自分をプラスにだます

c0296630_10393009.jpg


暑い。することいっぱいある。おなかすいた。

こんな気持ちになるときは、ご飯作りがとっても面倒。そ、私は「お料理大好き♪」というポジションから遠くにいるからです。

でも、食べ物が人を作るって信じている。一回の食事の大切さを知っている。しかも、薬膳を学んでいる。

と、なると、カップラーメン、という選択肢は出てこない。

こんなとき、1品に全力をかける作戦に出ています。

例えば、この冷しゃぶサラダ。

よほどのことがない限り、豚に火を通すのもイヤ・・・という感じにはなりません。

なので、この1品に、自分に良いと思う限りのことを尽くします。

とにかく、薬効を考えて、お皿に放り込みます。

サニーレタス、紫玉ねぎ、みょうが、生姜、白きくらげ、ブロッコリーの芽、シソ、プチトマト、松の実、クルミ・・・入れてるだけで、体に良いぜ感が自分の中で出てきます。

で、これをポン酢をかけて食べるっとなると、え?ノー工夫?と自分に疑問がわくので、たれを3つ作って、自分の脳に、これは1品じゃないぞ、3品だぞっと言い聞かせることにしました。

たれは、白ゴマベース、にんにく醤油ベース、柑橘ベースの3種類。

これで、私の頭の中は、何品も作った気になっています。

さらに、つけてたピクルスや、浅漬けなどをカワイイ豆皿に入れ、工夫しているぞ感をプラスします。

てな感じで、1品しか作らないでも、ちゃんとした感を脳にインプット。

何事も、脳をだますことが大事です。

人間、効くと思ったら効くし、ダメと思ったらだめになることが多いです。

片栗粉を、入手困難な新薬と偽り不眠症の方に渡したら、ぐっすり眠れましたという話があったと佐藤富雄先生もおっしゃっていました。

彼がいなくても、彼といてハッピー。
お金がなくても、私はリッチ。
ちょっとしんどくても、今日も元気だ(病院は行ってくださいね・・・汗)

現実はどうあれ、なりたい状態を、脳にインプットしてください。

思うのは、勝手ですから^^



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
by yuristyle | 2016-08-16 10:54 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧