起業するときの踏み絵【こころの悩み解決コラムNO.94】

c0296630_14385633.jpg


2年前の誕生日に頂いた胡蝶蘭。昨年に続き今年も咲いてくれました。胡蝶蘭ならではの矯正ワイヤーは使わず、好きな方に伸びて咲いてもらっています。矯正(強制)されるの、人間でもイヤだと思いますから。

さて、今日のこころの悩み解決コラムは「起業」を目指す方に向けて書いてみます。

今、起業ブームなのかなっと思うほど、あちこちで「起業」したいという方に出会います。

すでにビジネスモデルがしっかりある方から、なんでもいいから起業したい方まで様々です。

その方たちを見て思うのが、起業を目指すプロセスに出てくる「踏み絵」のようなハードルです。

なりたい状態や理想の未来を手にするために「ここ」を超える、「あれ」をやる、みたいなポイントが出てきます。

例えば、こんな感じです。

・起業はしたいけど、顔出しはイヤ
・友達に営業したくないけど、ネットは苦手
・リーフレットが必要だけどパソコンできない
・勉強したいけど旅行にも行きたいからお金が使えない
・やることありすぎて私にはムリ

などなど。

魔法を使って、一夜にしてサロンオーナーになれたらいいのですが、多くの方はオーナーになるためにしなければいけないことが多々あります。

すっごい自己資金があって、「何もかも外注でOK。プロにおまかせ!」という場合は可能かもしれませんが、自分のスキルは必要になると思います。

なので、やっぱり「自分がやらないといけないこと」は大なり小なりあるのです。

そのプロセスは、業種が変わっても変わらないことがあり、そのプロセスをどこまでこなせるかで結果が変わるように思います。

例えば・・・

・勉強はしたけど、始める勇気がない
・コンセプトは考えたけど、外部に発信するのはめんどくさい
・名刺はできたけど、配るところがない
・場所さえあればできるけど、探すのも大変そう

みたいな。

起業する過程に超えないといけないいくつかのハードル。

ハードルが見えたとき、どう動くかで結果が変わります。

下のボトルはオーラソーマのボトルの7番。名前を「ゲッセマネの園」と言います(私の誕生日ボトル)ボトルのテーマは「信頼を試す」

c0296630_23064282.jpg

ゲッセマネの園とは、キリストが最後に信仰を貫くかどうか悩んだ場所と言われています。

これと同じように、起業には、「本当にあなたは起業したいの?」「これをやってまで起業したいの?」「その起業したい気持ちは本気?」

というように、「問いかけ」があるように思います。それを私は「踏み絵」のように感じるのです。

今、起業を志している人は一度「起業すること」について考えてみてはいかがでしょうか?

これから先に続くプロセスをクリアして、チャレンジし続ける気持ちがあるのかどうか?

「起業」は、起業することが目的ではなく「継続すること」が目的だと思います。

継続も、何かしらの努力はついて回ります。

それ、やっていく覚悟はありますか?

前にも書いたことがありますが、私が大阪市の起業支援を受けていた時の公認会計士の先生の言葉を書いておきます。

第一回目の集まりで言われた言葉です。

「あんたらはアホの集まりや。そのまま会社に勤めてたら決まった給料をもらえる世界を捨てたんやから。ホンマにアホや。

でも、そんな楽なことを捨ててまで、やりたいことがあったんやから最後まで頑張れ。何がなんでも頑張れ。」

いかがでしょうか?


ここまで読んで頂き「起業はしんどいよ~~~」と呪いをかけたみたいかもしれませんが、違いますよ!応援です。応援!


頑張って起業できたとき。「好き」を仕事にできたとき。本当に、本当にうれしいことがたくさん待っています。

「頑張ってよかった~」「あの苦い経験が今の私を作っているんだ」「やってよかった」と満足感に包まれる体験が待っています。

なので、志のある方はトライしてくださいね。私でよければ微力ながらお手伝いいたします。

仕事が楽しい~と感じる方が増えますように。


では、また月曜日の夜に・・・






ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-05-08 23:29 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧