<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

出産祝いに送りたい上質モノ

大丸神戸店リビングフロアアンバサダーとしてお勧めしたいお品を紹介します。

今日はタオルやローブが人気のカシウエアさん♪お持ちじゃなくても高級ホテルに泊まられたときに使われた方も多いかもしれません。

c0296630_10091664.jpg
見ているだけで楽しくなるカラー


c0296630_10091827.jpg
親切なスタッフの方。お顔の写真掲載はご承諾頂きました。



お子さんのローブもこんなにかわいい↓


c0296630_10092063.jpg

誰が着せるの?いつ着るの?などの声も聞こえて着そうですが、自分で買わなくても人からもらったら嬉しいものってあると思います。

タオルなんて、粗品でももらうし、今や100均でもありますが、小さい時から上質なものに触れるってとっても大事だと思うのです。


人が、知らないものをイメージすることができないように、上質なものを知らなければ、悪いものもわかりません。

違いがわかるって、買える買えないにかかわらず必要なことだと思います。

特に、無意識で生きている赤ちゃん時代に、こんな上質なものに触れるなんてサイコ―だと思います。


こちらがカシウエアさんのコーナーです。


c0296630_10092208.jpg

カシウエアさんは赤ちゃんから大人まで幅広く対応して頂けます。


特に、ローブは舞台俳優さんや歌舞伎役者さんに愛好者が多いです。

ハリウッドのスターもファンは多いし、アカデミー賞などの賞品にも使われています。上質の証ですよね。


人間の五感について、私調べですが、幼少期に美味しいものを食べている人は、味の違いを敏感にキャッチしているし、美味しいものを良く知っています。

小学生でもびっくりするくらいの舌を持ち、対等に話ができるお子さんもいます。聞いてみるとやっぱり・・・美味しいもの、上質なものを口にしてお育ちです。実際、人間の味覚は胎児のときから形成され、3歳までにどんな食生活をしたかが勝負だと言われています。味覚がこんな感じなら、触覚もしかりですよね。


カシウエアさんはこんな楽しい商品も並んでいます↓


c0296630_10092489.jpg

こちらも、抱きしめて寝たら気持ちよさそう。というか、この横に並ぶ赤ちゃんを想像するとかわいすぎる↓


c0296630_10092608.jpg

ホント、どれも触り心地抜群です。

ぜひ、上質な気分になりたいとき、モノの良さを分かってほしい方に送って頂きたいブランドです。

スタッフの方もとっても親切で相談しやすいです。神戸にお越しの際はお立ちよりくださいませ。





新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-30 10:36 | |―神戸大丸リビングフロアアンバサダー | Comments(0)

「一線を越える」って昭和チック

c0296630_09023018.jpg

最近テレビを見ていたら初めて見たときは子供だったアイドルがママになり、議員になり謝罪会見をしていました。

で、その中で笑ったのが「一線を越えていない」発言。

「一線を越える」って、なんとも昭和チックで、この平成にそんなこと気にする人いるのかなっとか、もう「死語」に近い言葉を使う恥ずかしさってないのかなっとか、彼女は以外に昭和の人間なのかといろんな「?」がわいてきました。

さらには、その後のお相手の会見時、レポーターたちが必死に連呼する「一線を越える」発言も失笑でした。昭和どっぷりのレポーターがわかりきっている「一線を越える」という内容の中身を問いまくる姿。思わず日本って平和だったのかと錯覚させられると同時に、昔見た映画を思い出しました。

それが、「恋に落ちて」

ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープが主演の映画で、内容はわかりやすく言えば「W不倫」の話。でも、当時は「大人の純愛」として受け入れられ高校生になったばかりの私もこの世界観に引き込まれました。

この映画で私が学んだのは「一線を越えないことの罪」

映画の中でデニーロが妻に自分に好きな人がいることを告白するシーンがあるんですが、その中でデニーロは妻に言います。

「彼女とは何もなかったんだ!」=(一線を越えていない)

それを聞いた16歳の私は、その発言で妻は安心すると思ったのですが、次に衝撃を受けることになりました。

「一線を越えていない」発言を聞いた妻は、なんとデニーロの頬を平手打ち。そして言います「その方がもっと悪いわ!」

私は、このときはじめて知りました。一線を越えるだけが浮気ではないと。肉体的なことより精神的なつながりが妻を傷つけることを。

「うわ!大人って大変~」と思いながら「不倫なんて汚い」と思っていた女子高女子の私は一変で「大人の純愛」に目覚めました。

未だにこの映画はW不倫の映画でなく、純愛物語だと思っています。

この映画の印象が強烈過ぎたのか、私は「結婚していても双方が求めるなら新しい道を選んでもいいのでは」という考えを持っています。もちろん、その代償は払ってもらわなければなりませんが^^

アイドル議員の騒動のおかげで、好きだったラブストーリーを思い出せました。それと、「恋っておちるもの」だってことも。

自分の生活を安定させるためや、世間体、親を安心させるために結婚を求めるより、まずは「恋に落ちる」ことを求めてもいいのかもしれませんね。むふふ。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-30 09:46 | |― 色恋はなし | Comments(0)

私が思う恋愛におけるNG質問

c0296630_23361017.jpg

こちら、甘党でない私が食べた瞬間、美味しい~~と思い、次の週に同じ店に行って「あれはないのですか?」と聞いてまで食べたかったデザート。

甘いもの、たまには美味しいですよね。

でも、今日は甘くないお話。

先日のセッションでも、私が思う恋愛におけるNG質問をした方の恋が終わってしまったお話です。

その質問は、まだ付き合いましょうと合意を取れてない時に飛び出して不幸を招く質問です。

その質問は、私が聞く限り、それを聞いてから疎遠になったというキャリアを持つ質問です。

その質問とは・・・

私のことどう思っているの??


これこれ、これです。これは私には非常に危険な質問という認識があります。

ちょっと考えてみてください。

自分が、たいして興味のない異性に、この質問をされたときのことを。

これ、非常に答えにくくないですか??

だって、相手の方とはなんらかでご一緒している方のはずです。例えば、職場、サークル、習い事、などなど。道端でナンパしてきた今日限り会わない相手でなく、今後も会い続ける状況の人から、こんなことを聞かれるのです。

あなたならなんと答えますか?

「普通です」とか「なんとも」という返事もしにくいし、「しょうがないから口をきいているだけ」なんて絶対に言えないし。


私も、人生で何度かこの質問を受けましたが、いずれも来世でも恋愛対象じゃない~嫌いの間に属する人にしか聞かれたことがありません。

そのたびに、取り繕うのに四苦八苦です。さらに、その後はそのサークルや団体に行けなくなってしまうこともあり、なんてことを言ってくれるんだとうんざりしたこともあります。※「私に好意を持たない男はいない」と断言する親友からは「そんなことを言わせないようにあしらわないあんたが悪い」などとご指摘を受けましたが。

私はこの手の質問をしたことはありませんが、もし、私がこの質問を投げるとしたら、それはそれはもう、私に間違いなく好意を持っていると120%確信できるときで、それを言うことによってなんだか心地よいこと言われていい気分になりたい、くらいのモードのときしか言いません。(そんなモード20代前半で燃え尽きたけど)

話は戻ってこの質問ですが、そもそも、こんなことを聞かないといけないくらい、相手の反応は薄いということだと私は認識しています。

もしくは、今はちょっとお試し期間など思っているときに、この質問を頂くと、「うわ・・・逃げれなくなるかも・・・」などと思ってしまうかもしれません。

不確かさを確認するために、もうちょっと距離を置いてみていたら育ったかもしれない芽をつむ方が結構います。ときどき、男女ともに話す機会のあることもあり、そんなときに男性が決まって言うのは、「もうちょっと普通にしてくれていたらつきあったかもしれないのに」

あ~モッタイナイ!と叫びそうになる瞬間です。

私の考えですが、男性は結構顔に感情がでる生き物だと思います。

5回終日一緒に過ごした普通の容姿の女性は覚えてないのに、1回ちらりと来ただけの美人を記憶している男性もおられました。

ある男性は、興味のない女性なんて、風呂屋の絵と一緒(景色くらいにしか思ってない)とおっしゃいました。

一目見てある女性を気に入った男性は、私が見ていても、「今ここで食べはじめたらどうしよう」と思うくらい食いついている人もいました。

感情って、出ちゃうものだと思います。

ブルゾンさんではないですが、「探さない、待つの」と言いたくなる時がある私です。

くれぐれも、相手を思う気持ちが執着になりませんように。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-25 00:30 | |― 色恋はなし | Comments(0)

今日はパワーありげな新月ですよ。


c0296630_23062962.jpg


呼び出されて行ったのに、なぜだかずっと待ちぼうけ。

どういうこと133.pngとムッとするも、視界にこの実が飛び込んできて思わず写真。


c0296630_23063157.jpg

どんな角度が良いんだろうと思っているうちにお相手登場。なんと、携帯を忘れたから連絡できなかったとのこと。なんだか昭和の待ち合わせを思い出しました。

それにしても、目に映る景色が変わると、気持ちがいっぺんに変わるから脳って不思議だなっと思います。

さてさて、今日は新月でした。獅子座の新月なので、パワーアップのサポートになりそうです。

蟹座の私は水の星座だからか、結構ウエットなところがあります。でも、びちょびちょじゃないのは月の星座がてんびんと、風の要素があるからです。

ただ、最近の私は感情がゆれることが多かったので元々のウエット気質にウエット状態がのっかり、じめじめした梅雨状態のようでした。

反対に、今夜の新月である獅子座は、火の星座。

火はパワーも表すので、じめじめ梅雨の私を乾かしてくれる気がします。というか、自分で乾かすんだけど。

こんな風に、自分に関係する星座を風、地、火、水の要素に分けてみると面白い発見があります。

誕生日をベースにした太陽星座(雑誌の占いコーナーに出ている星座)だけを見ていると気づかないことも、自分の出生時間などで月の星座を見つけると、結構そちらがピンとくることが多々あります。

私の場合蟹座というと、「優しい、母性本能、人恋しい、さみしがり、ずっと一緒にいたがる」などと言われがちですが、自己分析すると「優しくもなけりゃ、母性本能もあんまりないし、一人大好きだし、さみしく感じることも少ないし、ずっと一緒にいるって疲れる」などと思います。これは月星座のてんびんのドライさが当てはまります。

自分の月の星座をご存じない方は、ネットで「月星座 調べ方」など検索すると山ほどサイトがでてきます。

ぜひ、自分のことを知るきっかけに使ってみてくださいませ。







新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-23 23:57 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

日常に戻っていますのでお気遣いなくです

c0296630_22204388.jpg

伊勢神宮日帰りツアーからちょうど五カ月ぶりに3人でランチ♪

思い返せば、伊勢から帰ってすぐに怒涛の病院付き添い通いが始まりました。そして、5月、6月連続葬儀に救急車搬送と非日常満載でしたが、やっとこさ、こんな感じで友達とランチなどできる状態になりました。(こちらはMIHOさんに撮って頂いたお気に入りの写真)

いつもお越し頂いている方にもずいぶんご心配をおかけしており、「予約をキャンセルした方がいいでしょうか」とか「予約を入れて大丈夫ですか?」などのメッセージをいただいてしまっており、気分を解放して頂く側の私が、お気遣いを頂いている状況。非常に反省しております。

が、ホント、お気遣い頂くことなく、なんなりとご連絡くださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。










新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-20 23:34 | |― 私的幸せ体質レッスン | Comments(0)

熟慮より1ミリの行動が結果を生む

c0296630_13451284.jpg


私には珍しく、普段は口にしない、「冷たいもの」「甘いもの」をミックスで食べました。この夏の涼はもう十分です。

今日のテーマは熟慮より行動しましょうというお勧めです。今の自分のことを言っています。

今、私には考えることがてんこ盛りで、しかも自分の独断では決めれない問題ばかりときています。どうしたものかと考えていると、本当に1日が一瞬で過ぎ去ります。で、また明日と言っている間に3日くらい平気で過ぎ去っていてびっくりです。

そんな状態なのに、家のレイアウトを大幅に変える動きに出てしまい、今、家の中は足の踏み場もありません。

どこに何をいれるか、考えているだけでさっきは朝だったのに早くもランチタイムが来ています。

で、思うのが、どうしようか1時間考えている間に、目の前にあるごみをゴミ箱に捨てることの積み重ねが、結果となって出ていることに気がつきます。

ひっくりがえした引き出しの中身を見つめ、どこに直そうか考えている間に、手を動かすと山盛りあった中身が小さく、小さくなっています。

お片付けも、仕事も似ています。

高い能力を持っている方が「まだまだ、まだまだ」と言っている間に、「とりえはやる気と元気だけ」みたいな人が仕事を形にしてきます。

「持って生まれた能力って、そんなに関係ないな」っと思わされる瞬間です。

どんな高い能力を持っていても、家で寝ていては、形にもお金にもなりませんもんね。

だからまずは行動すること。

止まらないこと。

考えながら動くこと。

私のホームページも。実は、自分の中ではまだ6割もできていない未完のホームページです。

でも、「6割しかできていないぞ!」と見抜く方はあまりおられません。

本当はこんな状態のアップは自分としては嫌なのですが、「完璧を目指す」性格上、私がOKを出せるのは遠い先な気がしてはばかりながら公開した次第です。

今の私の行動力はカメにも劣りますが、今日のこのブログを機会に「止まらない」ことを目指して行動しようと思います。

と、ここまで書いて、今から自分に魔法をかけることを思いつきました。

それは、バリバリ動けるスピーディーな私になる魔法です。

3分あればできちゃいます。

なんで今まで気づかなかったんだろうと、お恥ずかしい限りです。

では、また。






新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-17 14:10 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

松居さんから私が学んだこと

c0296630_20215579.jpg


お寺に行くと私の「誕生日花」らしい蓮がたくさん咲いていました。蓮は泥の中で花を咲かせることから仏教的な意味あいが濃い花です。8年間仏教学校に通った私には身近で大好きな花と言えます。

さて、連日ワイドショーで見るあのエキセントリックマダム。

起こっている事実や、当事者の真意はわからないけど、見えることからだけ言うと、私はこれを教わりました。

人を呪わば穴二つ

相手に非があるのかもしれないけど、相手を恨んだり責めることで、自分もどんどん落ちていくってのをリアルに教えて頂きました。加えて、潜在意識の法則では、「あなた」と「私」の区別がないので、人を呪うと自分の方がダメージがくるんですよ。あ~コワイコワイ。

掃除だけしててもダメっ

昔、テレビの特集で、松居さんが見ず知らずの素人さんのお宅にいって、トイレの掃除をして見せる企画をされていました。お世辞にもキレイとは言えないトイレなのに、ささっと素手で便器に手を突っ込んで楽しそうに掃除をする姿に、「すごいこの人!」っと尊敬できました。あの開発された棒だって、信奉者も多いし掃除のセンスをお持ちなのだと思います。幸せになるには掃除が一番ってアピールしてたけど、私は掃除より自分の考えが大事と再確認中です。

足の踏み場もない家でも、幸せで、良い人生を歩いている方はたくさんいますもんね。


傷つけられても、怒るより水に流せる人になりたい

誰だって傷つくし、恨みもすることがあると思います。でも、そのことに怒るより、がんばって水に流せる人になりたいと思いました。怒るってすごいエネルギーです。私も会社でよく怒ってたからわかります。熱が40度近くあってふらふらでも、会社で怒ることがあれば怒っている間はぜんぜんしんどくなかったです。高熱を忘れるほど、エネルギーを使うのが怒りだと思います。たまに怒るのは良いけど、ずっと根に持つとそのエネルギーで自分自身を傷つけます。それに気づかないことがあるから余計に怖いです。

みっともない本心より、カッコいいやせ我慢

愛している人に別れを告げられるのは断腸の思いです。泣いてすがりたいかもしれないけど、やせ我慢してでも私はカッコよくいたいと思いました。ましてや、人生を共にした人を公の場で誹謗中傷するのはやりたくないと思いました。友達にはボロクソに言っても、言いたいだけいったら頑張ってさらりとしたいと思いました。


以上、いつも客観的な視点を持てる自分でいたいと再確認中。

第三者のポジション、NLPでもとても大事な部分です。








新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-11 20:57 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

ワインは意外に婚活になる?

c0296630_21403454.jpg

先日、友達に誕生日祝いをしてもらいました。
フレンチ串カツのお店なんですが、ワインに4杯セットってのがあって、料理に合わせて4種のワインを出してくださいます。
もちろん、グラスも全部変わります。

で、今日はワインと婚活とワインに関するお得セミナーのご案内をこちらに書かせて頂きました~







新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-05 22:34 | |―神戸大丸リビングフロアアンバサダー | Comments(0)

「転職」に揺れる方へ

c0296630_00533215.jpg

セラピーのテーマで転職を扱うことはよくあります。

一日の大半を費やすのが仕事なので、誰だって充実させたいですよね。

今日は頂いたご質問にお答えしようと思います。ご質問の内容は以下です。
Q1:他の人は「仕事が嫌だ」と言いながらなぜ我慢できるのですか?
Q2:私はなぜみんなと同じように我慢ができないのでしょうか?
Q3:この先も嫌になったら嫌々病のように過ごしていくのでしょうか?

**************
該当する方はこちらを読んでみてください。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-07-03 23:45 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

もどかしい「片思い」を「生霊化」して考える

c0296630_15503477.jpg


箱一杯にぎっしり詰まった食べる宝石「佐藤錦」これでもかって量をプレゼントして頂きました。疲れた心に鮮やかな赤が染み入ります。しかも美味しいW効果付き。

送り主は、私が2、3日ずっとその方のお顔が浮かんでいたお方。

ひゃ~想いが届いた~と驚いておりました。でも、この方に私の思いが届くのはいつも「指定日到着」なみの正確さ。想いって届くんですよね。

でも、「想い」の届き方ってのがあって、、、スピリチュアル系の先生から聞いた「片思い」中の方に、それも、「もどかしい系の片思い」中の方に読んでみてほしいオモシロ話を書いてみました⇒ブログ




[PR]
by yuristyle | 2017-07-02 06:56 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧