カテゴリ:|― 色恋はなし( 2 )

「一線を越える」って昭和チック

c0296630_09023018.jpg

最近テレビを見ていたら初めて見たときは子供だったアイドルがママになり、議員になり謝罪会見をしていました。

で、その中で笑ったのが「一線を越えていない」発言。

「一線を越える」って、なんとも昭和チックで、この平成にそんなこと気にする人いるのかなっとか、もう「死語」に近い言葉を使う恥ずかしさってないのかなっとか、彼女は以外に昭和の人間なのかといろんな「?」がわいてきました。

さらには、その後のお相手の会見時、レポーターたちが必死に連呼する「一線を越える」発言も失笑でした。昭和どっぷりのレポーターがわかりきっている「一線を越える」という内容の中身を問いまくる姿。思わず日本って平和だったのかと錯覚させられると同時に、昔見た映画を思い出しました。

それが、「恋に落ちて」

ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープが主演の映画で、内容はわかりやすく言えば「W不倫」の話。でも、当時は「大人の純愛」として受け入れられ高校生になったばかりの私もこの世界観に引き込まれました。

この映画で私が学んだのは「一線を越えないことの罪」

映画の中でデニーロが妻に自分に好きな人がいることを告白するシーンがあるんですが、その中でデニーロは妻に言います。

「彼女とは何もなかったんだ!」=(一線を越えていない)

それを聞いた16歳の私は、その発言で妻は安心すると思ったのですが、次に衝撃を受けることになりました。

「一線を越えていない」発言を聞いた妻は、なんとデニーロの頬を平手打ち。そして言います「その方がもっと悪いわ!」

私は、このときはじめて知りました。一線を越えるだけが浮気ではないと。肉体的なことより精神的なつながりが妻を傷つけることを。

「うわ!大人って大変~」と思いながら「不倫なんて汚い」と思っていた女子高女子の私は一変で「大人の純愛」に目覚めました。

未だにこの映画はW不倫の映画でなく、純愛物語だと思っています。

この映画の印象が強烈過ぎたのか、私は「結婚していても双方が求めるなら新しい道を選んでもいいのでは」という考えを持っています。もちろん、その代償は払ってもらわなければなりませんが^^

アイドル議員の騒動のおかげで、好きだったラブストーリーを思い出せました。それと、「恋っておちるもの」だってことも。

自分の生活を安定させるためや、世間体、親を安心させるために結婚を求めるより、まずは「恋に落ちる」ことを求めてもいいのかもしれませんね。むふふ。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-30 09:46 | |― 色恋はなし | Comments(0)

私が思う恋愛におけるNG質問

c0296630_23361017.jpg

こちら、甘党でない私が食べた瞬間、美味しい~~と思い、次の週に同じ店に行って「あれはないのですか?」と聞いてまで食べたかったデザート。

甘いもの、たまには美味しいですよね。

でも、今日は甘くないお話。

先日のセッションでも、私が思う恋愛におけるNG質問をした方の恋が終わってしまったお話です。

その質問は、まだ付き合いましょうと合意を取れてない時に飛び出して不幸を招く質問です。

その質問は、私が聞く限り、それを聞いてから疎遠になったというキャリアを持つ質問です。

その質問とは・・・

私のことどう思っているの??


これこれ、これです。これは私には非常に危険な質問という認識があります。

ちょっと考えてみてください。

自分が、たいして興味のない異性に、この質問をされたときのことを。

これ、非常に答えにくくないですか??

だって、相手の方とはなんらかでご一緒している方のはずです。例えば、職場、サークル、習い事、などなど。道端でナンパしてきた今日限り会わない相手でなく、今後も会い続ける状況の人から、こんなことを聞かれるのです。

あなたならなんと答えますか?

「普通です」とか「なんとも」という返事もしにくいし、「しょうがないから口をきいているだけ」なんて絶対に言えないし。


私も、人生で何度かこの質問を受けましたが、いずれも来世でも恋愛対象じゃない~嫌いの間に属する人にしか聞かれたことがありません。

そのたびに、取り繕うのに四苦八苦です。さらに、その後はそのサークルや団体に行けなくなってしまうこともあり、なんてことを言ってくれるんだとうんざりしたこともあります。※「私に好意を持たない男はいない」と断言する親友からは「そんなことを言わせないようにあしらわないあんたが悪い」などとご指摘を受けましたが。

私はこの手の質問をしたことはありませんが、もし、私がこの質問を投げるとしたら、それはそれはもう、私に間違いなく好意を持っていると120%確信できるときで、それを言うことによってなんだか心地よいこと言われていい気分になりたい、くらいのモードのときしか言いません。(そんなモード20代前半で燃え尽きたけど)

話は戻ってこの質問ですが、そもそも、こんなことを聞かないといけないくらい、相手の反応は薄いということだと私は認識しています。

もしくは、今はちょっとお試し期間など思っているときに、この質問を頂くと、「うわ・・・逃げれなくなるかも・・・」などと思ってしまうかもしれません。

不確かさを確認するために、もうちょっと距離を置いてみていたら育ったかもしれない芽をつむ方が結構います。ときどき、男女ともに話す機会のあることもあり、そんなときに男性が決まって言うのは、「もうちょっと普通にしてくれていたらつきあったかもしれないのに」

あ~モッタイナイ!と叫びそうになる瞬間です。

私の考えですが、男性は結構顔に感情がでる生き物だと思います。

5回終日一緒に過ごした普通の容姿の女性は覚えてないのに、1回ちらりと来ただけの美人を記憶している男性もおられました。

ある男性は、興味のない女性なんて、風呂屋の絵と一緒(景色くらいにしか思ってない)とおっしゃいました。

一目見てある女性を気に入った男性は、私が見ていても、「今ここで食べはじめたらどうしよう」と思うくらい食いついている人もいました。

感情って、出ちゃうものだと思います。

ブルゾンさんではないですが、「探さない、待つの」と言いたくなる時がある私です。

くれぐれも、相手を思う気持ちが執着になりませんように。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-25 00:30 | |― 色恋はなし | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧