毎日のご飯をお薬に

c0296630_12470542.jpg


最近、潤いが足りないぞっと思い、乾燥した体をうるおす無花果とスペアリブのスープを作りました。おかげで、今日は顔面がしっとりしています。

お鍋に放り込んで煮るだけ、なのに、化粧水を変えたのか?美肌サプリを飲んだのか?みたいな感じになりました。まさに、食は薬。こちらにも書いていますが、私はこの言葉が気に入っています。

汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ。

最近、抗ガン剤を使用する治療の是非がさかんに問われています。私の母もこの10年再発はしていませんが、副作用丸出しの体調になりました。今は、加速する老化を緩やかにする食と、出ている症状のケアになる食事を考えて作っています。もちろん、自分の弱い臓器のケアも。

特に、体に弱っている部分がなくても、季節に応じて、強化したい臓器のポイントは抑えてほしいもの。

今なら、「秋」の養生をしたいので、乾燥から体を守ることと、雨が多いことによる体調の不良をケアする食がお勧めです。

私の仕事は「心」ですが、「心と体は一緒」なので、体のケアは欠かせません。

体調が悪いと、夢なんてどうでもよくなり、ただ、痛い、しんどいしか頭になくなります。

しかも、1日に食べている時間、食べるものを用意する時間も結構あり、それを短縮&快適にすると、自然と心にも余裕ができ、未来の想像も、夢も膨らむと思うのです。

というわけで、この秋からの1年、全5回で季節に合った食事をお伝えする薬膳ダイニング部をスタートします。ぜひ、毎日の食事を薬にする方法をのぞいてみてください。

しかし!結構なご要望を頂いていたのに・・・未だ、お申込みがちょろっとというさみしい現実^^あれれ~という感じですが、ま、ご興味お持ち頂けましたらお出ましくださいませ。

詳細はこちらでご案内しております→★★★

c0296630_14220499.jpg



**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
by yuristyle | 2016-09-28 17:14 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)
<< ワインエキスパートあるある どこかでOKを出す >>

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧