カテゴリ:|― 外メシ( 32 )

もてなしは五感から

とあるお祝いで千里山・柏屋さんのお世話になりました。

c0296630_23145004.jpg

一歩お部屋に入ると、その空間はお祝いの空気でいっぱいにしてくださっていました↓

c0296630_23172319.jpg

もちろんお軸も!

c0296630_23184721.jpg

お・め・で・と・う・!ってな感じのガーランドとかがなくても、バルーンが飛んでなくても、ここには五感でお祝いを感じるおもてなしがいっぱいでした。

c0296630_23194350.jpg


まだお料理が出される前でしたが、この時点でお祝いを日本食にして良かったと納得。静かに染み入るようなおもてなしに脱帽。

で、いよいよお料理です。

と、言いつつお祝いのお酒から↓

c0296630_23223256.jpg

もう香りから美味しいお酒でした。

で、スタートの先付は、昆布〆から。私の作る、「おら、昆布〆だぞ!」っと言わんばかりの暑苦しい味じゃなく、なんともお上品な昆布〆。


c0296630_23231856.jpg


合わせて頂いたお酒はこちら↓

完璧のマリアージュ。

c0296630_23263033.jpg

お祝いならではのお赤飯と鯛のコンビ↓



c0296630_23271450.jpg


最初のワインは熟成されたシャブリ。特別ご配慮頂きマグナムボトルを。


c0296630_23283746.jpg

今日の日の料理とお酒のマリアージュを提供してくださるのが、柏屋さんの支配人でもあり、エグゼクティブ・シェフ・ソムリエの松岡さん。

私が2014年にワインエキスパートに合格できたのは、まさに松岡さんのご指導のたまもの。ソムリエ協会の試験にご興味ある方は、松岡さんのブログをご覧ください。ワインだけでなく、目標に向かうメンタルも鍛えて頂けます。ワインスクールに通わなくても合格できるかもです^^

c0296630_23295652.jpg


松岡さんが鮮やかな手つきでシャンパーニュをデカンタに。こちらは初体験でした。

で、良い感じに浮かれていたら富士山の器に入っていた前菜を撮り忘れ!

次の煮物椀がこちら↓

まさにお祝い器。


c0296630_23355553.jpg


私の好きなうなぎの白焼きが、夏に食べたい冬瓜と一緒に・・・美味しすぎる御出汁。


c0296630_23371746.jpg


次、御造りは~鱧の五種盛り。


c0296630_23384270.jpg


こちらは、鱧を一口つづ、たたきよせ、落とし、一枚落とし、生揚げ、焼き霜と、5種類の味で楽しめます。普段、鱧は酢味噌か梅肉ってわけじゃないのよっと思っている私もまさかの五種類。

こちらの鱧はこのお酒で↓


c0296630_23414097.jpg


全部の料理がそれぞれ最高に美味しく頂けるお酒で味わえるなんて幸せ。

で、焼物は鮎♪

私、今年初めての鮎でした。たぶん最後になるかも。


c0296630_23431741.jpg

この鮎も、お酒は蓼酢のキレイなグリーンに合わせて赤いスイカのカクテルをソルティドッグ風に合わせてくださいました。


お次は加賀太胡瓜の吉野あん↓

c0296630_23461320.jpg

これまた日本酒はあんまり・・・という私がもっと飲みたいと思ったお酒。


c0296630_23454825.jpg


これまた撮り忘れた逸品があり、最後のワインが私の好きなリースリングで〆と。


c0296630_23495248.jpg


華やかラベルの日本酒が・・・

c0296630_23510675.jpg



吉の酒器に。


c0296630_23521294.jpg

で、お料理の最後のご飯は、なんと、こんなたくさんのおかずと一緒に登場。ごはんには「香の物」だけじゃないんだと発見。


c0296630_23530090.jpg


水物は旬のフルーツがミルクあんとともに。


c0296630_23541520.jpg


これで最後かと思いきや・・・麦ごかしの水ようかん。甘すぎず、ほんのり麦を感じる美味しさ。小食なので完食できずなのが無念でした。。。涙


c0296630_23551210.jpg

また、こちらに合わせてくださった「飲み物」が驚き。


c0296630_23571214.jpg

なんと、正体はみりんです!

何と思うと聞かれて、「紹興酒に角砂糖入れたもの」っと思った自分の舌が情けないです。。。

以上がお料理記録ですが、ここでも、みりんを美味しがる私たちの中に、一人アルコールがNGの人がいたので、松岡さんは厨房から「煮切りみりん」をもらってきてくださってご用意くださいました。煮切ってるからアルコール飛んでるんですよね~だから、みんなで同じものを体感。

細やかなお心遣いに感謝の言葉しかありません。

部屋に一歩入ったときから五感を喜ばせるものを満載にご用意して頂き、ゲストをもてなして頂きました。

たぶん、同じ料理でも、もてなしてくださる側の場づくりで味さえ変わっていたと思います。

日本人は、諸外国の人と違う感性を持っています。

それが、右脳の感覚。

例えば、夏の風物詩「風鈴」の音。

日本人は風鈴の音を聞くと「涼しさ」を感じると思います。真夏なのに、この音一つで耳から涼をとるのです。

でも、他の国の多くは、風鈴の音を「単なる音」として取り、この音を聞いたからといって涼しくなることはないと言われています。

こんな人種なので、右脳、つまり五感に響くことが大好きだし、受け取る力も高いのです。


なので、柏屋さんでのひとときは五感を満足させてくださるもののオンパレードという感じ。五感が磨かれると願望達成能力もアップするから嬉しい限り。


私のワインの師匠である松岡先生のお心遣いも大変勉強になりました。

私も、お酒がNGって方にも、もっと楽しんで頂ける工夫をしようと目覚めて帰ってまいりました。

お祝いできるって嬉しいし、それに協力してくださる方がいることにも感謝です。

これを機に、自分のもてなし力をあげることを誓います^^

では、今日の主賓がますます豊かな人生を送られることを願って終わります。



最後になりましたが、松岡先生、ありがとうございます!




新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-15 00:19 | |― 外メシ | Comments(0)

豊中・蛍池夜飯事情

今日から5月ですね。「体制を整えねば」と思う1日の朝です。

さて、最近セッション帰りに晩御飯を食べられる店がないか聞かれることが続きます。

なので駅前のオイスターハウス Kaiさんをご紹介しておきます。貝料理以外もあるので貝嫌いの方もいけると思います。今は年中無休みたいですが、事前に確認してくださいね!

お料理はこんな感じです↓

魚介のパクチーサラダ

c0296630_09325097.jpg

海老とアンチョビのパン

c0296630_09325152.jpg

牡蠣のフリット

c0296630_09325360.jpg

サーモンとハマチのカルパッチョ

c0296630_09325596.jpg

ロックフェラー

c0296630_09325727.jpg

蟹とあさりのパスタ

c0296630_09325934.jpg

てな感じで、二人で2杯ずつ飲んで8,000円くらいでした。

駐車場は2軒隣くらいにコインPがあります。夜は2時間くらいで500円でした。

では、セッション帰りの方はご参考になさってくださいませ。

今月も素敵な月になりますように。

今夜はこころの悩み解決コラムで再び失礼します(汗)





ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-05-01 10:43 | |― 外メシ | Comments(0)

進化する阪急蛍池飲食事情

いつも困る質問。「この辺で、ランチできるところないですか?」

私は、この質問を頂くたびに、う・・・ごめんなさいっと思っていた。

が、この2月、2軒の新しいお店ができました。それも、え?蛍池にですか??って感じの紹介できるお店です。(なくならないで~以前勧めた店が一瞬で閉店したので

まずひとつめ、「ローフカフェ」↓

こんな店構えの。
c0296630_06545432.jpg

こんなメニューの↓

c0296630_06545188.jpg

お持ち帰りのパンや、ケーキもある↓

c0296630_06545540.jpg

南にあっても良さげな、こんな→ オチャレカフェです。

私はパスタランチにしましたが、「フツ―」のお味でした。なので、お友達が頼んだ、◎◎プレートってのが良いと思います・・・汗

ケーキは、買っても良いと思います。後日お土産に頂いたこちらのシブースト、美味しかったです。

で、ふたつめは、こんな外観の牡蠣がメインのお店「オイスターハウスKai」


c0296630_06591857.jpg

牡蠣好きの私は、もちろんカキフライランチを食べましたが、牡蠣嫌いな人が行っても大丈夫なところは、帆立のパスタ、なんてのがあったからです。

c0296630_06545641.jpg

ようは、貝料理の店って感じですかね~

でも、夜は、貝以外の料理がたくさんありました。(まだ行ってない、メニューで見ただけ)

あと、ランチでは牡蠣の3点盛り合わせみたいなのがありました。すっごく惹かれましたが、この日は車だったので断念。そんなの食べたら、飲まずにはいれないので。(車で行きましたが、こちらのお店はかなりの駅前です。ご安心ください。)

うちに来てくれる方のために、営業時間の看板載せておきます。これを考慮して、セッションの予約してくれてもいいですよ♪

c0296630_06594614.jpg

てな感じのお店がうちの近所にできました。

どちらも、昼も夜も行けそうで嬉しいです。ちなみに、ローフカフェはカフェタイムがあるので、休憩なしです。ただ、蛍池駅からはちと歩きます。ただし、フラットな道なので大丈夫です)

では、蛍池も変わり、進化しつつあるので、変わりたいあなたも進化しにいらしてください。うふふ。



ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-02-26 07:21 | |― 外メシ | Comments(0)

気持ちよく食べないと心身に来る

c0296630_08393307.jpg


料理作りがそんなに好きじゃない私が、「早く帰って美味しいごはんが食べたい!」とあわててキッチンに向かって作った一品。鮭のムニエルとたくさんの焼き野菜を万能ソースで食べる一皿。万能ソースってのは、野菜にも、肉にも、魚にも合ってくれる上に、ちびっこから老人まで、美味しいと言ってくれるソースだから万能ソースと命名。

で、なぜ、キッチンに直行したかというと、先日、叔母が倒れてから、私は史上初、フードコート飯4連発生活を送り、心と体にダメージを受けたから。

そもそも、私はフードコートが苦手だ。あの、固くて冷たくて、引くとビーっとなんとも言えない音を立てるあの椅子。たいていが汚れたまま空席になっているテーブル。「どんな水が入っているんだろう」と思うちゃんと洗浄しているかも不安なウォーターマシーン。手に、木のトゲトゲが刺さるお箸または、プラスチックの先がはげたお箸。ざわざわした雰囲気。器を返却するときに、恐ろしい洗い場が見える瞬間の気持ち。どれも、私的にはできたら避けたいお食事処。

こんなにいろいろ書いたけど、フードコートは、ヤングファミリーの聖域で、最近は、昔のサービスリアのような、「これ、どうやったらこんなマズくできるんですか?」と聞きたくなるようなものもなく、場合によっては、名店が出店しているので、そんなに捨てたもんじゃないと思うし、泣いたり、テーブルをガンガンやってしまう年齢のお子さんを連れた方には、安心して騒げて、家族がそれぞれ違うものを食べたいときも、それぞれが買ってきて一緒に食べられるというメリットがあるとは思っています。

ただ、私にはメリットがないだけ。

で、ここで食べること連続4回。さすがに、もう、味がどうのでなく、毎回別のフードコートで、似たような、うどん、ラーメン、カレーを食べていることで、最後の方は心が折れ気味になってしまった。加えて、病院なので、食べる時間も不規則で、食べたくても食べられない状況もあり、コンビニにいって、あのポップな音楽が印象に残る「お腹がすいたらスニッカ~ズ♪」みたいなバーとか、カロリーメイトをかじっていると・・・

私の体はどんどん大きくなってきて、「ザ・中年」という体形になってしまった。体形だけじゃなくって、体調も、なんだか、いつもより寒い気がしたり、喉が少しだけ痛いかもっという感じになり、頭も少々痛くなってきた。

うううう・・・イヤだ・・・早く帰って、まともな食生活を味わいたい。

そんな思いがマックスになり、普段は自分の料理がいけてると思っていないのに、「自分で美味しいもの作って食べたい・・・」とつぶやいてしまった。

お、美味しいもの作れると思っているのかお前っと、同時に自分に聞きながら。

で、帰宅後、この一品を食べて、「幸せ~♪」と思え、他の料理にトッピングした大根おろしを食べて、「体がよろこんでいる~」と感じ、昨日にいたっては、終日家にいたので、全部自分の気にいったものを食べ、今朝、鏡を見ると体形が原状復帰し、いつもの薄着で大丈夫になりました。

やっぱり、食って大事。気持ちよく食べるって、大事。

忙しいあなたにこそ、食べるだけで精一杯って方にこそ、「食べる」ことにあと一歩、関心を持っていただけたらと思います。

フードコート関係者の皆様、愛好者の皆様、いっぱい書いてごめんなさい。

ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-02-18 11:17 | |― 外メシ | Comments(0)

同物同治、体に良いけどやっぱりムリ

c0296630_07160635.jpg


お出汁が美味しいと評判のうどん屋さんに行ってきました。

暑いし、「天ざるうどんた~べよっ」と思っていったのに、入ってみると、お店の名物は「かすうどん」とのこと。

初めてのお店、そりゃ、名物を食べないとっと思うも、確か・・・「かす」って内臓やったよな~、内臓ムリ~と躊躇っている間にオーダーを聞かれ、思わず、「かすきつねうどん」を依頼。(かすって、天かすでありますようにっと少し期待しながら)

で、ホッと落ち着いてから目の前の説明を読むと、「かす」とは「小腸」のことだとわかる。

う・・・小腸、思い切り内臓・・・

でも、消化器系が最近弱っているので、同物同治(体の悪いところを治すには、同じ部位を食べると良いという薬膳の考え方)で良いんだけど・・・やっぱり、内臓ムリ!と思い、「これ食べて」というと、なぜメインが嫌なのに頼むと不思議がられる。

そういえば、バブルの頃に流行った「モツ鍋」のモツも私は食べられず、「モツ」だけ誰かに食べてもらって、ひたすらキャベツともやしを食べていた。

「なんでこんな美味しいもの食べないんだ!」と怒られながら、「お前のとり分のモツが食べれるから嬉しい」と喜ばれる変な感じに決まってなる。(かつて、馬肉専門店でも同じことが起こった)※馬は内臓じゃないけど、私は庶民のスーパーに売っているお肉しか食べられない(高級スーパーは、うさぎやカエル、シカなどが売っている。でも、七面鳥は大好き♪)

でも、やはりお出汁が美味しく、またこよう~と思って帰りました。お店は、住吉区の不二家さんです。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
by yuristyle | 2016-09-11 16:51 | |― 外メシ | Comments(0)

THE・日本料理

もう数年前、ご縁を頂いた方のお店に行ってきました↓

c0296630_14265472.jpg
c0296630_14265764.jpg
c0296630_14270077.jpg
c0296630_14270454.jpg
c0296630_14270700.jpg



初めてお目にかかったとき、名物のちりめん山椒を頂き、いつかお店にもお伺いしたいと思いつつあっという間に月日が流れて・・・

c0296630_14271548.jpg



ファッション、食、心っと、業界は違いますが、ある流れが共通していたことは発見でした。心地よい時間に感謝です。



ご案内中のワークショップ・セッションはこちらをご覧ください。
[PR]
by yuristyle | 2016-06-12 16:15 | |― 外メシ | Comments(0)

外食は料理教室

誕生日を祝いに、久しぶりの夜メシ。

メニューを決める時、相手を尊重しつつ、食べたいより、これはどうやって作っているんだろう~という探究心で選んでしまう。

と言いつつ、味の予想がカンタンにできるカルパッチョを選んだのは、なんの魚かを聞いた時、「4種の盛り合わせです」と言われたことが興味を引いて。

c0296630_00093536.jpg


これも、きっと、この店だから普通じゃないよな~と思いオーダー↓

c0296630_00094019.jpg


海老パン好きな私は、どの店でも一回は頼んでみる。こちらは食パンとフランスパンが選べるところが好き↓

c0296630_00094593.jpg


これは、内臓嫌いな私にはなんの興味もない「このわた」

c0296630_00095079.jpg


春雨のかたさでいつもしくじるのでお手本にオーダー。渡り蟹の春雨煮込み↓

c0296630_00095875.jpg


串カツは、串かつ専門店で食べてくれ~と思いつつ、食べたいと言われてしぶしぶオーダー↓

c0296630_00100582.jpg


〆は、鯛茶漬け。赤とオレンジの茶づけあられが目に美味しい。やっぱり、お茶漬けあられは無用そうに見えて必須と再確認↓

c0296630_00101227.jpg


と、こんな感じで、外食でお勉強。
お店は、天海祐希さんや唐沢寿明さんが常連なので、ちょっとキョロキョロしてしまう、帝塚山のゲンジさん↓

c0296630_00101860.jpg



こんなに美味しくても、車なのでペリエでガマン。運転免許持ちでお酒嫌いの友だち求むです。




********************************
思い通りの人生が歩きたい方におススメ、
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典は6月末までです→☆★☆

Air Feel

個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを









[PR]
by yuristyle | 2016-06-08 00:46 | |― 外メシ | Comments(0)

発見のあったレストラン

c0296630_09563009.jpg


新緑に囲まれた美術館にあるフレンチ、
ミュゼボンヴィヴァンに行ってきました。

こちらは、いろいろ発見のあるお店でした。

まず、前菜のキッシュ。
男性には嫌われがちなキッシュですが、私は大好き。
でも、こんなになめらかなキッシュは初体験でした。
まるで、美味しいテリーヌをキッシュにしたような感じ。
作り方わかりませんが、トライしてみたい味でした。

あと、次はビシソワーズ↓

c0296630_09571177.jpg


ビシソワーズって、普通にじゃがいもの冷製スープですが、
これに、カニの身と結構な数のスライスアーモンドがのっていました。

カニ身とか、入れたら絶品!というわけではないですが、
ビシソワーズに乗せるんだ~という発見がありました。
トッピング、パセリくらいしか浮かばなかった自分に想像力に喝


次はメイン↓

c0296630_09575663.jpg


左側のチキンのソテーだけでも大きくて充分なのに、
横に、結構大きめのピーマンの肉詰めが2個もついていました。
もちろん、名前はピーマンンの肉詰めじゃなくて、
立派なフレンチの名前がついていましたが。


こちらの発見は、チキン×チキンの組み合わせをメインにするってこと。

私のような小食は、ボリュームに圧倒されて戸惑いましたが、
大食の人は喜んでいました。

この日は大雨の日でしたが、
お店から見える庭が開放的な気分をくれました。

こちらは、美術館に入館しなくても利用できます。
駐車場も無料です。
と、ご紹介しても三重県ですが・・・

ちなみに、こちらのコース(前菜、スープ、メイン、パン、紅茶)で、
2,300円程でした。
食材も良いものを使われているので、
と~~っても、コスパが良いと思います。


よろしければぜひ♪



********************************
思い通りの人生が歩きたい方におススメ、
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典は6月末までです→☆★☆

Air Feel
個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを









[PR]
by yuristyle | 2016-04-30 00:56 | |― 外メシ | Comments(0)

連続中華の中日

c0296630_23361063.jpg


芦屋のカリスマ、麻珠庵さんのブログをご覧の方には、
まったく同じ写真で恐縮の記事となっておりますが・・・

c0296630_23364775.jpg

マグロのほほ肉特製ソース和え

食通、麻珠庵さんに、江坂の中華
「清粥小菜 明」(ちんぞうしょうさい めい)へ連れて行ってもらいました。
麻珠庵さんのブログから言葉を引用するとこんな感じになります↓

フツーでは読まれへん名前の
中華料理をシバキにいってまいりました!


c0296630_23372395.jpg

お店イチオシの飲茶

c0296630_23381585.jpg

牡蠣と板春雨の腐乳煮
(これ、美味しいです↑)
c0296630_23385946.jpg

食事中、吊るしたまんまご持参で勧められる北京ダック↑
顔の至近距離にぶらさがっていて、ちょっとビックリ。でも、食べる。


c0296630_23402212.jpg

大海老のピリ辛ソース(ホントは立派なソース名がついていましたが)

この他は、ご自慢のお粥を頂きましたが、
話が盛り上がり写真撮り忘れ。
不覚にも、おなか一杯食べ過ぎです。

c0296630_23405768.jpg


これは、間違って天井を撮った1枚。
意外に一番気にいっています。
端っこに写るのが昨日の私のドリンク、チンタオビール。

ちなみにですが、ちょっとワインが飲みたい派のみなさんにはお知らせします。

グラスワインはありません。(ボトルは結構あります。ハーフもあります。)

では、なぜ、ボトルにしないかって?

それは、こんな感じの麻珠庵さんは・・・

顔に似合わず、お酒が1滴もダメなのです!

お料理でも、紹興酒漬けとかもNGで、
加熱していても、結構アルコールが飛んでいないとダメなのです!

人はみかけによりませんよね。

さらにちなみに、
彼女は、飲まなくても、飲んだ人以上に、飲んだみたいな豪快な方。

コーラやウーロン茶で、私以上に飲んだ人みたいです。



おしまい。
[PR]
by yuristyle | 2016-03-30 00:18 | |― 外メシ | Comments(0)

寿司店におびえる

c0296630_20350649.jpg


飲食店で、私が一番ガッカリ率が高いのが、お寿司屋さん。

お寿司屋さんって、なぜだか敷居が高くて、
でも、美味しいお寿司が食べたくてチャレンジするんだけど、
お店の人が怖いってことがホントに多いです。

c0296630_20345777.jpg


今日は、家の近くで、個人のおうちが経営する
住宅街のお寿司屋さんに行ってきました。

なんでも、いつでも美味しい寿司が食べたいからって、
自分の豪邸の1階に気にいった職人さんをスカウトして
寿司店を作られたのです(スゲェ)

前から気になっていたのです。

この値段だったら、充分なお店ですが・・・
c0296630_20351474.jpg


で、こちらは、お持ち帰り対応で、うちで食べると良いと思いました。
オーダーだけしておいて、取りに伺う。
立派なネタが入っているし、家で気兼ねなく食べられます。
(お持ち帰りは1人前5,000円のみ。)


飲食店のクチコミサイトでいろんな情報が得られますが、
ほとんどが、自分で行かないとわからない店が多いです。

まさに、百聞は一見にしかず。


で、今のところ、また行きたいと思うお寿司屋さんはこちら↓

法善寺横丁 誠太郎さん 
こちらは、お店の方と気の効いた会話ができる人と行く方が良いと思います。


芦屋 鮨 やまもとさん
こちらは、芦屋の駅から近いですが、
芦屋だっと思わず、気軽に伺えると思います。
こちらのお持ち帰りも美味しいです。


お寿司屋さんに気軽に行けて、楽しめる、
早く一人前の大人になりたい私です。


********************************
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典もございます→☆★☆


夢を叶える宝の地図の会 残席わずかです→☆★


Air Feel
個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを
[PR]
by yuristyle | 2015-12-18 21:05 | |― 外メシ | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧