カテゴリ:|― 自己紹介( 2 )

もっともらしい私

c0296630_18581117.jpg


ヴォイスというセラピーや精神世界系の老舗の会社があり、
2005年ごろ、私はそこで電話カウンセリングの仕事を頂いていた。
その関係で、ヴォイスが発行するインナーボイスという雑誌に、
少しの間だがコラムを書いていた。

今日、たまりにたまった本の整理をしていると、
その頃の雑誌が少し出てきた。

そこには、10年前の私がおり、思わず、どんなこと書いているのか読んでみた。

すると・・・
結構もっともらしいことを書いている。
ふぁ~セラピストっぽいっという内容である。

自分で読んで、笑ってしまった。
そして、今なら絶対にこんな切り口ではかかないと想像してしまった。

当時でも、セラピー仲間から言われていた。

普段とちゃうやん。
どこのエライ先生かと思ったわ。
普段のブラックな感じは禁止されてんの?

自分では、作ったつもりはなく、本当に思ったことを書いたのだが、
仕事だから、ちゃんとしなくちゃ。
オーラソーマのプラクティショナーらしく書かねばっと、
思っていたのは事実である。


友だちには、毎回「多重人格者」とひやかされたが、
ヴォイスで仕事をしていることや、
このコラムを連載していたおかげで、
少しは名前が知られたし、
私を知らない人に対しては、
ずいぶん下駄を履かせてもらった仕事である。

編集担当が退職し、すぐに私のコーナーも終わったけど、
モノカキになりたい私には、
それはそれは、嬉しい出来事だった。


懐かしいな。いろんなことが。


ちなみに、オレンジのイラストは、お友達のあやこさんに
お願いして描いてもらっていたパステル画。
コラム執筆の条件にあやこさんの絵とコラボしたいっと言ったことを叶えてもらいました。
二人でコーナーを作れたことも、
それはそれは嬉しい出来事でした。
あやこさん、10年前はありがとうございました。



HP
[PR]
by yuristyle | 2015-06-04 19:23 | |― 自己紹介 | Comments(0)

当たった予言

死んだ方が楽だなっと思っていた頃が一時ある。

その時は、潜在意識って言葉も知らなくて、
ただひたすら、当たるという占い師をはしごして歩いた。
1日に同じ人のところに2回行ったこともある。

それだけ行けば、当たる人も当たらない人もいる。
有名でも、高額でも、当たらないものは当たらない。


その中で、心に残った予言めいたものがある。

それが、この二つ。


あなたは、いずれ、若い女の子を助ける仕事をする。

あなたは、人の最初のきっかけになる人になる。


その時がガチガチの会社員で、人を助ける気もないし、
きっかけになるという意味もわからなかった。

ただ、不思議とココロには残っていた。


今、考えると、この二つは当たっているように思っている。

まず、若い女の子説。。。

当時会社員で、若い女の子に怒鳴り散らしていた私が、
今、クライアントの大半は私よりの年下の女の子。
この年になって、20代の女の子と接点ができるとは、
本当に夢にも思っていなかったことである。

助けているという自信はないが、私のところに来てくれるのは、
多少なりとも、お役に立てているのではないかと思っている。


次に、最初のきっかになる人になる説。。。

これも、最初のきっかけって、なんだよって思っていたが、
ここ何年、思い当る節がある。

それは、起業した人のサイトのお手伝いだ。

私は、サイトを作るなんてことは得意ではないのに、
私よりも苦手な人が集まって来て、今まで、何人もの人の
サイトやブログの立ち上げを手伝った。

親しくもない人から親友まで。
なんでかわからないけど、私のところに話がやってきて、
設定やら、なんやらを完成させている。

そして、その人たちの仕事が軌道に乗った頃、
私の作った素人サイトは、プロが作った立派なサイトへとバージョンアップする。

まさに、最初のきっかけであり、最初のきっかけでしかないことが笑えてくる。


あと、もう一つ、

スピリチャル業界で有名なある方に言われたことがある。

あなたは、人のマイナスの気を吸って、
プラスに転じて相手に戻すという力をもっている珍しい人です。



当時、そんなに仕事がなかった私は、この発言に食い付いた。

だったら、人は、私に会うと楽になるんですか?


そうです。

じゃ、この仕事、うまく行きますか??

それは、わかりません。

どうして???WHY?


理由は、相手の人は、あなたに会って楽になったとは気づかないからです。


私は、かなりガッカリした↓↓↓
なら、マイナスの気、吸ってるだけじゃんっと。(かなり、小さい発言で恥ずかし)


でも、そのことの恩恵は受けてるという。


今度は、どんな恩恵ですか??と食いついた私に↓


恩恵とは、これが恩恵とわかった時点で恩恵でなくなります。


私、二重にガッカリ。。。


ま、そんなことに頼らず、小さいこと言わず、
頑張って行こうと思ったような、思わなかったような、
遠い日の記憶である。



イベントスケジュール
[PR]
by yuristyle | 2013-08-04 20:23 | |― 自己紹介 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧