カテゴリ:|― ヒントになるかも話( 195 )

今日は満月、明日は・・・

c0296630_19494830.jpg

住吉大社の桜です。今日は終日雨なので、月は見えないかもしれませんが、今日は立派に満月です。

たとえ月が見えなくても、満月のエネルギーがあるので、いろいろやってくださいませ(満月にはこれをすると良いってちまたにあふれていますからね)

で、満月話はおいといて、メジャーでないのは明日の己巳(みみ)の日です。なんと、明日、4月12日は60年に一度のみみの日とか。

このみみの日には、弁天様にお参りすると金運に恵まれると聞いています。特に、三社参りと言って、弁天様を三か所まわると良いみたいです。ちなみに、財布の使い初めにも良い日のようです。

弁天様と言えば、私は昔からなんだか好きです。

私が弁天様を知ったのは、小さい時に見た、「まんが日本むかし話」でのお話です。子供だったので、あいまいな記憶かもですが、こんな面白い話がありました。

なんでも、ある時、七福神の7人で、一軒の家を守ることになりました。

それで、みんなで集まって、どの場所を守るか担当を決める話になりました。

でも、弁天様、唯一の女性で、着飾ることが好きなので、待ち合わせの当日も、化粧に時間がかかって遅れてしまうのです。

なので、6人の神様は弁天様抜きで担当を決めることになりました。

で、決まってみんなでホッとしていた時、弁天様が遅れてやってきます。

そこで、もう、守る場所はかわや(トイレ)しかないと伝えると、弁天様大激怒。私が便所、御不浄だなんて~とご立腹。でも、もう他には守る場所がないので、怒ってトイレにこもります。で、捨て台詞が、「便所をキレイにしないとしょうちしないから~」みたいな感じでした。

なるほど、面白いなっと思ってから、私はトイレをきれいにしないと、弁天様に叱られると思うようになりました。

数年経って、お琴を買ってもらった時も、お店の人に、言われました。

芸事、特に、弦楽器の神様は弁天様。(弁天様、琵琶を持っていますよね。)なので、お琴の上達は、弁天様にお参りすると良いですよっと。

二重に親近感で、私は弁天様が大好きです。じゃらじゃらアクセサリーをつけている像も多く、学生の頃の私とかぶったし。

そんな弁天様に明日はお参りすると良い日です。

ちなみに、弁天様はヒンドゥー教の神だとサラスヴァティに相当します。そういえば、インド占星術を学んでいた時、教えてもらったマントラで、一番お気に入りはサラスヴァティのマントラでした。勝手に、弁天様とご縁があると思っている私です。

明日は財布でも買いに行こうかな~






ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-11 21:12 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

成功は時間じゃない

c0296630_19095873.jpg


これは、イモムシじゃなくて点心教室で習った大根パイ♪

この点心教室。人気教室で、なかなか予約が取れません。

募集すると一瞬で満席になるし、ご一緒する方の中には、お席を求めて、名古屋や東京教室に、この点心を習うために通われる方もおられます。

最初、え!点心を習いに東京まで!っと、驚きましたが、考えてみれば、今や、何かを習うために他府県に行くなんて、普通のことで、私のところにも、遠方でいうと、北海道~山口まで、お越し頂いているのを思い出しました。

で、この点心教室。先生のお話を聞くと、どうも3年前は生徒さんがあまりおられなかったようで、マンツーマンのときも多々あったと仰っていました。

でも、その3年後にはテレビで紹介され、新規の生徒は受けられない状態の人気教室に。しかも、点心のみのお教室。点心って、そんなに作りたい!って人口、たくさんいるとは思いませんよね?

この人気ぶりと、先生の3年前の様子にかなりのギャップがあり、成功は期間や時間じゃないんだとしみじみ思います。

なぜ、こんなことを言うかというと、起業や、何かを志す方が、目標をすごく先に設定する場合が多いからです。

すっごい綿密な計画の上の遠い先でなく、漠然としているんだけど、良い状態になっているのはスゴイ先。

きっと、自分の時間のものさしがあるのだと思いますが、成功って、突然やってくる場合も多々あります。

一瞬にして、、、みたいなのもいっぱい見てます。

なので、何かを目指すとき、いつものは違う、自分のものさしで設定しても良いのでかなっと思います。

ある時目覚めたらスターになっていた。みたいなこともあるかもしれませんからね^^



ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-09 21:11 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

使う言葉でイメージが変わる

c0296630_08381714.jpg


うわのそら。

三田にある人気のカフェ&雑貨やさんです。

c0296630_23445207.jpg

c0296630_23445918.jpg


男性雑誌ゲイナーで●●ロールが有名なパティシエさんが紹介してました。ちなみに、同じ特集に友達が載ってて驚きました。

この「うわのそら」ってお店は、三田の広~い、畑?みたなところがたくさんあるところにぽっつり存在するお店です。

c0296630_23442850.jpg

のどか~な感じで、「うわのそら」になれるっていいな~と思いました。

が、うわのそらって、「注意散漫」とどう違うんだろうと思いました。私にとって注意散漫は要注意ワードだからです。

実は、最近の私は頭を抱えるくらい、「ボンクラ」なことをやらかしており、昨年夏に、「これは痴呆症状か?」と思って脳神経外科にMRIを撮りに行ったときに言われた「脳はすこぶる健康、ただの注意散漫でしょう。」が頭にあるからです。

「うわのそら」、なら、何かに思いを馳せて周囲のことが頭に入らない、ちょっとうらやましい状態をイメージするのに、「注意散漫」は、なんか、ボンクラな感じ。

言葉がもたらすイメージって、本当に心にダイレクトに作用するって感じがします。

どんな言葉を選ぶかで、人生が変わると思います。

もし、今の状態が嬉しくない方は、自分がどんな言葉を使っているかチェックしてみてください。

使っている言葉、良いイメージのものに変えるだけで、現状が変わるかもしれませんよ。




ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-02 23:51 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

スタートは、まず未来をイメージする

c0296630_22042258.jpg


今日4月1日は新年度の始まりですよね。特に春だし、新しい気持ちが高まります。

今日は、プログラムやら新講座を始めてくださる方が多く、スタートの質問として、ある方にはこんな風にお聞きしてみました。


「3年後、2020年の4月、目覚めると、あなたはどんな部屋にいますか?」

「あなたの今日の予定は何ですか?」

「そして、あなたは、何をしている人ですか?」



この質問って、ポンっと意識が未来に飛んでいく感じがしませんか?


私も、この質問を書きながら、自分も答えてみたのですが、答えは・・・びっくりするものが出てきました(;^_^A

自分のことなんですが、無意識は、私の知らないことをたくさん考えていると、またさらに、実感の朝でした。

普段はあまり考えないという方も多いので、この機会に考えてみてはいかがでしょうか?きっと、5分もあればできますから。

画像は、丹波のスパニッシュの前菜。オーナーさんが、朝採ってきてくれたつくしが春うららでした。




ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-01 22:38 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

強制のおかげで継続できてる

c0296630_22114675.jpeg

応援するときに使うメガホン↑

今、私は英会話アプリのキャラクターに応援?強制されて毎晩英会話の勉強をしています。

なにげに登録した英会話アプリのおかげです。

最初、気まぐれにちょっと回答したら、なんと、翌日から、アプリのキャラクターの鳥が「勉強の時間です♪」とメールとともにやってきます。

ふ~ん、こんなの来るんだっと放置していると、テストをやるまで再三メールがやってくる。

で、もう、うっとうしいから、テストをする。

すると、「今日も達成です♪」と褒めてもらえ、メールが来なくなる。

最初から始めたので、簡単な文章ばっかりで、つまらないので、飛ばしてうんと先に進んでやろうとすると、なんと、先のテストにはロックがかかっていて、地道にやらないと進めないしくみになっている。

で、面倒で放置していると、また決まった時間にメールがくる。鳥のキャラクターが勉強しろと言ってくる。

最初に真夜中にやったもんだから、勉強の催促も、毎晩真夜中にやってくる。

寝ているときなんかも、そのアプリに起こされる。

で、布団の中で、英会話。。。。発音のチェックもあり、携帯に向かって発音する。しかも、「惜しい」とか「ちょっとちがうね」とか、否定されてしゅんとなる。

いい加減やめたい・・・と思うも、毎日「連続●●日達成です♪」と褒められると、ついついやってしまって、今日で12日経ちました。

英会話、こんなに続けてやったの初めてです。

簡単な単語ばっかりだけど、「今までで125個の単語を覚えました」と数字で教えてもらえると、なんか成長した気分になってちょっと嬉しくなってきます。

で、今日は、もう真夜中に起こされるのはいやなので、日中にさっさとやりました。

なんだか、ちょっと前向きにやっているみたいです。

こんな風に、一人でできないことも、応援?強制?があると、頑張れたりします。

強制されるのきらいだし、人にも強制したくないと思っていたけれど、時には、そんな力も必要な気がしています。

明日も、鳥のキャラクターに背中を押されて頑張りそうな私です。


ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-03-25 22:32 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

「またそのうちに」はやっぱり後悔

c0296630_16142829.jpg


桜の季節になりましたね。まだ阪大の桜は咲いていませんが、お花屋さんではもう咲いてくれる桜が売られています。部屋の中で、一輪ごとに咲く姿に癒されます。

さて、最近の私は「またそのうちに」の後悔で頭を打っているところです。

今は忙しいから「またそのうちに」

今は寒いから「またそのうちに」

今は、今は、今は・・・「またそのうちに」と言っている間に、そのうちはなくなりました。

前も書きましたが、私は高齢者ハーレムのような生活をしています。病院に連れて行ったり、おかずを作ってもっていったり、旅行に連れて行ったり、新しいお店にご飯に行ったりと、結構なウエイトでそんなことをしています。

ただ、仕事もしているので、満足させられるほどはできていないのが現状です。

また海外に行きたいっと言われていたのに、本気で時間を作ることをせず、この2月、同時に2人が弱りだしました。いずれも一人暮らし、子供なし。西へ東へ、病院通いの先月でした。

そして、昨日。もう海外どころか、ランチにさえ行くことができないことになりました。

先生からの話を聞いた時、ぽつりと・・・「もう一回、外国に行きたかったんですけど・・・」とつぶやかれ、そんなに行きたかったのかと改めて行動をとらなかったことが悔やまれました。

パスポートが切れたのに更新しなかったこと、今年の誕生日は祝ってあげなかったこと、一人暮らしができなくなった時の住む場所も、決めたがらないからと放置してしまったこと。いろんなことが「あの時に」と思われます。

悪い癖で、また明日、また今度、これができたら、これが整ったらと、後回しにすることが多々あります。

また明日も、今度も、保証がない世界に生きているのに、懲りないなっと思うばかりです。

ときどき、この言葉を思い出します。

人は、おぎゃっと生まれた瞬間、寿命というスイッチをオンにして生きている。しかも、あとどのくらい時間があるかも知らされないままに。

やっぱり、やりたいことは、、やらないとですね。




ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-03-24 17:42 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

オムライス北極星からの名言

c0296630_21262914.jpg


30年ぶりに、オムライスで有名な北極星に行きました。そんなつもりはなかったのですが、北極星の前の店に行こうと思ったのに、お休みになっていたからです。

で、懐かしいな~とキョロキョロして、なんとなく、お手洗いが気になるので、行ってみたら、北極星オリジナルカレンダー(日めくり)が目に入りました。

こんなのあるんだ~と、読んでみると、今日の格言はこれでした↓


「約束を軽んじるものは、自分も軽んじられる」

ひぇ・・・・耳が痛い、イタイ、イタイ。。。

ちょっと最近耳が痛い。

しかも、オムライスなんて普段食べないし、北極星も30年ぶりだし、行こうとした店に休みがあるなんて、この10年知らなかったし、お手洗いに行く必要もなかったのに、偶然が重なって、これを目にする。

それに、日めくりだから、23日だったら違うことが書いていたのに~~なんでこれ~~~とガックリうなだれる。

そうですね、そうですね。心を入れ替えて生きなおしますっと、何かに懺悔して店を後にしました。

偶然の出会いも楽しいけど、偶然目に入るイタイ言葉も大事にしないとですね。

反省するために入ったような北極星でした。

おしまい。



ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-03-22 21:41 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

時間を大事にする人は人も大事にする

c0296630_10463661.jpg

私は最近、「私はドジでのろまなカメです!」と叫びたくなるような瞬間がたくさんあります。カメに失礼だろって想いながらですが・・・

ホント、頭を抱えるくらい、時間の使い方が悪い気がするのです。手帳の使い方以前の問題です。

優先順位もボケているようで、ダメ出ししては、慰める日々が続いています。

そこで、浮かんだのが、私の周りにいる「時間を大事にしている人」の特徴です。

まず、時間を大事にしている人は、自分の時間も人の時間も、ひいては、人も大事にしています。

例えば、1分遅れるのも、「遅れます」って連絡をくださいます。携帯を忘れてこられた時は、電車の中で、隣の方に電話を借りてまで、連絡をくださいました。

そんな方は、セッションが5分長引いても、追加料金をお支払いします!と必死で言ってくださいます。

キャンセルも、絶対にしないし、変更の希望があった場合も、先に、「予約していた日の料金もお支払いします」と宣言されてから変更を打診してこられます。

そんな方は、課題の提出も絶対に期限内だし、ご提案した個人プログラムの記載内容の有効期限も、1日過ぎたら、「期限が過ぎたので、料金が変わると思います。新しい内容でご提案ください。」と言ってくださいます。

そのたびに、この方は、自分の時間も大事にして、人の時間も大事に考えてくれるんだなと、いろいろ感じさせて頂きます。

先日、私がある方に日程の変更を申し出たとき、言われてハッとした言葉があります。

「もし、これが、1時間50万のセッションなら、あなたは変更を申し出ないでしょう。」

「・・・」確かに、そうだと思いました。軽く見ているわけではないのですが、1時間50万のセッションの申し込みを、変えてくださいとは言わないと思いました。

こんなことも言われました。

「あなたの予約のために、決まってからというもの、すべての予定をあなたとの時間を確保するために動かして確保してきました。なので、変更ではなく、もう一枠の購入が必要なくらいです。」

それも、ごもっともです。

私は変更に関して、ここまでは言わない方なので、変更する側にしたら、一見いい人に見えるかもしれませんが、本当にいい人かは、怪しいもんです。こんなことを言わない分、自分の時間を大事にしていないともいえると思うことも多々あります。

私の知っている時間を大事にしている人は約束を守る力があり、自分軸で生きている印象を受けました。

昨日から新年が始まりました。今日から、時間の感覚を見直して生活します。あ、12時のアボの前に、これを書いていて良いのか、ワタシ(;^_^A<




ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-03-21 11:29 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

こころのお掃除

c0296630_22294146.jpg


このワンピース。今日3,000円で売れました。明日、お嫁に行く予定です。ひとつ、こころのお掃除ができた気分です。

実は、これ、世間がミレニアムとはしゃいでいる頃、黒のパンツスーツしか買わなかった私が、ある方のススメで買ったものです。まったく私の趣味ではないシロモノです。

当時の私は、真っ暗のトンネルをぼろ布を着て歩いている気持ちで、「食事が砂を噛むよう」ってのがよくわかる毎日でした。

その時、私の信頼するこころの先生が、私に出した宿題。それが・・・

「あなたが今、一番欲しいと思う服を買ってください。それがどんなに高くても、洗濯ができなくても。もし気に入った服がパーティードレスで、パーティーの予定がなくても買ってください。その服が、きっと、あなたの力になってくれますから。」

私は、その時、高価なドレスを買う財力はなく、もし気にいった服がドレスだったらどうしようとか、なんで服を買うことが私を助けてくれるんだろうとか、疑問でいっぱいでした。

でも、宿題はしなければなので、百貨店をウロウロ。

黒のパンツスーツしか買わなかった私の目に、このワンピースが入ってきました。

全然趣味じゃないのに、これには目が釘付けでした。

結構お高い店だったので、ドキドキで値段を見ると・・・やっぱり、高!という価格でした。しかも、素材がシルク。何よりこの全面プリント柄。

着回しもきかず、一度着たら印象大なので、そうそう着る機会はなさそうです。

でも、宿題なので、思い切って購入。

数回しか着ませんでしたが、これを着て友達に会うと、決まって驚かれたものでした。でも、これを着ると、自分が別人になったように思え、幸せな毎日を送っている気分になりました。

その後、不思議と私の状況は好転。

次のシーズンがきて、張り切って着ると、もう、私には似合わなくなっていました。

それなのに、私を元気にしてくれたワンピースっていう思い入れがあり、大事、大事で手放す気にはなりませんでした。いつか着ようって思ったり、ありがちな、「高かったし・・」「あんまり着てないし」という気持ちが邪魔して、さよならできませんでした。

でも、もう、それもいいかっと思い、手放す気になり即行動。結果、一晩でお嫁入先が決まり、明日私の手から離れます。

モノとお別れしたり、部屋を片付けると、決まって、新しい何かがやってきます。

入れ物の容量って決まっていて、順次、入れ替えしないと、新しいものも入ってこない気がします。

だから、片付けとか、断捨離とかって、反響が大きいんでしょうね。

私は、本来、壊れたおもちゃでも捨てられない性格ですが、セラピーの世界に入ってからは、ものすごく意識して、手放し行動をとっています。「慣れ」もあるようで、だんだんスピーディーにもなってきました。

他に段ボール一杯、いろんなものもお嫁に出します。これは、寄付できるシステムを使ったので、どこかの国の誰かが、また使ってくれるので嬉しいです。

春分の日まで、まだまだ見送りができそうです。

こころのお掃除は、モノの手放しでもできるかもですよ~





ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-03-15 23:48 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

内側にあることは外にもある

c0296630_20520010.jpg


昨日から風邪ひきで寝ている私。ひっさしぶりに、寝てばっかり。天井しか、目に入るものありません。なんだか、布団と一体化したみたいなくらい、寝てばっかり。

すべてを諦めて寝ているので、普段と考えることが違ってきます。あれやろ、これやろっと思っていないので。

特に、今日は3月11日なので6年前の震災のことを思い出します。と言っても、震災のことでなく、この時期の私のことです。これが、以下のシンボルを連想する話↓


c0296630_20573271.png


陰陽を表すシンボルですが、この白の中に黒があり、黒の中に白があるのは、片方だけってないって感じです。これ、本気で説明すると、それだけで本題に行けないので、パスします。

で、戻って、6年前の震災の頃、私はその様子を、布団に入ってみていました。このときも、布団と一体になるくらい毎日寝てました。

理由は、突発性難聴になっていたからです。突発性難聴、歌姫「あゆ」がこの病気にかかり、左耳の聴力を失って有名になりました。

あれって、ホント、突発的になるんですよ。2、3日、なんか耳おかしいなって思ってたら、すぐに聞こえなくなります。ほぼ、まったく聞こえなくなります。

入院して治療するのが定番ですが、入院はイヤだって駄々をこねて、毎日、車で病院に通って点滴してました。(そんな人いないって、病院で呆れられました。)

最初、もう手遅れ、聴力は諦めてくださいって言われ、「絶望」でした。だって、人の話を聞くのが私の仕事だから。聞こえないなんて、廃業です。津波の映像をみて、仕事を奪われる自分を重ねて寝ていました。でも、先生も驚く奇跡の復活。廃業せず、この6年続けさせて頂いておることに感謝です。

あともう一つ、アメリカの同時多発テロのとき、私が勤めていた会社が倒産しました。新聞の1面は、毎日、テロの画像と会社の倒産が並んで掲載されました。

事実上、この日から、私はずっと続けようと思っていた仕事がなくなりました。子供か仕事か?悩んで選んだ仕事を失いました。毎日、生産性のない、不毛な仕事を夜遅くまでして、帰宅するとテレビでは、同時多発テロでビルが倒壊する様子が流れ続けました。その時も、私は自分の人生と同じような気がしてテレビを見ていました。

もうひとつは、ちょっとだけ、スピ話。

四川大地震の後、私は、頻繁にめまいが起こるようになりました。同時に、家の中のあちこちが、ピカピカ光って見えるようになりました。

一カ月近く続いたので、私は、目の重大な病気かと思い、病院に行こうか悩んでいました。

その時、陰陽師の先生と会う機会があり、この話をしました。すると、四川の震災の影響だと思うから、あと一週間したら治ると思うと意外なことをおっしゃったのです。で、それ以降も続いたら目の病気だから病院にいったらと。。。

まさか~と思いながら過ごしていると、ふと気づけば家の中の光もなくなり、めまいもなくなっていました。慌てて手帳を見ると、ちょうど一週間経っていました。

遠く離れた四川の出来事が自分に関わる・・・なんだか、これもタオっぽい。

ちなみに、同じような症状になっていた友人がいたので、喜ぶと思ってこの話をすると叱られました。理由は、家の中が光って見えること、友達は、天使が見え始めたと喜んでいたらしいです。私は目の病気と悩み、友人は天使が見えてると喜ぶ。これも、陰陽かと思う話です。

と、少々本題がわかりにくい例になりましたが、個々にあるようで、いろんなものとつながっているって話です。

なんだかんだ、今の状況に絡めて気づいてもらえる人がおられたら嬉しい限りです。

では、寝ます。








[PR]
by yuristyle | 2017-03-11 21:51 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧