カテゴリ:|― 食とココロの関係( 19 )

生きる希望と食欲の関係


c0296630_14192642.jpg


こちらに書いた人のこと。続きです。

最初に「ガンです」と言われたとき、本人も「ガンですか?」と復唱して確認したので、てっきり自分の病気はわかっていると思っていたのに、先日、本人は、癌だとわかっていなかったことがわかりました。

ガンと理解した瞬間、「死」のイメージがわいてきたようで、診察中も、「手術中に死ぬことなんてないですよね?」などと先生に確認していました。

もちろん、先生は、気休めはおっしゃらず、「死ぬこともあります。死ぬことがないなんて、どの時にも言えません」と断言。

それからというもの、「もう死ぬのかな」と何度も言いだし、急に口数が少なくなりました。

で、驚くことは、自分が癌だと理解してから、毎日のようにあった「何食べたら良い?」「食べれない」「あんたのなら食べれる」=「ご飯を作ってもってきて」電話が、ぷっつりとなくなりました。

たぶん、死が見えたら、食べる気がなくなったのだろうと思います。

あんなに食べようとしていなのは、死なないためなのかもしれません。

ときどき書きますが、料理研究家の田中愛子先生に最初にお目にかかったときに教えてもらった言葉。

「食べることは、明日を生きる宣言です」

当時、私が食と幸せは絶対に関係がある!と思うも、料理なんて自信なくて、料理付き講座に踏み出せなかったときに、背中を押して頂いた言葉です。

今日も、ごはんが美味しく食べれることに、いろんな意味で感謝します。その分、中途半端な飲食店の「愛のなさ」にイラつくことが増えましたが(;^_^A

6月はメンタルと胃に優しい養生をお話しますね → クービック予約システムから予約する


ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-08 17:08 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

食べる学びはすぐに活かせて変化が速い

c0296630_13082124.jpg


3年ぶりのワイン教室。

福田武先生のダジャレ満載の講義は鼻で笑いながらも記憶に残る。

そして、いかに美味しく食べ、飲み、幸せな食卓と仲間と楽しむことを教えてくれる。

食は、毎日のことだから、新しい知識はすぐに活かせる。

私の、なんちゃって料理レッスンも、レシピが増えた喜びより、キッチンに立つ楽しさ、人を招いてのハッピー体験の報告がずらり。


食べるから始まる幸せ、大事にしたい。


何か感じた方、2月の薬膳ダイニング部にいらしてください。冬から春へ、体を楽に慣らす方法をお伝えします。


クービック予約システムから予約する

[PR]
by yuristyle | 2017-01-14 13:08 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

得意料理をみつけて幸せ力アップ


c0296630_22400930.jpg

最近、移動が多く、こんなの食べてたら2キロも太りました。「痩せてるから2キロくらい太ってもいいでしょう~」と言われますが、私、皆さんが思うより体重あるので、立派に中年体形になっています。絶対、今週中に戻してみせます!(無駄な宣言)ちなみ、このデザートにお茶がついて850円。三重県津市のペコリーノのカフェ、コスパ良すぎです。

さて、今日の得意料理をみつけて幸せ力アップは、佐藤富雄先生から聞いた話を書きます。

実は、私が料理に興味を持ったり、気軽に人を自宅に招くようになったのは、ひとえも、ふたえも、佐藤先生の影響です。先生に出会うまでは、人を招くなんて、本当に本当にイヤでした。いつも言ってますが、人なんてよんだら、百害あって一利なしと思っていました。

人が来るってことは、掃除はしないといけないし、料理は考えないといけないし、頑張って作っても美味しいと思ってもらえるとは限らないし、来客用のお皿やグラスも買わないといけないし、おしぼりとか買いに行くのも嫌だし、こじゃれた料理ださないといけないし、お金もかかるし、後片付けも大変だし、休み1日つぶれるしって、言い出したらもっともっと嫌なこといっぱいありました。

でも、佐藤先生のセミナーの時、後ろで事務仕事をしながらも耳に入ってくるのは、「女性が幸せになりたければ、料理をしなさい、人を呼びなさい、おもてなしをしなさい」という話でした。複数のセミナーでおっしゃっていたので、呪文のように私の耳に入って浸透していきました。

中でも、私がなるほど!っと思ったのが、この言葉です。

季節ごとの得意料理をみつけて、その時期になったら、「あなたの●●を食べたいです」と、言われるようになりなさい。

季節の得意料理ができると、その料理を食べた人に、「秋になったな、あの人の、あの料理を食べたいな」など思い出され、次には、この美味しい料理を自分の大切な人や友達にも食べてほしいと思われて、次は、その友達も呼んでいいですかと言われるようになったら、大成功。初対面の人でも、自宅という空間を見せることで、一瞬にして仲良くなり、深いつながりができ、いろいろなつながりの中で、人生に大きく影響を与える人に出会えたり、自分では思いがけない展開が向こうからやってくるようになる。

なんだか、この言葉が妙に心に残り、いつの間にか、気軽に人を呼べる自分になっていました。

別に、「誰か紹介して~」と思って人を呼ぶわけではないのですが、結果的に、そんなつながりができています。

私は自分の料理で「これ美味しいでしょう!」と自信を持って言えるものはないのですが、良く思うのは、お店で食べたとき、「これより自分で作った方が美味しい」と思うことはときどきあるのです。「これを生業にしている人よりうまくできてる」っと思う時、ちょっとだけ自分の料理にOKを出すことができたりします。なんだかとっても消極的で嫌味な認定の仕方と思いますが、正直なところです。

来週、メルマガ読者の方限定で、なんちゃって料理レッスンのグループ編を開催するのですが、ご参加頂く方に書いていただく事前アンケートで「得意料理はなんですか」とお聞きしたら、ムフフなお返事を頂きました。

レッスン後は、おもてなしを通じて、毎日を、人生を楽しくする力をアップして頂けるようにしたいと思います。特に、結婚したい人は、料理を頑張ってください!胃袋婚って言葉を思い出してください。先日のセッションで、「離婚しない理由」に「妻の料理が好きだから」というのがありました。離婚しない理由になるくらいだから、結婚する理由にもなると思いますから!


早く私も「あなたの●●が食べたい」と言われるように頑張りま~す。





ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2016-12-01 22:58 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

回路をつなげてくれた本

c0296630_11090092.jpg


佐藤富雄先生のこちらの本は、私の脳にある、人生を豊かにする回路をつないでくれました。

教えてくれたのは主にこの2つ↓


・「幸せを引き寄せる」手段に料理が使えること。

・人を食事に招くことは、人間関係を深め、自分の感性を磨き、人に喜んでもらう喜びを味わえる=人生を豊かにすること。

この本が出版されたとき、佐藤先生セミナーの中で言ったことがこちら↓

結婚したければ、料理をしなさい。人を自宅に招きなさい。料理をすることは、婚活に行くより結婚を引き寄せます。


私は、当時、料理もそんなにしていなかったし、人を自宅に招くのも絶対イヤだし、ましてや料理を出すなんて、とんでもないことでした。

だから、結婚したかったら料理をしろなんて、先生って意外と時代錯誤っと、ちょっとだけがっかりしていました。

でも、考えれば、佐藤富雄事務局のスタッフが、全員料理上手なことを思い出しました。大勢集まるときは、スタッフで料理を作るし、熱海のセミナーの場合は、先生の食事はたいていスタッフで作っていました。

みんな仕事バリバリやってますって人なのに、ササッと、ありあわせのもので何品も作る様子を見て、私が作る番が来たらどうしようっと密かにおびえておりました。

実際、私が事務局で働いている間に、スタッフの2人が結婚されました。それはそれは素敵なお相手と。

よく、「結婚したらこちらに料理を習いに来ます」という人がいます。

私、料理の先生じゃないので、結婚したらちゃんとした料理教室に行ってくださいとお断りしています。

私はあくまで幸せ体質のフォローアップ、望む未来イメージレッスンのための「料理編」だからです。

ちなみに、今月はこちらの予約が多いので、初心に戻ってこのあたりを読み直しています。

著作権、叱られるのか・・・と怯えつつ、書籍の一部を抜粋します↓

c0296630_11090660.jpg







**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
by yuristyle | 2016-08-18 14:03 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

ありがたい気持ち

c0296630_23175910.jpg


三重県からはるばる遊びに来てくれたのに、こんなにたくさんの野菜のお土産を頂きました。

電車なのに、忙しい方なのに、朝、わざわざ畑にいって野菜を収穫、足りないからと妹さんの畑にも行って持って来てくれました。(ホントはまだまだ頂きました)

とっても重いのに、神経痛なのに・・・ありがたい気持ちでいっぱいです。

思わず、これが終戦後の食べ物のない時代なら号泣ものだと思いました。

東北の震災にあった方が、久しぶりにスーパーに野菜が並んだとき、宝石に見えたとおっしゃった方がありました。

野菜=宝石

その発想はなかったのですが、お聞きすると、想像ができました。

日常は、ありがたいことで溢れています。

ご縁に感謝の毎日です。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
by yuristyle | 2016-07-20 23:38 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

開運料理人さんの「いのちのごはん」

c0296630_22233570.jpg


台湾の美薬膳堂さんで買っていた薬膳食材が、
著書、「開運ごはん」などで有名な「ゆにわ」さんに委託されることになり、
行ってきました「樟葉」まで。そ、わけあって電車とタクシーで(涙)

人気のお店なので、当日なんて予約できないよな~と思ったのですが、
なんと、ウェルカム状態でゆっくりさせて頂きました。

私が頂いたのは、ワンプレートランチ。
「軽めのコース」の料理は後日掲載しますね。

で、これが有名な「いのちのおむすび」↓

フリーで、いくつでも頂けるサービス。
小さくてかわいい↓
c0296630_22233802.jpg


開運料理人のちこさんも、食で幸せになることを信じて伝えておられます。

少しだけお話できて,良い刺激を頂きました。
書かれる文章と違い、とってもかわいらしいお嬢さんという感じの方でした↓

c0296630_22234028.jpg



20歳で車を買ってから、
初めての車なし生活4日目の私。
ブルー感満載ですが、今日は神様ごはんを頂いたので元気になるかもです^^




*********************************
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典もございます→☆★☆

※2016年4月からグループレッスン始まります

夢を叶える宝の地図の会 3月20日キャンセル待ち受け付け中です→☆★


Air Feel
個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを
[PR]
by yuristyle | 2016-02-07 23:00 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

食べる犠牲と無力感

c0296630_21504543.jpg


ベジタリアンの方に、殺生をしてまで、肉を食べる必要はないと言われました。

命を人間の手で奪う必要がないとの理由でした。

でも、このリンゴは食べていいのでしょうか?

リンゴには、目や鼻はついていませんが、
気分よく、木にぶらさがっていたかもしれないのに、
近くのリンゴと、楽しく話していたかもしれないのに、
ブチっともぎ取られ、こんな風にカットされるのです。

確かに、牛や豚が、育っていた場所から売られていく姿は、
何度見ても、申し訳ないなという気分になります。

育てている方も、お辛いだろうなと思います。

できた料理を食べるだけよりも、自分で調理をすると、
なおさら、命を頂いているのだなと思います。
鶏ももを切りながら、ごめんね、ありがとうと心から思います。

イベリコ豚でないとイヤだとか、
牛の等級表示を必死で探す自分が浅はかに感じます。

先日、私の大好きな水牛のモッツアレラチーズについて、
衝撃的なことを知りました。

なんでも、ミルクを出さないオスの水牛は、
食肉にもならないので、生きたまま、
口をロープで縛られ、捨てられてしまうと、
画像つきで公開されていました。

それも年間、もの凄い数の水牛がそうなっているそうです。

チーズの勉強をした際、
水牛がキレイ好きなこと、性格が温厚であることなどを聞き、
水牛ちゃん、カワイイ~となど思っていましたが、
実は、そんな話もあったのです。

この情報を公開されている方の主旨は存じませんが、
おそらく、こんなことはやめようという告発でしょう。

この話を知ってから、数日経ちますが、
なんとも言えない気分が続いています。
(あの画像が浮かぶ・・・)

でも、その事実を知っても、私には何もできません。

問題があった時、ひとりでも声をあげることが大事と言いますが、
私が毎日水牛の救済を叫んだところで、
何かが変わると思えません。

たとえ何かが変わっても、問題は水牛だけではありません。

友人に熱烈な愛犬家がいます。

犬の保護の話になると、顔色が変わるほどです。

でも、その友人は大の肉食派です。

国が違えば、食用にされている犬もあります。

牛は良くて、犬はダメ。

単に、自分が決めたルールですよね。



今日、スーパーに行くと、
大好きな水牛のモッツアレラチーズが売っていました。

いつも見つけると買いますが、
今日は手が出ませんでした。

でも・・・なんの意味もない行動です。

かわいそうな画像と、自分の無力さだけが残ります。

ああいうことを日々告発している方は、
いったいどんな食生活をしているのか、
聞いてみたいと思いました。

もしかすると、口論になるのかも・・・


と、〆もないまま、
美味しくできたりんごのデザートの画像に逃げて終わります。
昭和なデザートなので、昭和の器に入れてみました↓


c0296630_21445167.jpg



とりとめもない文章に、最後までおつきあい頂きありがとうございます。


********************************
幸せ体質プログラムCLASSY.でご紹介頂きました。

c0296630_23354732.jpg


読者特典もございます→☆★☆


夢を叶える宝の地図の会 残席わずかです→☆★


Air Feel
個人食堂grotta

お申込み、お問い合わせ先↓

パソコンからはこちらを
携帯からはこちらを
[PR]
by yuristyle | 2015-12-17 04:33 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

美味しく食べたい!

c0296630_18022218.jpg

居酒屋さんで見たペーパーランチョン。
書かれている言葉に、心の中で賛同です。

私は、とってもつらかった時期、
ある人がご馳走してくれた、
焼鳥屋さんのスープで元気になれました。

食べ物の味がわからなくなっていたのに、
その、ひとくちスープが、その後、私に、
食べることは生きることだと教えてくれた気がします。

なので、私にとって食はとっても大事です。
栄養だけじゃなくて、美味しく食べることも大事。

自分で作ってしまった美味しくないものは、
なんとか味つけして食べられるようにもっていくし、
あ~次回はこう工夫しようと反省し、
気持ちをあげることができます。

が、外食で美味しくないものが出てきた時、
これは本当にいただけない。

ひと目見た時、ひと口食べた時、
なぜ、これを、この味を、お金を取って出そうと思ったのか、
調理場に聞きに行きたくなる時がある。

1日、2回か3回しか食べないのに、
その1回が不本意なものになるなんてホントにイヤだし、
もしかして、それが最後の晩餐になるかもしれないのに、
うぇ~と思って食べるのって、ホントにイヤ。

と、思い、私は「美味しい塩」を持って歩いている。

なぜなら、たいていのまずいものも、
美味しい塩をかければなんとかなる場合があるからだ。
ぼやけた味の料理を我慢して食べなくても、
添加物臭のするドレッシングをつけなくても、
塩が強い味方になってくれる。

美味しくない料理が出てきたら、
私はすかさずポーチから塩を出し、
まるで、毒物を混入するかのようにこそっと塩をかけて食べる。
それでも美味しくないなら食べるのをやめる。

友だちには、「我慢して食べえな」とあきれられるが、
自分は食べたもので出来ていると思っているので、
私の細胞の中に良からぬ物質を入れたくない。


こんなこと、言ったり、書いたりしているから、
ズボラでテキトーなとこだらけの私が、
ストイックだと言われるんだろうな。。。
全然そんなことないのに。


食材に感謝して、美味しいものを作る。

「私、料理が得意なんです。」

こんな風に言えるように、なれるといいのにな~
[PR]
by yuristyle | 2015-10-26 19:00 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

旬にワクワク♪

c0296630_1036035.jpg


こちら、御歳90歳越えの現役農家さんからの頂き物。
今朝、裏山で掘ってくださり、三田の山奥から配達してくれました~(元気だ)

思わぬプレゼントにワクワク。

ちょうど、朝からシチューを作るという珍しいことをしていたので、
こちらのたけのこと物々交換。

私も嬉しいし、おじいさんも喜んでくれました。

今日から5月。

嬉しいスタートになりました。

さ、ヌカでゆがかねば♪


ちなみに、ダイニング部では、こんな旬も大事にしています。

近日は6月1日、3日に開催予定。
ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
[PR]
by yuristyle | 2014-05-01 11:42 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

実はこっそり部活をやっています

もう2年目に入るのですが・・・実は、秘かに、

「食らぶ」=しょくらぶ

なんて、私には珍しいダジャレっぽい倶楽部を作っています。

活動内容は、会員になってくださった方に、
食品や飲料、器など、食空間にかかわるもので、
私がご紹介したいアイテムやお話をメールにて配信。

入手困難食品や、海外の珍しいもの、お安く買えるものなどを集め、
会員の皆様にご案内しています。

会員の皆様と、食空間で遊ぼうと、企画したものです。

ただ・・・私の時間の使い方が下手で、充分なご案内ができておりません!
会員の皆様、ごめんなさい!今年はご期待に添えるようにします!

で、今まではお買いものの窓口(共同購入の班長みたい)でしたが、
今年は、食らぶの皆様で遠足に行こうと企画!(たった、今)

この春、ちょっとドライブを兼ね、器探しに行こうと思います♪

私の車に乗れる定員は3名(4名だと真ん中に座る人がかわいそうなので)、
マイカー参加の方も歓迎。

といっても、会員自体少ないので全然いけるかも・・・汗

この倶楽部は、ぜひにっという方にだけお声をかけて発足。
2年前からお声をかけたい方も増えたのに・・・おさぼりしたまま。


とにかく、後ほど食らぶの皆様にはご案内メールを送らせて頂きますね。

春の一日、郊外でココロを自由にしてあげましょう♪



追記

最近ナッツを3つ買われたAさん、Aさんは準会員ぽくなっています。
よろしければ、会員様におなりくださいね^^

[PR]
by yuristyle | 2014-03-26 11:58 | |― 食とココロの関係 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧