カテゴリ:★こころの悩み解決コラム( 29 )

虫の知らせに従ってみる【こころの悩み解決コラムNo.100】

c0296630_03465137.jpg


今日はこころの悩み解決コラムの100号目。アントレサンクとして書く第一号。

張り切ったものの、、、なんと夜中に叔父が亡くなり先月に続き隠れ喪主をつとめることに。

コラムの内容を変更して、「虫の知らせをキャッチできる五感をみがきましょう」のススメです。

五感を磨くことは命の危険も回避できるってこと、ご存じですか?なかなか侮れない五感です。

今日の私の例は、叔父の死を五感がキャッチしていたと思います。

というのも、今夜、決まっていたワイン会を理由もなく断りました。
なんとなく、すごく行きたくなくなったのです。ワイン会をそんな理由でキャンセルするなんて、今までにはなかったことです。

次に、すっごくワインが合う晩御飯だったのに、「お酒いらない」って思って握ったボトルを元に戻しました。

で、ご飯をたべて、もう寝る用意をしようかと思った時、、、

急に叔父の顔が浮かんで先月が誕生日だったことを思い出しました。

なので母と去年施設で祝った叔父の誕生日の話をしていて、来月は用事がなくても会いに行こうと思っておりました。

すると、1時過ぎに自宅の電話が鳴り響き・・・慌てて電話の表示を見ると叔母からの電話。

真夜中の電話、理由は一つしかありません。

駆けつけてみて様子を聞くと、どうも私が叔父のことを考えていた頃に容態が悪くなったようでした。

ワイン会を断ったり、ワインを飲まなかったのは、夜中に運転しなければいけないということのようでした。

飲んでいたら、すぐには動けなかったと思うので。

てな感じで、虫の知らせをまたもや感じた次第です。

五感って、いろんなことを教えてくれているんですよ。

ちなみに、私は五感磨きをいろんなことでしています。

つまらないことで言うと、ガソリンを入れるときも。

私はあえてセルフのガソリンスタンドに行き、「満タン」の設定にして、目をつぶってガソリンを入れます。で、自分で決めるんです。5555円で止めるっとか。

メモリを見ず、自分が5555円をあてられるかどうか。

最初は全然見当違いでしたが、何度かやると結構いろんなニア状態が得られます。

ばかげてるかもですが、ぴったりだったときには思わず心の中でガッツポーズです。

なんだかまとまっていませんが、やること山盛りなので今日はこれにて失礼します。

今日ご予約頂いている方、通常通りお越しください。なんら問題ありませんので。
明日遊びに来てくれる予定だったお二人は、せっかく日を決めたのにごめんなさい!

まさか毎月葬儀を出すことになるとは・・・2017年は特別な年になりそうです。

では、また月曜日の夜に・・・





[PR]
by yuristyle | 2017-06-19 09:46 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

黙っていても心は伝わる【こころの悩み解決コラムNO.99】

c0296630_21432369.jpg

苦手な「ステーキを美味しく焼く」にトライした私。鉄板の上でガーリックチップを作ろうとセルクル(このわっか)を使ってオイルを囲んだけど、一瞬でオイルが漏れ出て作戦失敗ガッカリするの図。

今日のコラムはガッカリつながりで「黙っていても心は伝わる」話です。

もちろん、「思っているだけでダメ。言わないとわからないっ!」て話もあるのですが、今日はそのカテゴリーのお話ではありません。

実は複数である会話をしていた時のこと。

会話の中で、私が心底ガッカリッする言葉を聞き、自分の中で「ポキっ」と心が折れる音が聞こえたときがありました。

でも、状況的に私がその感情を出して良い場面ではなく、いつも通りタンタンとやり過ごしたつもりでいましたが・・・

あとからその場にいたからからこんな風に言われました。

「あのとき、口調も顔もいつも通りだったけど、あなたのオーラがカッガリしたのがわかった。」

オーラがガッカリ!

長年生きてきましたが初めて聞いた言葉でした。

でも、なるほど~と納得。

私はガッカリを見せず平常心を装いましたが、バレバレで、しかも、バレちゃった理由が表情でも、口調でもなく「オーラ」って。。。

ちなみにそれを言ったのは「見える系の人」でも、「スピ系」の方でもありません。

そして同時に、私がガッカリオーラをフルに出したらしいその瞬間、「オーラがガッカリしてた」発言の主の無言の言葉を私もキャッチしていました。

それが「わ!そんなの今言っちゃだめなのに・・・」

なぜ、私がそのことに気づいたかというと、視界に入っていた彼女のカラダが、キュっと小さくなったと感じたのです。

それは、表情をみたとか、動作が変わったとか、身振りがあったというわけではないのです。彼女は微動だにしませんでしたが、私の周辺視野がキュッと小さくなった彼女を感じたのです。

こんな風に、「黙っていたらわからないだろう」ってのはあまりありません。

もちろん、相手の意識にそれが届くばかりではなく、相手の無意識に届くのです。互いの無意識どうしの会話ってのもあります。

だから、嫌なことを我慢して愛想笑いしても、思ってもいないお世辞を言っても、相手の心はしっかりとあなたの本心を感じているのです。

そうなるとつくろう必要はないのかもしれません。正直に生きてもいいのかもしれません。

だって、どうせ伝わるんですから。。。

今日のこころの悩み解決コラムはこんなワークを提案します!

★自分が口に出さずに思っている言葉を全部書き出す!

これ、やってみてください。

スッキリする場合と、私ってこんな風に思っていたんだ~と新たな発見をする場合があるかもです。

私は昔、「申し訳ない」と思っていたことを紙に書きだしたら、「わ、私ホントは怒ってるんだ!」と発見したことがあります。

発見した後のことはまた後日書くかもですが、今日の段階では、「気持ちを書き出す」に集中してください。

きっと、その時間を使う価値はあると思います。

では、また月曜日の夜に~






[PR]
by yuristyle | 2017-06-12 22:41 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

結婚。病める時も、、、【こころの悩み解決コラムNO.98】

c0296630_23502903.jpg

有名な「誓いの言葉」↓

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

よくよく考えてみれば感慨深いフレーズですよね。

先日、1年ほど通ってくれていた方がめでたくご結婚されました。

初めてお目にかかったときは、「私なんて・・・」「どうせ私は・・・」が口癖の方でした。

お越しくださった目的はただひとつ。「結婚すること」でした。

私はまず「私なんて」病を治しましょうとお伝えし、進んだり、戻ったりしながらご一緒してきたので、今回のことをとてもうれしく思っています。

今は幸せいっぱいという感じで、いつも彼のお話をしてくださいます。


反対に、私のところには、「離婚したい」という望みを持ってきてくださる方もおられます。

目的が離婚なので、当然ご主人に対する不満が出てきます。

何事も時がたてば変わりますし、「命ある限り真心を尽くす」のは難しいかもしれません。

ただ、私が思うのは、自分の体験も含めてですが、

一旦、この誓いの言葉を思い出して欲しいのです。

神様の前で、「病めるときも」と誓ったのです。きっとその時はフムフムと思ったはずです。

私もむか~し、美容院のお兄さんから言われました。

とめどなくオットの不満を言う私に「でも、病めるときも一緒にって十字架の前で誓ったんやろ。じゃ頑張らな。神様に誓ってんから。」

若かった私が返した返答は「私、教会じゃないからそんなん誓ってないもん。」でしたが、、、こころの中では、そうだな~と反省したことを覚えています。

一夫一婦制や生涯一人の人と添い遂げることを重んじる時代ではなくなりつつありますが、もし、パートナーに不満を感じたときはこの言葉を思い出してはいかがでしょうか?

「病めるときも健やかなるときも・・・」


山ほど人がいる世界で、奇跡の連続により出会ったお相手なのですから。

今日はこころの悩みコラム的ではありませんが、ご結婚が嬉しかったことに免じてお許しくださいませ。

では、また月曜日の夜に・・・







ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-06-05 22:33 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

イライラの原因をチェックする【こころの悩み解決コラムNO.97】

c0296630_06273046.jpg

朝の6時に出発しヨットハーバーに行ってきました。滞在時間30分ですが充電できた気がします。無理やり、ここはヴェニスだと錯覚する努力をしてみましたがどう考えても西宮でした。

さて、今日のこころの悩み解決コラム(朝になったけど・・・汗)テーマは「イライラ」の原因をチェックするです。

私がメインにしているセラピーは問題の「原因」はあまり探らず、無意識におまかせで原因を取り除く方法ですが、今日はちょっと特別です。

まず、イライラで今困っている方は、「なぜイライラするのか」を考えてみてください。

イライラする場合の多くは、自分の望まないことが起きているからってことが多くないでしょうか?

もし、そうなら逆の発想で「どうだったら良いのか」を考えてみてください。

例えば、「自分ばかりに負担がかかる」という場合は、その負担は「本当はどうしてほしいのか?」を考えてほしいのです。

仮に、「夫が助けてくれない」という不満があるなら、夫に「助けて」と言ってみる。などです。

その他は、このイライラが起こるもっと前の状況を思い出してください。

わかりにくいので以下に「2人の子育てでイライラしている●●さん」への質問を例にします。

●●さんは一人目のお子さんの子育てでイライラされていました。

このイライラ状態で二人目を望まれたとき私は聞きました。

「一人でもこんなにイライラするのに二人目ができて耐えられますか?」

●●さんのお答えは、「できる」「やっぱり2人目が欲しい」でした。

結果めでたくお二人目誕生。

しかし、イライラも誕生。。。

ではここで、「このイライラを超えてまで子供が欲しかった時の気持ち」「待望のお子さんを授かっている喜び」を思い出してほしいのです。

話は変わりますが、夫が大嫌いな友達が言ってた言葉もここでいう意味に近いです。

「主人は大嫌いだけど、あの人と結婚したからこの子ができたと思うと耐えられるし結婚して良かったと思える」

ま、子供のいない私がこんな例をあげても何の説得力もないし、勘違いなことを言ってる可能性大ですが・・・ニュアンス、だけ受け取ってくださいませ。

まとめると・・・

イライラの原因を探って改善策を探す

でしょうか。。。



では、いろいろ後ろめたい気持ちを持ちつつ「また月曜日の夜に・・・」





[PR]
by yuristyle | 2017-05-30 07:18 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

お金はゼイタクを買うだけじゃない【こころの悩み解決コラムNO.96】

c0296630_23211056.jpg

病室から見た朝の景色。なんとか朝をむかえ通常通りコラムを書く時間が取れました。

今日のこころの悩み解決コラムのテーマは「お金」です。

お金なんていらない。お金は汚い。という方に読んでほしいです。


日本は公の「お金の教育」というものがないので、育った環境でお金の価値観が決まる場合が多々あります。

お金って、ただの紙切れなのにとても感情がのっかっています。ただの紙切れといいつつ、万人が「お金」の力を知っているので燃やしたり破ったりできる人はまずいません。

私にもある程度のお金の価値や感情があるのですが、病人を抱えてからのこの何カ月、お金ってゼイタクや豊かさだけでなく命も買えるんだと思う機会がありました。


病気になると診察室で結構お金の話をされました。

わかったことは、お金のあるなし、出せる出せないによって命をつなぐことができるってこと。

診察の度に、こんな風に聞かれます。


この治療受けますか、受けませんか?受けるなら高額です。

この薬、飲みますか?飲みませんか?全額自己負担なので1錠が何万です。

緩和ケア病棟に入りますか?有料ならすぐに入れるけど無料なら何か月待ちです。どうしますか?


治したいと思っても、お金がないと治せないのですよね。

あ~命をつなごうと思ったらお金がいるんだ~と小学生なみに思ってしまいました。お金、持ってなくちゃ~と改めて思いました。

時々、お金は汚い、いらない、という方がおられますが、ないよりある方がいいかも。だって命も買えるんですから。

そして、今回すべての検査や治療を望みましたが、体力がついていかず前に進むことができませんでした。

なのでお金で治療をする機会は買えるけど、健康は買えないということです。(ある程度買えるけど)

いちど、ご自身の健康とお金に対する価値観や姿勢を確認してみてはいかがでしょうか?

少しは意味のあることだと思うんですけどね。

では、また月曜日の夜に・・・






[PR]
by yuristyle | 2017-05-22 23:56 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

変わるのは覚悟がいる・かも【こころの悩み解決コラムNO.95】

c0296630_21272869.jpg

イタリアかと錯覚させる店にて。リクエストされたキリンビールを却下し、勝手にオーダーしてやったイタリアビール^^どこの国の料理でも、いつも飲んでいる味が良いのでしょうね。

さて、私は仕事で「人生を変えましょう」などと言っています。
なので「変わりたい!」という方がやってきてくれます。そうお金を出してまで。

でも100%の方が「変わる」わけではありません。いえ、正しくは「変わることをやめる」方がちらほらおられます。

途中で「もういい」とか「やっぱり今が良いです」と仰るのです。

私はその理由を「潜在意識が持っている今のままが一番という現状維持システムに勝てなかった」としていましたが、最近新たな理由を感じたことがありました。

自分が身をもって「変わることの大変さ」を体験したからです。

「変わる」って、今の自分を否定されることなのだなっと思うことがあったのです。


私の場合、性格や悩みを解決するというテーマではありません。

なんとホームページの作成過程において感じたのです。

今、自分のホームページを作っています。いつまでやってんの??と言われそうですが、本当に進まないのです。

理由はコンサルのOKがでないからです。

今までは自分一人で作っていたので色やデザインをこだわったところで一カ月もあればできていました。

しかし今回はもう半年近くかかっています。尋常じゃありません。

OKがでないのは文章です。他には仕事の内容です。


例えば、結構頑張って書いた文章も門前払い的な反応が返ってきます。

自分が大事にしてきた内容も意味がないと言われることもあります。

それはイヤだ~と思うことも、やるべきだと言われます。

それがたまりにたまったころ、私が思ったのが・・・

「これでやってきたもん!」

でした(苦笑)

言われることはとっても確信をついたアドバイスで反論する理由がありません。
正論でごもっともなお話です。

なのに私が感じたのは「自分を全否定される感覚」でした。


でも、変わりたいから助けてもらっているのです。

今のやり方で「よしよし」と言ってもらっても私が変わることはありません。

何かを変えないと結果は変わりません。

改善点があるから教えてもらっているのです。

改善点に気づかないから変われていないとも言えるのです。


この変わるプロセスで自分を変える覚悟ができないと、やっぱりやめます。今が良いですってなるんですよね。だって今の自分も、そんなにダメなことないんですから。多少の不満があっても、それでやれてきているのですから。

誰だって、あれできてない、これもだめ、ここは変えなくちゃっと連続で言われると嫌になりますもんね。

「変わる」には覚悟が必要で、変なプライドも横に置いとくことも必要なのかなっと気づく経験でした。

おかげで自分が人の変化を応援するときの姿勢も変えた方が良いと思うおまけも頂きました。

変わるには覚悟がいる場合もあり、重い荷物を持って山を登るのは大変ですが、頂上の景色はサイコーなのと同じかもですね。

今、変わろうとして挫折しそうな方、今日の話が何かのきっかけになれば幸いです。私も、叱られていますしね(笑)

ではまた月曜日の夜に・・・






[PR]
by yuristyle | 2017-05-15 22:59 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

起業するときの踏み絵【こころの悩み解決コラムNO.94】

c0296630_14385633.jpg


2年前の誕生日に頂いた胡蝶蘭。昨年に続き今年も咲いてくれました。胡蝶蘭ならではの矯正ワイヤーは使わず、好きな方に伸びて咲いてもらっています。矯正(強制)されるの、人間でもイヤだと思いますから。

さて、今日のこころの悩み解決コラムは「起業」を目指す方に向けて書いてみます。

今、起業ブームなのかなっと思うほど、あちこちで「起業」したいという方に出会います。

すでにビジネスモデルがしっかりある方から、なんでもいいから起業したい方まで様々です。

その方たちを見て思うのが、起業を目指すプロセスに出てくる「踏み絵」のようなハードルです。

なりたい状態や理想の未来を手にするために「ここ」を超える、「あれ」をやる、みたいなポイントが出てきます。

例えば、こんな感じです。

・起業はしたいけど、顔出しはイヤ
・友達に営業したくないけど、ネットは苦手
・リーフレットが必要だけどパソコンできない
・勉強したいけど旅行にも行きたいからお金が使えない
・やることありすぎて私にはムリ

などなど。

魔法を使って、一夜にしてサロンオーナーになれたらいいのですが、多くの方はオーナーになるためにしなければいけないことが多々あります。

すっごい自己資金があって、「何もかも外注でOK。プロにおまかせ!」という場合は可能かもしれませんが、自分のスキルは必要になると思います。

なので、やっぱり「自分がやらないといけないこと」は大なり小なりあるのです。

そのプロセスは、業種が変わっても変わらないことがあり、そのプロセスをどこまでこなせるかで結果が変わるように思います。

例えば・・・

・勉強はしたけど、始める勇気がない
・コンセプトは考えたけど、外部に発信するのはめんどくさい
・名刺はできたけど、配るところがない
・場所さえあればできるけど、探すのも大変そう

みたいな。

起業する過程に超えないといけないいくつかのハードル。

ハードルが見えたとき、どう動くかで結果が変わります。

下のボトルはオーラソーマのボトルの7番。名前を「ゲッセマネの園」と言います(私の誕生日ボトル)ボトルのテーマは「信頼を試す」

c0296630_23064282.jpg

ゲッセマネの園とは、キリストが最後に信仰を貫くかどうか悩んだ場所と言われています。

これと同じように、起業には、「本当にあなたは起業したいの?」「これをやってまで起業したいの?」「その起業したい気持ちは本気?」

というように、「問いかけ」があるように思います。それを私は「踏み絵」のように感じるのです。

今、起業を志している人は一度「起業すること」について考えてみてはいかがでしょうか?

これから先に続くプロセスをクリアして、チャレンジし続ける気持ちがあるのかどうか?

「起業」は、起業することが目的ではなく「継続すること」が目的だと思います。

継続も、何かしらの努力はついて回ります。

それ、やっていく覚悟はありますか?

前にも書いたことがありますが、私が大阪市の起業支援を受けていた時の公認会計士の先生の言葉を書いておきます。

第一回目の集まりで言われた言葉です。

「あんたらはアホの集まりや。そのまま会社に勤めてたら決まった給料をもらえる世界を捨てたんやから。ホンマにアホや。

でも、そんな楽なことを捨ててまで、やりたいことがあったんやから最後まで頑張れ。何がなんでも頑張れ。」

いかがでしょうか?


ここまで読んで頂き「起業はしんどいよ~~~」と呪いをかけたみたいかもしれませんが、違いますよ!応援です。応援!


頑張って起業できたとき。「好き」を仕事にできたとき。本当に、本当にうれしいことがたくさん待っています。

「頑張ってよかった~」「あの苦い経験が今の私を作っているんだ」「やってよかった」と満足感に包まれる体験が待っています。

なので、志のある方はトライしてくださいね。私でよければ微力ながらお手伝いいたします。

仕事が楽しい~と感じる方が増えますように。


では、また月曜日の夜に・・・






ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-05-08 23:29 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

イメージできない人は「まね」から【こころの悩み解決コラムNO.93】

c0296630_19192836.jpg

一眼レフカメラ、やっとのこと買いました。

されど、カメラを買ったからと言ってすぐに良い写真が撮れるわけではありません。

撮り方さえわからないし、やみくもに撮っても上達は望めません。

そこで写真の本を見ると、共通して書いていることが

「まずは、どんな写真を撮りたいかイメージしましょう」


まずはイメージするって・・・

「なりたい状態をイメージすれば叶う」という願望達成と同じですよね。

ただ、イメージしようにも撮りたい写真=なりたい状態がわからなければイメージもできません。

そこで私はこんな本を買いました↓

c0296630_19192962.jpg

ここには、いろんなシーンでスタイリングして撮られた写真が載っています。

どう撮ればこのような写真が撮れるかスタイリング方法やカメラの設定が詳しく書いてあります。

他には、自分がどんな写真を撮りたいかを見つけるにはいろんな写真を見なさいとも書いてあります。

ようは、好きなものをまねすることから入ればいいのですよね。

イメージができなければいろんなものをみる。

見て良いと思うものをまねする。

夢を叶える未来日記の書き方でも、まず、どんな生活をしたいか見て、調べてもらいます。

ぽわんっとイメージするだけでは、イメージできているとは言えず叶う確率も低くなります。

まずはなりたい状態をまねる。

今、

なんとか自分を変えたい
何かを変えたい
これが欲しい

など思っている人は、まずなりたい状態をまねすることから始めてみませんか?

では、また月曜日の夜に・・・(日付変わったけど)


ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-05-02 04:54 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

思い出の品にしがみつかない【こころの悩み解決コラムNO.92】

c0296630_21262459.jpg


このカメラ、私が30年ほど前に買ったものです。
目的は、憧れのエジプトで、「スフィンクス」を撮るために。

当時、気軽に行ったカメラやさんで、「スフィンクスを撮る用のカメラください」と言ったら、ボンっとこちらを出してくれました。本体とレンズを買うタイプで、え!カメラってレンズ別売り!っと驚いたものです。が、次にもっと驚いたのが、このお値段。私が思っている予算と桁が違いました。

で、でも、夢にまで見たスフィンクスをキレイに撮りたいので、ここは我慢。う・・・高い~重い~と思いながら買いました。

しかも、お店の人には精密機械だからスーツケースに入れるなと言われ、伊丹空港から成田、エジプト、ギリシア、トルコ、ローマと、ず~っと、これを持ち歩き、重たくて、肩、ちぎれそうになりました。さらには、あこがれのスフィンクスは補修中で、無数の足場に包囲され、写真を撮る価値はなかったというおまけ話つき。

こんな感じなので、私にはこのカメラは思い出いっぱいで、さらには、この旅行以外、まったくこのカメラをつかっておらず、私の中では、このカメラの思い出と最初に買った価格の高さと、ほとんど使っていないという「モッタイナイ」精神だけが存在。時代は、フィルムカメラなんてなくなりつつあるのに・・・

どうしたものかと思っていたら、先日、写真学校に行っている友達が言いました。

「カメラは消耗品だし、手入れもいるし、長い間放置していたら使えなくなる」と。

私は、帰って慌ててカメラを納戸から発掘。

久しぶりにカメラバッグを開けると~~~カメラの一部が白に変色、一部に、落としてもいないのにヒビ割れがビ~~~っと1本。さらには、ゴムっぽい部分がネチャネチャに。

こうなったら、もう思い出も何も消え、未練たらしく持っていても意味がないことに気づきました。ここまで来てやっとです。

古くて下取りもしてもらえないので、いつか、フィルム写真に目覚めようかと思っていましたが、もう、使うどころか、持つだけで手が汚れます。

その時に思いました。

思い出の品って、心に残すだけでいいのかなっと。

納戸に放置して、変色したり、劣化していることも気づかないくらいなら、大切ぶって、置いとくのは、モノにも失礼で、単に自己満足なだけなのではと思うようになりました。

なんでも、循環が大事なのかもですね。

あなたのおうちにも、同じようなもの、ありませんか?

本当はもう、手放してもよくないですか?

手放して、スペースが空いたら、何か新しいものが入ってくるように思いませんか?

一度、おうちの中を、心の中を点検してみてください。

循環、させられるものがあるかもですよ。

ちなみに、私のこのカメラ、新しいカメラを買うので5,000円で下取りしてもらえることになりました~たとえ、部品だけでも、使ってもらえたらな~と思います。

では、また月曜日の夜に・・・




ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-17 22:17 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

煮詰まったら居場所を変える【こころの悩み解決コラムNO.91】

c0296630_22472191.jpg

今日は、う~~~と煮詰まっている方へのお勧め解消法です。

例えば私の例で書きます。それが、こちらの画像の、ランチだけを食べに行った丹波のスパニッシュ、ルナパルパドス今田さん。

私は、このとき、本当に時間がなくって、することいっぱいで、丹波にランチを食べに行ってる場合ではないのですが、意識を変えるために、時間を調整して行ってきました。トータル4時間くらいの所要時間でしたが、それまでのストレスが解消されました。

そして、こちらに書いたような文句にあふれていた私には、今田さんの、丁寧に作られた、ゲストを最大限喜ばせようという気持ちにあふれたお店に料理に癒されました。

時間がない中でも、意識を変えたいときは、今いる場所から出て、非日常の場所に行くことをお勧めします。

私の師匠の佐藤富雄先生も、同じことを推奨されていました。先生は、その方法として、3つの拠点をお持ちでした。熱海の海岸前の教室と自宅、北海道の別荘、東京のタワーマンションと。

3つの拠点がある理由は、移動して住まいを変えることで「自分の意識空間も広がるから」

私は、なるほど~と納得。移動している間に、意識も変わり、別の場所で食べて寝て暮らすことで解放感や非日常を味わえるのだと想像できました。

私には別荘はありませんが、車を点検に出すと、毎回、「山下さんほどの走行距離の女性は珍しいです」と驚かれます。その移動で、意識が変わったり、広がっていたり、するのだと思います。

また、逆に私が反省すべきは、海外に行くことが当たり前でなくなっていることです。最近では、行く気にもあまりなっていません。きっと、以前より、どこかの部分が小さくなっている気がします。ガッカリ。

話は変わりますが、部屋から意識を変えて、未来を変えるルームセラピー講座を主催したのですが、その時も、自分がいる空間が、自分の未来を決めると教えてもらいました。

今、煮詰まっている方は、無理をしてでも時間を作って、どこかに出かけてみてください!

私は、近場なら、伊丹空港へも行きますよ♪4階のデッキに、飛行機が見えるお店があって、そこで一杯ひっかけながら、空と飛行機を見ていたら、なんだか、遠くへ来た気分や、これからどこかに旅をする気分になって視点の高さが変わります。

これなら、時間にして2時間あれば上等です。しかも、現実には、空港でお漬物買って帰るだけですが、いい気分になるもんです。

空港まで遠いって方は、うちに来てください。時間帯によれば、飛行機が地下鉄なみの頻度で往来する時間があります。空が近いし、静かだし、洞窟にいるみたいってたまに言われます。(空が見えるのに、なんで洞窟??)

ま、どこかに行ってみてください。きっと、気持ちも変わると思いますから。

では、また月曜日の夜に・・・



ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-04-10 23:39 | ★こころの悩み解決コラム | Comments(0)

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧