「食」のまわりには愛がいっぱい

c0296630_16301487.jpg


こちら、おフランスの名店、PASCAL LE GACの高級チョコ。レッスン予定は無くなったのに、今度お目にかかる時には賞味期限が過ぎているから~と雨の中、わざわざ持ってくてくださいました。なんと、優しい、ありがたい(涙)私なら、あげるって言ってないんだから、自分で食べちゃうかも^^

こんな想いを乗せて頂いたチョコは、ただでさえ美味しいのに、さらにさらに美味しくありがたく頂きました。

「食」「食べる」って、愛や思いやりを感じることが多々あります。

現在募集中の薬膳ダイニング部でも、今回は「愛」を感じまくりました。

というのも、お越し頂く方には、事前に「体調などで気になることはないですか?」とお聞きしてから内容を考えるのですが・・・

お返事の多くに、「主人にこんな症状があるのが気になる」とか、「私より、お母さんの体調で●●」とか、「子供が・・・」などの、自分以外の方の心配をされている声がありました。それは、一緒に住んでおられても、離れて住んでおられても、変わらず、誰かのことを考えてのご参加に、思わず、「愛」を感じてしまいました。

また、ご自分の健康アップ目的でご参加の方も、「自分が健康でいないと、◎◎に心配をかけるから」というお声もあり、ここにも「愛」を感じました。

私の師匠の佐藤富雄先生が、女性は料理上手になりなさいと良くおっしゃっていました。当初の私は、「女は料理」なんて、古臭いぞっと思って、内心反発していたのですが、先生の料理を推奨する理由は、そんなものではありませんでした。

先生の言葉をそのまんま書くと、「太古から女性が担っていた料理をするという行為を通して、誰かのことを考えたり、どうやったら美味しくなるかなどを真剣に考えることで脳にスイッチを入れ、人として豊かになるだけでなく、お付き合いする人も広がり、パートナーが欲しい人は、家庭のイメージもできるので、引き寄せ力が増し、いろんな幸せがやってくるようになる」というものでした。

そう考えて周りを見渡すと、お手伝いさんがいるおうちのマダムでも、料理がシェフなみにお上手な方がわんさかおられます。

で、2月の薬膳ダイニング部では、私のこんな方に来てほしい!という想いをベースに開催いたします↓

こんなのに思い当たる方お越しください。

◎老化が気になる
◎子宮系が不安
◎よくイライラする
◎とにかく忙しい
◎気分がふさぎがち
◎元々体力がない
◎腎臓、肝臓が弱いと言われた、そんな気がする
◎めまい、ふらつきがある
◎耳鳴り、突発性難聴などになった
◎冷え性
◎むくみが気になる
◎片方の目から悲しくもないのに涙がでる
◎外食が多いから薬膳なんてできないと思っている

などなどです。

当日は、上記のような方が元気になって頂く方法をお話し、普段はどんな食材をどんな調理法で召し上がられるといいですよ~というお話と、例えば、こんな料理で補えますよって言うメニューをお召し上がりいただきます。そして、飲んで頂きます。

日程は、日曜日版と平日版があります。

お席はあとちょっとございます。

なんと、私がもたもたしているので、次回の予定が決まっておりません!ので、この機会にお越し頂けましたら幸いです→ クービック予約システムから予約する




ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-02-06 20:03 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧