黙っていても心は伝わる【こころの悩み解決コラムNO.99】

c0296630_21432369.jpg

苦手な「ステーキを美味しく焼く」にトライした私。鉄板の上でガーリックチップを作ろうとセルクル(このわっか)を使ってオイルを囲んだけど、一瞬でオイルが漏れ出て作戦失敗ガッカリするの図。

今日のコラムはガッカリつながりで「黙っていても心は伝わる」話です。

もちろん、「思っているだけでダメ。言わないとわからないっ!」て話もあるのですが、今日はそのカテゴリーのお話ではありません。

実は複数である会話をしていた時のこと。

会話の中で、私が心底ガッカリッする言葉を聞き、自分の中で「ポキっ」と心が折れる音が聞こえたときがありました。

でも、状況的に私がその感情を出して良い場面ではなく、いつも通りタンタンとやり過ごしたつもりでいましたが・・・

あとからその場にいたからからこんな風に言われました。

「あのとき、口調も顔もいつも通りだったけど、あなたのオーラがカッガリしたのがわかった。」

オーラがガッカリ!

長年生きてきましたが初めて聞いた言葉でした。

でも、なるほど~と納得。

私はガッカリを見せず平常心を装いましたが、バレバレで、しかも、バレちゃった理由が表情でも、口調でもなく「オーラ」って。。。

ちなみにそれを言ったのは「見える系の人」でも、「スピ系」の方でもありません。

そして同時に、私がガッカリオーラをフルに出したらしいその瞬間、「オーラがガッカリしてた」発言の主の無言の言葉を私もキャッチしていました。

それが「わ!そんなの今言っちゃだめなのに・・・」

なぜ、私がそのことに気づいたかというと、視界に入っていた彼女のカラダが、キュっと小さくなったと感じたのです。

それは、表情をみたとか、動作が変わったとか、身振りがあったというわけではないのです。彼女は微動だにしませんでしたが、私の周辺視野がキュッと小さくなった彼女を感じたのです。

こんな風に、「黙っていたらわからないだろう」ってのはあまりありません。

もちろん、相手の意識にそれが届くばかりではなく、相手の無意識に届くのです。互いの無意識どうしの会話ってのもあります。

だから、嫌なことを我慢して愛想笑いしても、思ってもいないお世辞を言っても、相手の心はしっかりとあなたの本心を感じているのです。

そうなるとつくろう必要はないのかもしれません。正直に生きてもいいのかもしれません。

だって、どうせ伝わるんですから。。。

今日のこころの悩み解決コラムはこんなワークを提案します!

★自分が口に出さずに思っている言葉を全部書き出す!

これ、やってみてください。

スッキリする場合と、私ってこんな風に思っていたんだ~と新たな発見をする場合があるかもです。

私は昔、「申し訳ない」と思っていたことを紙に書きだしたら、「わ、私ホントは怒ってるんだ!」と発見したことがあります。

発見した後のことはまた後日書くかもですが、今日の段階では、「気持ちを書き出す」に集中してください。

きっと、その時間を使う価値はあると思います。

では、また月曜日の夜に~






[PR]
by yuristyle | 2017-06-12 22:41 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧