終わりを楽しむ【こころの悩み解決コラムNO.78】

c0296630_22285597.jpg


今日は今年最初のこころの悩み解決コラムです。

正月2日の世間がめでたいときに、こころの悩みを書くのもどうかなっと思ったのですが、正月であろうと、なんであろうと、悩んでいる人はいるので通常通り書いちゃいます。

さて、2017年はスタートの年と多くの人が言っています。数字を全部足すと「1」になるから。

数字は9年サイクルでまわるので、昨年は、「9」の年。9のテーマは、完結に手放しなので、国民的アイドルグループの解散みたいなことがありました。

クライアントの方にも、終わりを嘆く方がありましたが、その都度、私は終わりは始まりでもあると言ってきました。むしろ、ハッピーなことなのだと言ってきました。

でもでも、この写真の茶碗が割れたとき感じたのです。

終わりって、すぐには楽しめないなっと。

それを、この写真の割れたお茶碗で感じました。この茶碗、私が以前淡路島に器探しの旅に行った時に見つけた、お気に入りのMYお茶碗です。小食の私にぴったりの、湯飲みよりちょっと大きいだけの珍しく小さいサイズ。これって、なかなかないサイズで、毎日愛用していたのです。

なのに、元旦の夜、今年の使い始めの時に、パーンっと落とされて部屋中に響き渡る音がしました。

最初、割れなかったと思って使っていたのですが、よく見ると、ほぼ真っ二つに隙間があり、外側もこんな風にヒビヒビでした。

この真っ二つの割れ方、葬式の時、愛用の茶碗にご飯を入れてお箸を立て、出棺の時にパーンって割って出すって儀式でやる時の割れ方じゃないか!正月早々縁起悪い!何してくれるんだ!とむっとしました。(風邪ひいて頭痛いから余計にむっとする私。)

それからしばらく、気ぃわる~と思い、割れたお茶碗を恨めし気にみていました。

その時思ったのです。終わるとか、なくなるとかって、イヤだなっと。終わりを嘆くなと言ってるくせに、嘆いているじゃないかと反省しました。

そこからは、切り替えなくちゃっと思い、「また、これで新しいお茶碗が探せるじゃないか」「また、器を見に行く楽しみができたじゃないか」「新年から新しいお茶碗を使えるじゃないか」などとプラスの考えを生み出しました。

9の年にふさわしい、今までの手放しができたぞっとおもったり、いらないもの、かわりに持って行ってくれたんだとか、思っているうちに、形あるものは全部壊れることを思い出し、なんでむっとしたんだろうと不思議になりました。

てな感じで、終わりというのは、最初はショックで、悲しいものかもしれませんが、もれなく始まりもついてくるので、あまり嘆くのはよしましょう、むしろ、楽しんでやりましょうよという話です。

そこで、こころの悩み解決ワークは・・・

去って行ったもの、手放したものに、しっかりお別れする。未練を残さず、楽しむくらいの余裕を持つ。しっかりお別れしたら、次に向かう。

彼との別れがあった人は、アイツにあんなことされたっと嘆く前に、「何かを教えてくれてたんだな」とかなんとかプラスを見つけて次の恋愛に活かす。

などなど、過去にしっかりお別れを告げ、前を向いて歩いてきましょう。

元旦っも大事ですが、立春の方が占いでも新年です。この2か月の間に、しっかりウジウジして、節分までにカラリとしましょう。

私も、元気になったらお茶碗探しの旅に出ます(おおげさ)

というところで、今年最初のこころの悩み解決コラムはこの辺で。

あ、風邪気味の皆さん、薬膳茶飲んで汗をかいたらすっごく楽になりました。で、寝たいだけ寝たらもっと楽になりました。しっかり休息して、初出までに元気になりましょうね。

では、また月曜日の夜に・・・

今年もこころの悩み解決コラムをよろしくお願い致します。



























[PR]
by yuristyle | 2017-01-02 19:01 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧