、糖尿病の方は要注意。

理由は、糖度にあるようです。

以前、いつもいく(贈答用だけ)高級フルーツしか扱わないお店で、お見舞いに、黒箱入り佐藤錦を送ろうとしたとき、店主から、糖尿病の人にはあかんよっと教えてもらいました。相手の方は骨折だったので関係ないのですが、それほど糖度が高いようです。


てな感じで、薬膳は生活に密着しています。

こんな話にご興味お持ちいただける方は、7月7日、七夕の薬膳茶会にご参加ください↓

クービック予約システムから予約する

8月、9月のお申し込みは終了させて頂きました。

************
各種のワークショップはこちらをご覧ください→★★★

























[PR]
by yuristyle | 2016-07-01 23:16 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧