欲しい未来は足を運ぶ

c0296630_22484752.jpg

これは、サロネーゼ系でお世話になっているクリナップさんのショールームで見た食洗器。45センチと60センチの図。

食洗器はおっきいのが良い!

と、思っていましたが、実際にあこがれの60センチを見ると、こんなに大きいのいらないっと思ってしまいました。これを見るまでは、来客時に備えて、絶対に大きいのがいい!と思っていたのですが、考えてみると、陶器の性質上、食洗器に入れられない器も多く、結局、普段も使いやすい45センチが良いことがわかりました。

また、少し前は、ワイングラスも洗えるドイツのブランド、ミーレの食洗器がすっごく欲しかったのですが、調べてみると、電圧の関係で我が家は設置不可能ということもわかって諦めたことがありました。

そこで、未来日記が書けない方、欲しい未来を軽くしか考えていない方、ちょっと思いついただけでイメージができている気分になって、夢が叶わないと言っている方に言いたいことがあります。


欲しい未来を手にするには。

欲しい状態を想像するにあたり、想像する「準備」をしてください。

準備とは、欲しいものを見て、触って、感じること。五感を使って脳にインプットすることです。

実際に見ていないものは、想像しろと言われてもできません。

「象=エレファント」を見たことないのに、「象」を想像してと言われてもできませんよね。

引き寄せの基本はイメージすること。イメージすると叶うと言っても、2、3秒、イメージしただけでは引き寄せは難しいこともあるんです。もちろん、幸せ体質になると、ちらりと思ったことがポンっと入ってきます。

それまでは、詳細に描くことが大切。

そして、詳細に描くためには、実際に、欲しいものを目で見て、触って、感じることが早道です。

私の食洗器のように、60センチが良い!ミーレが良い!と何も調べないで想像していたら、実際にやってきたとき、「60センチじゃ大きすぎてこんなのいらない」とか、「ミーレをつけたら電圧がオーバーして、いろんなところのブレーカーを下げて歩かないといけない」なんてことになってきます。

欲しい未来は足を運んで、実物を見て、脳に、「これよ、欲しいのは」と教えてあげてください。

そんなのめんどくさいっと、思うなら、その未来は本当に欲しいわけではないかもしれません。

ならば、叶わなくて嘆くことも、ツイテないとガッカリすることもないと思います。

未来のため、時間を投資してみてくださいね。

では、私の欲しいキッチンの画像で失礼します↓

c0296630_22484982.jpg


ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★




























[PR]
by yuristyle | 2016-11-24 23:18 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧