<   2017年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

引き寄せる時、ピュアに願うってどういうこと?


c0296630_10384990.jpg


先日Facebookで、「引き寄せるコツはピュアに願うことだな~」と書きました。

読んでくださった方から、それってどういうこと??とご質問を頂きました。

今日はそのことについてこちらに書いてみました。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-27 11:35 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

キーワード、発する側も探す側も大事


c0296630_22313623.jpg
先日作った変わりボテサラ。

薬膳的薬効を考え、血液をサラサラにするらっきょうと体にたまったネバネバを排泄する細切りコブを入れました。さらにトッピングのお化粧粉はターメリック。
もちろん、自分で作るから添加物なんて入れていません。

今日のブログは添加物チェッカーまたの名を「リトマス試験紙」と呼ばれる方との食事選びで感じたこと書いてみました。
ブログを書く人、何かを検索する人にこちらを読んでほしいです。


新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-25 21:13 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

「好き」に進むとミラクルがある

c0296630_21425931.jpg

「好きだけではダメ」という言葉がありますが、私は「好きなことに進むとミラクルがある」って信じて体感しております。

今日もそんな出来事がありました。




新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-22 22:07 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

ELT脳活プログラム体験レッスン募集開始しました


c0296630_09181628.jpg
本日獅子座の新月です。

今月は2度目のパワフルな新月。

自分の表現するのにぴったりな新月。

そんな時は、新しいことにチャレンジしてくださいませ。

ぜひ、新しくなった脳活プログラムをご体験ください。


新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-22 09:22 | ★ELT脳活プログラム | Comments(0)

おうちを素敵にする人気イベントのご案内です

c0296630_22445912.jpg

大丸神戸店リビングフロアアンバサダーとして、今回も素敵イベントをご紹介します!

詳しくはこちらにて♪


新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-21 23:06 | |―神戸大丸リビングフロアアンバサダー | Comments(0)

ひっさしぶりに呼ばれた本

c0296630_21134773.jpg

もうダッシュで館内を歩いていたのに、呼ばれました~この本

「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」

続きはこちら



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-21 22:18 | ★ つぶやき | Comments(0)

もてなしは五感から

とあるお祝いで千里山・柏屋さんのお世話になりました。

c0296630_23145004.jpg

一歩お部屋に入ると、その空間はお祝いの空気でいっぱいにしてくださっていました↓

c0296630_23172319.jpg

もちろんお軸も!

c0296630_23184721.jpg

お・め・で・と・う・!ってな感じのガーランドとかがなくても、バルーンが飛んでなくても、ここには五感でお祝いを感じるおもてなしがいっぱいでした。

c0296630_23194350.jpg


まだお料理が出される前でしたが、この時点でお祝いを日本食にして良かったと納得。静かに染み入るようなおもてなしに脱帽。

で、いよいよお料理です。

と、言いつつお祝いのお酒から↓

c0296630_23223256.jpg

もう香りから美味しいお酒でした。

で、スタートの先付は、昆布〆から。私の作る、「おら、昆布〆だぞ!」っと言わんばかりの暑苦しい味じゃなく、なんともお上品な昆布〆。


c0296630_23231856.jpg


合わせて頂いたお酒はこちら↓

完璧のマリアージュ。

c0296630_23263033.jpg

お祝いならではのお赤飯と鯛のコンビ↓



c0296630_23271450.jpg


最初のワインは熟成されたシャブリ。特別ご配慮頂きマグナムボトルを。


c0296630_23283746.jpg

今日の日の料理とお酒のマリアージュを提供してくださるのが、柏屋さんの支配人でもあり、エグゼクティブ・シェフ・ソムリエの松岡さん。

私が2014年にワインエキスパートに合格できたのは、まさに松岡さんのご指導のたまもの。ソムリエ協会の試験にご興味ある方は、松岡さんのブログをご覧ください。ワインだけでなく、目標に向かうメンタルも鍛えて頂けます。ワインスクールに通わなくても合格できるかもです^^

c0296630_23295652.jpg


松岡さんが鮮やかな手つきでシャンパーニュをデカンタに。こちらは初体験でした。

で、良い感じに浮かれていたら富士山の器に入っていた前菜を撮り忘れ!

次の煮物椀がこちら↓

まさにお祝い器。


c0296630_23355553.jpg


私の好きなうなぎの白焼きが、夏に食べたい冬瓜と一緒に・・・美味しすぎる御出汁。


c0296630_23371746.jpg


次、御造りは~鱧の五種盛り。


c0296630_23384270.jpg


こちらは、鱧を一口つづ、たたきよせ、落とし、一枚落とし、生揚げ、焼き霜と、5種類の味で楽しめます。普段、鱧は酢味噌か梅肉ってわけじゃないのよっと思っている私もまさかの五種類。

こちらの鱧はこのお酒で↓


c0296630_23414097.jpg


全部の料理がそれぞれ最高に美味しく頂けるお酒で味わえるなんて幸せ。

で、焼物は鮎♪

私、今年初めての鮎でした。たぶん最後になるかも。


c0296630_23431741.jpg

この鮎も、お酒は蓼酢のキレイなグリーンに合わせて赤いスイカのカクテルをソルティドッグ風に合わせてくださいました。


お次は加賀太胡瓜の吉野あん↓

c0296630_23461320.jpg

これまた日本酒はあんまり・・・という私がもっと飲みたいと思ったお酒。


c0296630_23454825.jpg


これまた撮り忘れた逸品があり、最後のワインが私の好きなリースリングで〆と。


c0296630_23495248.jpg


華やかラベルの日本酒が・・・

c0296630_23510675.jpg



吉の酒器に。


c0296630_23521294.jpg

で、お料理の最後のご飯は、なんと、こんなたくさんのおかずと一緒に登場。ごはんには「香の物」だけじゃないんだと発見。


c0296630_23530090.jpg


水物は旬のフルーツがミルクあんとともに。


c0296630_23541520.jpg


これで最後かと思いきや・・・麦ごかしの水ようかん。甘すぎず、ほんのり麦を感じる美味しさ。小食なので完食できずなのが無念でした。。。涙


c0296630_23551210.jpg

また、こちらに合わせてくださった「飲み物」が驚き。


c0296630_23571214.jpg

なんと、正体はみりんです!

何と思うと聞かれて、「紹興酒に角砂糖入れたもの」っと思った自分の舌が情けないです。。。

以上がお料理記録ですが、ここでも、みりんを美味しがる私たちの中に、一人アルコールがNGの人がいたので、松岡さんは厨房から「煮切りみりん」をもらってきてくださってご用意くださいました。煮切ってるからアルコール飛んでるんですよね~だから、みんなで同じものを体感。

細やかなお心遣いに感謝の言葉しかありません。

部屋に一歩入ったときから五感を喜ばせるものを満載にご用意して頂き、ゲストをもてなして頂きました。

たぶん、同じ料理でも、もてなしてくださる側の場づくりで味さえ変わっていたと思います。

日本人は、諸外国の人と違う感性を持っています。

それが、右脳の感覚。

例えば、夏の風物詩「風鈴」の音。

日本人は風鈴の音を聞くと「涼しさ」を感じると思います。真夏なのに、この音一つで耳から涼をとるのです。

でも、他の国の多くは、風鈴の音を「単なる音」として取り、この音を聞いたからといって涼しくなることはないと言われています。

こんな人種なので、右脳、つまり五感に響くことが大好きだし、受け取る力も高いのです。


なので、柏屋さんでのひとときは五感を満足させてくださるもののオンパレードという感じ。五感が磨かれると願望達成能力もアップするから嬉しい限り。


私のワインの師匠である松岡先生のお心遣いも大変勉強になりました。

私も、お酒がNGって方にも、もっと楽しんで頂ける工夫をしようと目覚めて帰ってまいりました。

お祝いできるって嬉しいし、それに協力してくださる方がいることにも感謝です。

これを機に、自分のもてなし力をあげることを誓います^^

では、今日の主賓がますます豊かな人生を送られることを願って終わります。



最後になりましたが、松岡先生、ありがとうございます!




新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-15 00:19 | |― 外メシ | Comments(0)

失敗から知らない自分を発見

初めてのペンキ塗りにトライして知らない自分を発見♪

私は長さを図るとか、釘を打つとか、組み立てるとか、DIY系のことが大の苦手。なのに、ただいま模様替え中でいやでもメジャーや釘などを持つことに。。。

さらには、引越した時に買ったこの家具が「ところどころハゲてきた」という理由で処分対象になったとき、こんなのペンキ塗ればいいだけだっと言ったら、「それなら自分がやれ」と言われてしまい・・・泣く泣くペンキを塗ることになりました。


c0296630_14120257.jpg

でも、ペンキっていろいろ種類があるので何を買っていいかもわからず途方にくれ、思わず、雑貨や机を作られる沙智子さんに相談。

すると、ペンキの種類や塗り方、たくさんのペンキを揃えておられるお店など、素人がスタートできるまで親切に教えてくださり、こんな私も初めてのペンキ塗りにトライすることに。

まず、色にこだわりのある私にとって大事な大事な色選びは、この絵のココの部分に合わせるようと決定↓



c0296630_14120611.jpg


なのに・・・・届いたペンキはこんな色!



c0296630_14120892.jpg


ぜんぜん希望と違うオレンジ色・・・涙!



でも、でも、黒い家具に塗ったら深みのある色になるかもっと思って願いを込めて塗りましたが・・・やっぱり、そのまんまオレンジ。。。。ギャア~~~






c0296630_14121153.jpg


さすがに、この色を全面に塗る気にならず、でも、ちょっと塗ってしまったのでやめるわけにもいかず、フレームだけ塗ることに。


なんだか・・・神社の鳥居の色みたい・・・

いや、もしくは時代劇に出てくる「吉原」の三流の遊郭の家具みたい・・・


え~~~イメージと違う!と呆然としつつ、いつもの「ま、いいかっ」精神がムクムク。


あと、ペンキをなんの計算もなくダッと気前よく容器に出したので捨てるのも惜しくそこらへんにあった板に塗ってみた。

すると、塗るって楽しい~~~っと、ペンキを塗る楽しさを発見。次第に、もっと塗りたい、どこか塗るとこないかなっと家じゅうを徘徊。でも、こんな色、そうそう塗るところがありません。なので、あきらめて、全面この色を塗ったらどんな感じになるかを、とりあえず塗ってみた板を置いて確認↓



c0296630_14121455.jpg


やっぱりキツイ・・・

そこで、今日あさイチに来てくださった方に確認。どう思う?どう思う?

結果、おしゃれな方にいい感じと言われちょっと安心。

でも、塗りたい欲求は止まらず、また他の色を買ってブレンドしたりしようかとメラメラ。今は気にいる色になるまで塗ってやろうと企て中。

塗りながら・・・私がペンキ塗りに目覚めるなんてと物凄くびっくり。

ペンキの色のセレクトには失敗したけど、ペンキをネットで買う時は見本を取り寄せてからって教訓と、私は意外にペンキ塗りが好きっという発見をすることができました。

思い返せば、、、トイレの壁紙も自分で貼ったし、今は障子も奇抜なの貼ってやろうと計画中だし、玄関に明るい色のクッションフロアを貼ろうとか、洗面所もポップなフロアを貼ろうとか、さらには、リビングのフローリング塗ってやろうかと秘かに検討中で、自分が思っているより、こんなことが好きなのかもっと今さらながらに気がつきました。

そういえば、お客様にも何か出す度に言われます。

「これ、ご自分で作ったんですか??」

聞かれる度に驚き、「こんな不器用なのに作るわけねぇし」っと思うのですが、人から見れば私は手作り大好き人間に見えるのかもしれません。

こんな風に、思い切ってやってみると、失敗しても得るものはあります。自分の知らない自分を見つけることもできるかもしれません。

考えているより、まずやってみる!

失敗したって、得るものありますから。

でも、新しいことを始めるのに、誰かが背中を押してくれるってことも大事。

私の初ペンキ塗りは、沙智子さんというプロのアドバイスを頂けたから。(沙智子さんのワークショップも好評のご様子)

まさに、ご縁に感謝の初ペンキ体験でした。

皆様も、どんどん失敗して、いっぱい発見してくださいませ。

おしまい。



新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-12 21:11 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

ご活躍が嬉しい♪

c0296630_21573306.jpg

珍しく蛍池の駅ビルを通ると、ふと目に入るこのポスター。

ん??どっかで見たことある人・・・と、思うと、ちょうど昨年の8月、リッツ・カールトン大阪で開催したコラボセミナーでミニライブをしてくださった瀬戸山智之助さんでした!当時のお話はこちらをどうぞ↓

その1
その2


あ!っと思い出し、書かれている文字を読むと・・・なんと今年京セラドームでおこなわれたオリックス×ロッテ戦で国歌を独唱などのお話が。。。わ!出世されてる~と嬉しくなって思わず写真を撮ってしまいました。

実は、瀬戸山さんの「夢」のことで私は個人的に気になることがあったのです。なので、ちょこっと熱く願望達成の考え方をお伝えしたのですが、それっきりお話する機会もなく、ときどきサインをしてくださったCDを眺めて成功されるといいな~と思っておりました。

あれから1年という月日で、ご活躍の様子を知れて良かったです。

人はときどき、そんな短い期間では夢は叶わない、と仰いますが、願望って、じりじり叶うばかりではありません。一夜にして叶うってことの方が私はよく耳にします。

地道な努力ができる方は尊敬しますが、せっかく魔法チックな脳を誰もが持っているのでしっかり夢を描き、脳を使った楽しい方法もとりいれて頂けたらと思います。

その基本となるのがELT脳活メソッドです。幸せ体質プログラムの進化版なので、再受講して頂きた方もがちらほら。再受講して下さる方には近日中にお得価格をぶらさげご案内させて頂く予定ですのでよろしくです。

あ、瀬戸山智之助さん情報はこちらをご覧ください。こちらには、女性とのデュエット動画がついているのですが、なんとビックリ♪お世話になっている信楽の素敵器やさん、藤陶さんの藤田さんが応援されている和紗さんがお相手でした!和紗さんのライブは、今年の信楽器遠足でクライアントの皆さんとご一緒したばかり。和紗さんのライブは初めて参加でしたが、とってもキュートで美しい歌声。8月12日には京都でライブをされます。


c0296630_22590832.jpg

なんだか、ちょっとご縁のある方が活躍していてとっても嬉しい。この写真にうつる方々もますますご活躍&幸せが加速するともっと嬉しい私です。


このブログを読んでくださった方も、ますます元気で夢を楽しんでくださるとさらに嬉しいです。


新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-09 23:07 | |― 幸せ体質プログラム | Comments(0)

高いものは良い、けど自分に合うとは限らない

c0296630_23083306.jpg
今日8月8日はライオンゲートが開く日。+満月。

ライオンゲートって何?って思われる方は調べてみてください。いっぱい情報が出てきますから。

私からは「こうあるべき」という自分の既成概念を見直す日にしてはいかがでしょうか?とご提案しておきます。私はこの日にあやかり、「これは大事にするべき」と思う「思い出の大物家具を数点手放しました」まさに、入れ替え活動実施中の私です。もう日付が変わる!という方、ご安心ください。このエネルギーは8月12日まで続くと言われていますので。

さて、今日は最近頂いた質問、「カトラリーはやっぱりクリストフルですか?」というのにお答えしてみます。

クリストフルって、あの、おフランスの高級銀製品を扱うブランドです。簡単に言えば、お高いナイフやフォークを売っているお店です。きっと、一度は結婚式や高級フレンチでお使いになっていると思います。

確かに、クリストフルの製品はザ・高級品という雰囲気を醸し出しています。ときどき、「これは私のおばあさまのお嫁入道具を母から譲り受けたもの」な~んて、ブルジョアなことを言う友達がいますが、代々受け継ぐにふさわしい逸品だと思います。

しかし・・・自分がたいして銀製品が好き!というわけでもなく、クリストフルが似合う食卓を囲んでいると思えないのなら、クリストフルは本当に必要かという問いかけがあっても良いと思うのです。

それが、今日のタイトルの「高いものはいい、でも自分に合うとは限らない」です。

クリストフル、テーブルウェアに興味のない方なら、あのプライスを見たら腰を抜かすと思います。ホント、これが1本の価格ですか?と目を疑うと思います。でも、決してぼったくりではなくそれだけの価値はあると思います。

でも、自分がどんな食事をしているかも考えてみてください。どんな器を使っているかも考えてみてください。

もし、どっかからもらった粗品の器を愛用しているなら、クリストフルが浮き立つと思います。(好きならもちろんいいんですよ!1本から揃えるってのも、夢があって良いと思います。)

クリストフルが自分を望む未来に連れて行ってくれるきっかけになることもあると思います。
が、その前に、銀製品の扱いの大変さを理解しているかも気になります。

銀製品、放置すると変色します。明日の来客で使おうと思って引き出しをあけ「なんじゃこら~」と叫びたくなること多々ありました。「この前磨いたのに!」と時間を返せと言いたくなることもしばしば。ま、毎日使ったら変色もしないんですけど、おかずが「おから」なんて時はクリストフル使わないでしょうし。(なんで例えがおから?と自分に問う。)

でも、銀製品が好き!とか、クリストフルで食事ができると気持ちが上がる、というなら買っても良いと思います。黒ずみを磨くことも楽しいでしょうし、クリストフルに見合う料理を作ろうと頑張るかもしれません。

私は基本「高いものは良い」と思っています。100グラム500円のお肉より1,000円のお肉の方が美味しいし、一泊20,000円の旅館と50,000円の旅館では得られるサービスの差が歴然です。

でも、自分に合うかも大事です。自分が嬉しいかも大事です。

昔、張り切った旅館を予約して、どうだ、嬉しいだろ!っと言わんばかりに母と母友を連れて行きましたが、静かだと思って選んだ離れは「食事処から遠いから面倒」と言われ、ゴージャスな部屋をと思ったのに「部屋が広すぎて迷う」と言われ、部屋付き豪華露天風呂も「お風呂が深くて溺れる」と言われ、文句の嵐でした。

なので、私のおススメは、まず売り場にいっていろんなカトラリーをみることです。

雑誌を見て、世の中の流行りや、カトラリーのブランドなどを知ることです。

そして、実際に触ってみて、手に持った感じや、自宅の器や家族の使い方など、考えて、これが一番っと思うものを選ぶことが良いのではと思うのです。

買ってみて、失敗するかもしれませんが、それもまた勉強、知識になります。(私も気にいって揃えたあるシリーズ、水道のカルキ系の模様が付きまくりでお手入れが大変です・・・涙)

百聞は一見に如かず。

ぜひぜひ、いろんなものに触れ、体感して、想像を膨らませてくださいませ。

まずは、自分で感じてみてください。

では、Yさん、お返事の代わりにて失礼します。











新しいサイトはこちらです
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★


























[PR]
by yuristyle | 2017-08-09 00:21 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧