友達がともだちでなくなる時

c0296630_21182675.jpg

友達がともだちでなくなる時って、ありませんか?

私は、何度か経験しています。

特に、友達が、突然何かに傾倒し、それを強く強く推し進めてくるときです。

願望達成とか、潜在意識の使い方を伝える仕事をしているので、私も紙一重のところにいるのでしょうが、私が思うのは、相手を「くどきたくない」ということです。興味のない人に、おもいっきりプッシュするとか、いらないと言ってるのに、良いよっと説得するとか、まったくしたくありません。

よく、自分のやっていることが良いことだと思うなら、勧めるべき、とか、勧めるのが親切、なんて言われた時期がありましたが、あまり考えは変わりませんでした。

私が友達がともだちでなくなった時のパターン(症状)を言うと、ざっとこんな感じです。

★時間構わず連絡をしてきて、時間がないというのに、延々あることを勧めて興味がないと言っても、しんどいと言っても電話を切ってくれない。(夜分にごめんの意識もない)

★興味がないと言っても、さらに熱いトーンで「絶対にいいから」と勧めてくる。

★「これをやらないからダメなんだ」と、ダメと思ってないのに全否定してくる。しかも、あなたよりマシ、と思う人に言われる。

★断る理由にお金がないというと、「お金なんて、これを受けたらすぐに回収できる」とさらに強いトーンで言ってくるけど、言ってくる相手が金欠オーラを出している。

★会っている時間中、口をあければ、その話しかしない。どれだけ話をそらしても、アクロバット的にその話に戻される。

★「会いたい」というので、会いに行くと、全く知らないそのお仲間が一緒にいて、なぜだか紹介されてその話のシャワーを複数で浴びせらえる。

★「これをやればすべて解決する」など、神がかりなことを言ってくる。


こんな経験をすると、もう、会うのも、電話に出るのも嫌になり、疎遠にすることしか逃れる手段がなく…いい人だったのにな~と思い出の人になる。

何かを受け取るって、相手側に、その用意や器や気持ちがないと、どんな素晴らしいものでも受け取れないものだと思う。

小食の私に、ボリューム満点豪華ディナーを用意してくれても、食べられなくて困るだけ。美味しいから食べろと言われても、無理して食べて胃をこわす。加減は、自分が知っている。

友達をなくさないためにも、勧めたいものがあるなら、そのことで自分が輝き、「何があったの?私にも教えて!」と言われることを目指すのが良いと思う。

私のしている幸せ体質プログラムでも、申し込みの理由に、「友達がキレイになって、キラキラしていたから理由を聞いて受けたくなりました」と、初対面なのに申し込んでくれた人がいました。私が目指すのはそれ。無理強いしたくないし、無理強いする意味がわからない。

今、何かに没頭していて、すっごい良いと思って、あの人にも、この人にもやってほしい!と宣伝して歩きたいって人は、私が書いたような症状が出ていないかチェックしてください。大事な友達を失う前に。


**************
近日中のワークショップはこちら→★★★




























[PR]
# by yuristyle | 2016-11-04 21:38 | ★ つぶやき | Comments(0)

健康は夢実現の基本

昨年くらいから、鯛の昆布じめにハマっています。昆布のエキスが鯛に浸透し、老化にかかわる「腎」の強化ができるんです。いまひとつ美味しくない鯛を買ってしまった場合も昆布じめにすると美味しく頂けます。昆布じめについては本題の後に。


c0296630_00564849.jpg

先日のセッションで、「目標があるのに、そこに向かって頑張れない」という方がおられました。

いろいろ聞いていくと、頑張れない理由は、四六時中「眠たいから」ということがわかりました。

ご本人いわく、運転や仕事に差し支える眠たさではないそうですが、なんだか1日中ず~っと、「眠たいな~」と感じているそうです。

ならば、こんな症状には何を食べたら良いか、体のどの部分に効くか、この季節は何を食べたら良いか、なんてことを実践するのが薬膳なので、それを聞いた私は、「芽の出るもの食べて。お豆食べて。」とアドバイス。

理由は、芽が出るものは「生命力」を強化したり、気力をアップする力があるので、「しんどい~」とか「眠い」ってときは、積極的に食べると良いのです。

で、で、一カ月後、お越しになったときは、えらく晴れやかなお顔。理由を聞くと、仕事もサクサク進み、目標に向かう気力もわき、なんだか勝手に体が動くと仰るのです。

そんな良い状態になった理由をお聞きしたところ・・・「豆、マメ、芋、いも」と意識し、外食のときもあえてセレクトしてくださるようになってからっとのことでした。

健康って、当たり前のように思ったり、病気をして大事さに気づくことが多いのですが、本当に大事なことだと思います。どんな夢も、健康がないと頑張れませんから。それに、健康であるだけでも幸せだし、健康じゃないと、息をするのも大変なときもあるし、歩くのもしんどいし、生きてるのも嫌になることもあるし・・・そのためにも、体を作っている食事を意識して頂きたいと思います。

佐藤富雄先生に教えてもらった言葉、「健康がすべてではない、しかし、健康でなければすべてはない」

病人に囲まれて育ち、病院の問診「近親者に癌になった人はいますか?」質問には、ずらりと書かないといけない私だから、健康でいることの大事さを感じます(夜更ししてるので偉そうに言えませんが・・・)

健康は夢実現の基本!ぜひ、意識してみてください。と、ここで宣伝「冬の薬膳ダイニング部、ご参加受付中です」



以下は昆布じめ談義です↓

岡山産の天然鯛。2さくあったので「塩」の種類を変えて、昆布をはさんで二段で作成。味比べ実験。使った塩はゲランドVS岩戸の塩。結果、岩戸の塩の方がマイルドなお味に。ちなみに、お寿司屋さんに昆布じめを美味しく作るコツをお聞きした時は、「上等の昆布を使うことがポイント」と教えてもらいました。これについても検証済み。昆布の価格に比例して美味しく仕上がります。昆布じめのコツは、昆布をケチらない!

c0296630_23295979.jpg

中央卸売市場の井内水産さんで鯛のお刺身をお願いすると、いつも頭もつけてくださいます!なので、いつもお汁に♪でも、魚料理は難しい~鯛の目、飛び出しちゃいました!鯛さん、こんな姿をさらしてごめんなさい!でも、おいちい♪

c0296630_23300269.jpg

以上、昆布じめ談義でした。


**************
近日中のワークショップはこちら→★★★




























[PR]
# by yuristyle | 2016-11-03 23:52 | Comments(0)

思わぬ展開でシステムキッチン→●●

c0296630_01323591.jpg

以前撮った、太陽と月が同じような位置にいるお気に入りの写真をテンプレートのひとつにしました。この画像が出たら、ぼそぼそって感じのつぶやきと思ってください。ミィの画像は「ぼやき」なので微妙に違います。

先日から、ビルトインの食器洗いマシーンが限界にきて、見積もりに来てもらっていました。しかし、一社目の方が、機種はたくさんありますが、オタクに合うのはこの1つだけっと言い切りました。でも、その方が「大丈夫か?」って感じの方だったので、別の会社にも見積もりを依頼したところ、またもや「お宅にはこれしか入りません」と、1件目とは別の機種でおっしゃるではありませんか・・・もう、どちらを信じていいのかわからなくなっていました。

そこで、3社目の会社に見積もりを依頼。すると、しっかりした感じの人が来てくれ、2社目のしっかりした人と同じ意見を言ってくれました。

で、3社目の人が一番感じが良かったので、あなたに決定~と思った矢先、「その型番は弊社には在庫がなく、メーカーも製造中止の型番なので在庫がなく、さらには、そのかわりになる製品も今のところ発売される予定がありません。なので、持っているところを探してください。」と言われちまいました。

つまりは、うちに適合する製品が完売していれば、私は食洗器なし生活を送る羽目になるのです。しかも、使えない食洗器にスペースを取られたまま・・・

また、仮に在庫を見つけても、最初から「製造中止」になったものを買うって、どうよっと思いました。

ぶつぶつ考えながら、どうしたものかとポトフを作っていると、今度はガスコンロの火が、いつもと違う色になり、しかもゆらゆらしているのです。え・・・ガスも故障??

そういえば、家を建てた人が言ってました。ガスコンロにも寿命があり、約10年ほどだと・・・

うちは…引っ越してきて17年。。。そういえば、2年ほど前、給湯器が突然壊れ、水しか出なくなり、修理不可能で、はい、50万。加えて、今年はクーラー、インターフォン&警報がおかしなことになり、はいはいはい。

さらに、聞いた話では、食洗器とガスコンロの入れ替えをすると40万ほどになるらしく、もういっそのこと、システムキッチンごと変える方が良い案もでてきました。昨日まで、そんな予定も希望も皆無だったのに。。。

となると、今の和室リニューアル計画分も頭によぎり、もっと大きな発想になってきて、「いっそ、引越そうかな?」なんて思ってきて、食洗器の入れ替えが、えらく発展した思考になっています。

てな感じで、食洗器の故障が引っ越しの発想まで至ることになるように、こちらが予期せぬことは起こるもので、諦めていたことがうまくいったり、順風満帆と思っていたことがコケルこともあるので、今辛い想いをしている人やお先真っ暗と思う方も、ちょっと別の視点で考えてもいいかもしれません、ということが言いたいつぶやきでした。

では、長文お付き合いいただきありがとうございます。食洗器探し→キッチン探し→家探しを1日で体験した私より。




[PR]
# by yuristyle | 2016-11-02 14:01 | ☆彡雑記 | Comments(0)

「結婚してオーラ」は出さないようにする

c0296630_0431830.jpg


今日のこころの悩み解決コラムは「結婚したい」と焦る女性に読んでほしい「結婚してオーラを出さないようにする」

お悩み解決ワークはありませんが、読んで頂き、何かお心に残れば幸いです。




**************
近日中のワークショップはこちら→★★★






















[PR]
# by yuristyle | 2016-10-31 22:46 | |― お知らせ | Comments(0)

服選び、こころの制限、こんな風にでる【その2】

c0296630_14080613.jpg



幸せ体質プログラムの中でお願いしているファッションスタイリングは、自分は気づかない部分を引き出し、少し先を楽しく歩いている自分がきている服を選んでいただくので、「今現在」の自分が受け入れられない場合が出てきます。

例えば、私が【その1】で書いたストールのような扱いとして出ます。

この写真の帽子も、私にとっては萬田久子さんの言葉を借りれば、「帽子は私の皮膚の一部」ですが、人から言われることはこんな感じです↓

「なんで帽子かぶってんの?」

「帽子って目立つから嫌じゃない?」

「私は帽子かぶる勇気ないわ~」

「いきってんの?」



話は戻って、幸せ体質のレッスンで受けて頂く方で、「制限でちゃった・・・」と思う時にはこんなことがあります。

スタイリングして頂く→鏡で自分を見る→スタイリストさんと私、うわ!キレイ!と思うお姿を見て素敵がる→ご本人談「ざわざわします」「落ち着きません」「なんか自分じゃないみたいです」と戸惑い顔→ご本人、決断できず保留にされる→次回のレッスンでこう言う「なんだか買う勇気がなく、自分で探して似たような服を見つけました。それがこれです」→私、「え?似てる?全然違うけど・・・」と思う、または伝える。しかも、失礼ながらご本人の魅力が引き出されていないORいつもと一緒と思う、または言う→ご本人談。「これなら落ち着きます」→私、残念な気持ちで黙る、またはこれではもったいない、および意味がないと伝える→完

何が言いたいかというと、未来の自分が着る服や、今まで隠していた、気づかなかった「本来の自分」が出る服は、今の自分は受け入れられないことが多く、なじみがないものは受け入れない、という図になりやすいということです。

今回は、こんな例えをお話し、意識してもらうようにしました。

「本当のあなたはふかふかの羽根布団が似合う人、なのに、今までは、段ボールは温かいし、汚れたら捨てれば良いしという理由で段ボールで寝ている感じ。なので、今回は羽根布団で寝ている私をイメージしてスタイリングを受けてください」

というと、彼女は、スタイリング中、ざわざわする度に「羽根布団、羽根布団」と言って、新しい服になじもうと頑張ってくれました。

ショップ巡りをする前のカウンセリングで彼女にこんな風に聞きました。

「初回は受け入れられなかったのに、今回はできるとどうして言えるの?受け入れないなら2回目する意味ないよ」

すると、「今回は受け入れるって覚悟を決めてきたからできます」としっかりした口調で答えてくれました。

やっぱり、決めてくれたからか、どんな新しいファッションにも、普段は絶対に手にされないだろうスタイルにもチャレンジし、似合うっと認めてくれました。


ご本人からスタイリングレッスンをもう一度受けたいと言ってくださったこと。思わぬことで驚きましたが、私にはとてもうれしいことでした。

制限とは、自分で制限があるとなかなか気づかないもので、気づかないふりをしたいもので、気づかされると、ちょっとうっとうしいものですが、その壁を乗り越えたとき、新しい爽快な景色を見てもらっている感じです。

明日も、スタイリングレッスンが控えています。

スタイリングは思わぬところで思わぬものが飛び出すので、毎回どきどきで同行しています。明日もどきどき指数はやや高め。

【その3】ができるかどうかは、今は未定です。


**************
近日中のワークショップはこちら→★★★




























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-29 14:59 | |― 幸せ体質プログラム | Comments(0)

服選びは、こころの制限を見せてくれる大事な行為【その1】

c0296630_00030149.jpg

先日、幸せ体質プログラム初の、ファッションスタイリング(パーソナルスタイリストの方に、未来に近づく服、自分の気がついていない魅力に気づかせてくれる服を見立てて頂くこと)2度目の方がおられました。

2度になったことには、ちゃんとした理由があります。

2度目の彼女とお話して、やはり、自分が選ぶ服には、自分の思い込みや制限がかなり影響すると再確認致しました。

私もつい最近、似たような経験をしました。

自分のために選んでもらったストールが、自分が身に着けてはいけないものな気がして、一カ月、触ることができませんでした。ず~っと袋に入れたまま部屋の片隅に置いていました。ときどき、触ってみて、首に巻いてみるのですが、ざわざわして、自分のものじゃない気がして、そそくさとしまい込んでいました。

今、幸せ体質プログラムでスタイリングレッスンを控えている方は、単なる似合う服選びと思わないでください。

自分の制限に気づく機会、本来の自分と対面する機会と思ってください。

自分の好みと違う服を選ばれたとき、いつもの好き嫌いで判断しないでください。なぜなら、今の自分が選ばない服でも、今、隠れている自分、表に出たがっている自分が「本当のあなたに似合う服はこれ」と教えているからです。

気づいている人は少ないと思いますが、服は、自分の制限が出る、とても心と深い関係にあるものです。

着回しが効くとか、実用性があるとか、安いとか、楽だとか、それを最優先にせず、もっと大事な基準を優先して欲しいと思います。

詳しくは、後日の【その2】にて。



**************
近日中のワークショップはこちら→★★★






[PR]
# by yuristyle | 2016-10-28 00:30 | |― 幸せ体質プログラム | Comments(0)

言ったもの勝ち、自信持ったもの勝ち

c0296630_21270051.jpg

最近、テレビで芸能人の生活シーンをかいま見る機会が続きました。

そこでみたのは、セレブ代表みたいに言われている人が、なんだかパッとしないおつまみを自慢気に作り、それ、そんな鼻息荒く講釈するセンスですか?という花をアレンジし、たいして美味しそうに見えない料理をセレブ仲間で褒めちぎりながら味わっていたシーンでした。

また、別のシーンでは、24時間美に抜かりがありませんみたいな人の顔のアップにシワがめだったり、手がシミだらけだったり、「それ美味しいっすかっ?」と聞きたくなる料理をこれまた自慢げに講釈付きでふるまっていました。

こんなこと書くと、お前はそんなに美味しい料理を作り、素敵な花を飾っているのか?と私みたいな人に言われそうだけど、それは別の話。自分のことは棚に上げて言う回なので本題へ。

ようは、自分がOKと思っていたら、自分がスゴイっと言っていたら、世間はそれを認め、それにあこがれる人もでき、その人がカリスマになったり、誰かにとってのバイブルを書いたりするようになるのかなってお話です。

なので、まずは、自分のやっていることに自信を持てば、少なくとも自分はご満悦で毎日を過ごし、どこかの世界では認められ、同じように浮かれた友達ができ、楽しいワールドが広がっていくのだろうと。。。

私は、自分のしたことを減点したり、ダメ出しポイントを虫眼鏡をもって探して歩くところがあるので、こういった人たちの自分をまるごと認める感を見習いつつ、クオリティを上げていこうと思った次第です。

今日はとっても美人なのに、自分の良さをあまり認めてくれない女子の幸せ体質プログラムレッスンだったので、今度この人たちの爪の垢を煎じて一緒に飲もうと言いたい気持ちをもってテレビを見ておりました。

良い意味で、言ったもん勝ち、自信持ったもん勝ちの精神を持っていきたいと思います。





**************
近日中のワークショップはこちら→★★★


























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-27 00:17 | |― ぼやきモード | Comments(0)

健康は自分で作る

c0296630_01351292.jpg


この写真、何をしているかっていうと、眼で体調をみてもらう眼診なるものを受けている図です。眼診については今週のこころの悩み解決コラム「細胞のきげんをとる」で書いています。

そのことをFacebookに載せると、本当にたくさんの人から眼診を受けたとか、受けたいとか、受けに行くというメッセージをもらいました。

改めて、みんな健康に関心があるんだなと感じた次第です。

そこで思うのが、眼診に対しての関心度に比べ、食事の関心度が低いのでは?ということです。

例えば、私が薬膳生活をしているという話をすると、聞こえてくるのは、「私は食べたいもの食べてますとか」「●●ばっかり食べてます」なんて意見が多く、健康でいるために何かをしているという人はちらほらくらいしか会うことがありません。

なので、眼診でウィークポイントがわかった方は、へぇ~で終わらず、ぜひ、食事でケアして頂きたいと思います。

1日2~3回は食べるので、その積み重ねを考えると、1回の食事って、すごく意味を持つと思います。

何を食べてもお腹はふくれますが、どうせなら、自分が健康になるものでお腹を満たしたいですよね。

しかも、自分が健康になる食材に調理法は、そんなに難しいものではありません。

一生食べることは続くので、食べることへの投資をしてほしいと思います。

ちなみに、秋の薬膳から始まった薬膳ダイニング部は、来月、冬の薬膳で開催します。

冬の薬膳は「腎」の強化がメインなので、「老化」「アンチエイジング」「スローエイジング」系のお話と料理が入ります。

補足としては、薬膳ダイニング部、「春・夏・秋・冬。梅雨」の通年で受けてくださった方には、最後の季節に特典をご用意することにしました。ダイニング部系、開催していると、何かとプレゼントしたくなるのです^^

食事は薬にもなるものがたくさんあります。ぜひ、薬局へ行くよりスーパーに行く習慣をつけてください。

楽しく食べて、楽しくお勉強致しましょう。秋の薬膳ダイニング部報告もあります→★★★

冬薬膳の日程とお申込みはこちらをご覧くださいませ。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-26 23:17 | Comments(0)

腰骨が誕生する技術

c0296630_23523834.jpg


麻珠庵の伊東先生のところに、最近足元がヨタヨタしている母の治療に通っています。

私はただ座って待っているだけなので、伊東先生の芦屋整体スクールで活躍する骨のキャサリンを写真に撮ったりしています。(伊東先生は持ち物に名前をつけるのが好き。例えば、ご自身の真っ赤な車はリンダ。先代の白いオープンカーははソレイユ、で、骨はキャサリン)

話は戻って、母の腰骨がひどく湾曲して埋もれてなくなっている状態を、熱心に施術してもらうと・・・しばらくして伊東先生が満面の笑みで言いました。

「お母さん、腰骨が生まれてきましたよ!」

まるで、出産シーンみたいな声掛けでした。

プロ意識の高い方なので、ガリガリだとかデブちんだとか言ってる時とはお顔が別人^^

信頼の技術、人柄の専門家が身近にいると助かります。

感謝、感謝です。


**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-22 10:32 | ☆彡雑記 | Comments(0)

理想の手帳、引き寄せました♪

2016年 10月 21日

c0296630_02133846.jpg


中学生以来スケジュール帳ジプシーだった私も、佐藤富雄先生の手帳講座を受けてからは、そこらへんの有名手帳を少しアレンジすることでまぁまぁ納得しておりました。

しかしながら、来年もぜひ!という手帳には巡り合えずで、なんだか不完全燃焼でした。

特に、今年のほぼ日カズンを半年ごとに分けて2冊がセットされたものは、サイコーと飛びついたものの、あると思っていたページがなく、加えて、意外にも、出先で半年前を振り返る機会があるのに、「半年前の手帳は自宅の本棚でおやすみ中」というストレスシーンがあり、書店にある「手帳は●●」みたいな事務系・地味系まで視野に入れて物色しておりました。

が、内容は気に入ったものがあったのですが、案の定、カバーの地味さに納得できず、購入は断念。

「理想の手帳を今週中にみつけるぞ!」と決めた矢先、私のお気に入りATM集合ポイント、伊丹空港でみつけちゃいました。写真の手帳を。

詳しく言うと、伊丹空港のアクタスです。

ATMついでに、ちょっとあ~そぼっと、アクタスに器を見に行くと、予想外に手帳が販売されていました。

コクヨさんのものですが、アクタスが仕入れるくらいなので、許せる外見です。

手帳探し中の方の参考になればと詳細を書こうと思いましたが、今見ると、帯に詳しく書いているので、そちらの写真をアップします↓

c0296630_09171523.jpg


c0296630_09172362.jpg


これで、私のスケジュールと、日々の気づきメモと、プランの進行管理、体調メモが集約できるのでウキウキです。

理想の手帳を引き寄せるぞ!と思ってから発見まで2時間ほど。

やはり、欲しいものは手に入ると決めることをお勧めします。

あ、ついでに、欲しいものは「宝の地図」で手に入れるのもお勧めします。

ではでは、今日も1日ごきげんに♪






**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-21 09:21 | |― モノ | Comments(0)

木のまな板デビュー

2016年 10月 19日

c0296630_21262102.jpg


悩みに悩んで、木のまな板を買いました。理由は、ある人から、プラスチックのまな板は、材料を切るたび、プラスチックをきざんで食べていると言われたからです。

でも、プラスチックのように、洗剤でゴシゴシとか、ハイターでまっちろ、なんてできないので、木のまな板を買うのが勇気がいりました。

そんな私を動かしたのが、昨日の記事の続きみたいだけど、ある本に書かれていたこの言葉でした。

「日本料理の高級店は、どこでも木のまな板を使っている」

プロの料理人でもないけれど、この言葉にひかれて、即決定。アマゾンで、自立するひのきまな板を買いました^^

で、初めて使ったのがこのたまねぎカット。焼きうどんを作って食べました~

c0296630_21263043.jpg



なんだか地味な焼きうどんですが、具は、イベリコ豚とキャベツとたまねぎと舞茸を入れ、隠し味に最近使いまくりのこの液体を入れています↓

c0296630_21263467.jpg


こちらは、紹興酒に干し貝柱とむきえびをつけたものです。

紹興酒を料理に愛用し始めたのは、ワインエキスパートの試験対策で買ったことがきっかけでした。味を覚えるためだけに買ったのであまりまくりで、捨てるのもなんだしと料理に入れたところ、いつもの日本酒よりも味に深みが出たので、それ以来欠かすことなく愛用しているのです。

で、薬膳を学んでからは、干し貝柱をつけたものを常備しています。

話は横道にそれましたが、木のまな板。

たわしを買う必要があったり、重曹で消毒する、熱湯をかけるなど、ちょっと面倒なのと、音がうるさいのが難点ですが、水につけたときのひのきの香りに癒されます。

といっても、肉、魚を木のまな板で切る勇気はなく、結局、プラスチックの敷物引いての使用になりそうです~

ま、木のまな板生活、少し続けてみます。




**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-19 23:24 | |― お知らせ | Comments(0)

言葉が人を動かす時

2016年 10月 18日

c0296630_22502867.jpg


百貨店の人だかり。よく見ると実演販売でした。

普段は、だ~れも集まらないのに、本日の担当者は巧みな言葉使いで人だかりの中心でした。なるほど、いつもの人と全く違う感じ、商品は同じだけど。おそらく、テレビで見た実演販売のカリスマだと思います。

私も、最近動かされた言葉があります。

まず、水。

今まで、いろんな浄水器をいろんな人にすすめてもらいました。

水好きな私なので、興味はあるものの、どんな浄水器もピクリとも心が動きませんでした。

なのに、最近友達経由で出会った方の、この一言で、使ってみます!と行動のスイッチがオンになりました。

その言葉がこれ↓

「まゆつばだと思って使ってみてください」

あえて、「まゆつば」という言葉を売主がいうことに、その方のお人柄を感じたのです。

他の浄水器を紹介してくれる方は、「絶対に良いです」としか言わないのに・・・

あと、もうひとつ。

一眼レフカメラです。

私の仲良しは、一眼レフ愛好者が多く、私にもカメラの良さ&楽しさ&一眼レフ購入を勧めてくれていました。

でも、私は数字が苦手だし、ISO感度とか、ホワイトバランスなどの言葉を聞くだけでうんざりだし、ただでさえバッグ重いのにあんなデカいカメラ持ち歩くのイヤだし、私はスマホで頑張るんだ!と主張していました。

でもでも、スマホの限界ってあるみたいで、料理を撮るなら絶対一眼レフだって教えてくれるんですが、私の答えは、「私は料理の先生じゃないから、そんなキレイに撮れなくていいもん」でした。

でもでもでも、ある人がこういったのです↓

「料理の先生じゃなくても、どうせ撮るならキレイな方がいいでしょう」

私:あ・・・確かに(この時点で心が大きく揺れる)

かなり揺れているところにもってきて、友達が言う↓

「いろんなことにこだわるのに、写真にだけこだわらないのがわからない!」

私:確かに・・・他は小うるさいのに、写真はある程度しかこだわっていない。

でも、でも、レストランで大きなカメラ構えてたらお店や周りに顰蹙な店もあるし!というと、これまた一言↓

「お店の料理はスマホでいいじゃない」

私:確かに。。。

この三段揺れで、自宅に帰って私がしたことは、ネットでこんな風に検索する↓

「一眼レフ」「初心者向き」

こんな風に、言葉って、人を、自分を動かします。

どのタイミングで、どんな風に言うかっていうのも、脳の反応でわかるんですが、自分のこころは計算外な私です。

ヨドバシカメラに走るのはいつなんだろう~

**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-18 23:14 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

気づきあふれる日常

2016年 10月 18日

c0296630_0431830.jpg


ここ何日か、何やってたんだろう~というくらいパソコンに向かう時間がありませんでした。なので、ブログもちょっとご無沙汰。

月曜日更新のコラムを飛ばしちゃいけない!と思い続けたのに、ギリギリ更新になりました。

今日も文章は短め。なので、よろしければご覧くださいませ→★★★


**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-18 00:39 | |― お知らせ | Comments(0)

結婚、手に入れて頂きます

2016年 10月 12日

c0296630_23112313.jpg


この場所で、一昨年、チャペルセミナーと題し、素敵なパートナーを見つけるワインディセミナーを開催させて頂きました。

が、今はまだ、おめでた第一号の方が出ておらず、皆さん、道の途中を歩いておられます。

そして、今日は、たまたまた私が受講生のセミナーがあり、会場が、なんと、このチャペルのお隣の部屋でした。

さらに、そして、明日、このチャペルセミナーにご参加頂いた方が久しぶりに集まり、チャペルセミナーフォローアップ講座を開催いたします。

場所は、チャペルからホテルへ。

非・日常を感じて頂きたく、リッツカールトンのクラブスイートをご用意いたしました。

今回は、この間の皆さんを見ていて、あなたはこれをやってください!という、「結婚を引き寄せるための個別ポイント」をお伝えする予定です。

思えば、ホテルのスイートルームでワインを飲みながら、先生に個別アドバイスをもらう」という、体験をくれたのは、後に師匠となる佐藤富雄先生でした。

セミナーと言えば、「会議室」がお決まりだった私には、BGMが「沖縄の海の音」なこの時間は、脳が快適を満喫し、脳がバージョンアップしたひとときだったと思います。

残念ながら、私には先生のような威厳もカリスマ性もありませんが、その分、気楽に、気軽に、非・日常を味わって頂き、脳にスイッチを入れて頂こうと思います。

このメンバーが望む限り、結婚に向けて応援していこうと使命感に燃えております。できるだけ、暑苦しくないよう、気合を入れる所存です。

では、メンバーの皆さん、明日はスペシャルDAYに致しましょう♪



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-12 23:31 | |― ワークショップ | Comments(0)

秋の薬膳ダイニング部終了しました

2016年 10月 12日

c0296630_23513465.jpg


「じゅじゅ~」っと音がなっている場面のこの写真は、薬膳ダイニング部にご参加くださったパーソナルスタイリストのMIHOさんが撮ってくださいました。いっぱい撮ってくださったので、これから小出に使わせて頂きます^^(MIHOさん、ありがとうございます)

さてさて、薬膳ダイニング部は、前半はランチ、後半はお勉強の2本立て。

大皿料理を好きなだけ取って頂くダイニング部と違って、一汁三菜スタイルで、個々にご用意しております。

c0296630_2358596.jpg


レシピもお渡ししていませんでしたが、今回はこれはお勧め!というものはちょこっと資料に書かせて頂きました。なので、帰りに材料を買って帰ってくださったら今晩から作られます。

ちなみに、メニューはこんな感じにしました↓

潤いと胃のケアに・帆立貝柱と蕪の紹興酒マリネ
豚肉とフルーツで潤い効果倍増・スペアリブと無花果のスープ
気の滞りを流して補い、血液もサラサラにする・らっきょう入りポテトサラダを豆乳マヨで
消化不良とむくみをスカット、しかも潤う・鯛の中華風蒸し
潤いながら疲労回復・きのこあんかけご飯
肌・肺・のどを潤す・ラフランスと白きくらげのコンポート


ザ・潤い求む、という感じ。ご参加頂いた方の明日のお肌が楽しみです。

あと、お勉強は、薬膳のちょっと漢字多しのプリントをお配りしたのですが、最後には、「これならできそう~」「変われる気がする」などと言ってくださったので、目的達成。幸せの基本は健康と思っているので、食を工夫してくださることで、ぐっと幸せを引き寄せられると思っているからです。

お子さんのお迎えがある中、途中まで参加してくださった方にも、作れそうなメニューばかりで良かったと言って頂きました。

ご参加頂いた方の幸せ体質が強化できることを楽しみにしています。


次回は冬の薬膳でお待ちしています。詳細、ご予約はこちらからお願い致します。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-12 00:16 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

やりたいことがない、けど、みつけたい方へ

2016年 10月 11日

c0296630_0431830.jpg


明日の薬膳ダイニング部の仕込みが長引き、日付が変わっちゃいました(涙)

ご利用は計画的にという言葉が浮かびます。

今日のコラムは、やりたいことがない、けど、みつけたい方へお勧めのワークを書きました。

ゲーム感覚でやってみてくださいね。



**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-11 01:25 | |― お知らせ | Comments(0)

ちょっとしたひらめきが裏目パターン?

2016年 10月 09日

c0296630_15152305.jpg


10月の薬膳ダイニング部、メニューは当然決まっていたのですが、ひょんなことから栗を頂き、私にあるひらめきが生まれました。

そうだ!メニューにはないけど、お楽しみの1品を作ろう♪

そんな軽い気持ちなのに、栗に手を出したのがマズかった。。。栗の渋皮はガン予防になると、お伝えしようと思ったのが身の程知らずだった。栗なんて、煮たことないのに・・・

参考までに、栗の渋皮煮の大変さをご存じない方のために、作り方をざっとご紹介。(興味ない方はだいぶ下に飛んでください)

まず、栗の固い皮をむくための下準備で熱湯につける→冷えるのを待つ→渋皮に傷をつけないように、丁寧に皮をむく(栗むきばさみが大活躍)→鬼のようにでる灰汁と渋みを消すために1回目の下茹で→栗の表面のもろもろを1つ、1つつまようじもつかってキレイにする→再度、同じ工程でゆがく→さらにもう一度同じ工程でゆがいて洗う→やっと味付け→味がしみこむように冷やす→お正月にも食べるために保存瓶を煮沸消毒→瓶乾かす→完成。

きっと、読んで頂いただけでもうんざりされたと思いますが、夜の10時から始めた私はもっとうんざり。途中、なんでこんなことしたんだろうとか、栗の甘露煮って、お高いのわかる~とか、これは作るもんじゃない、買うもんだっと思ったり、こんなに時間がかかるなんてと、後悔しかありませんでした(完成したのは朝!栗の渋皮煮で徹夜!)

しかも、作ろうと思った、栗の渋皮煮の白和え、やってみたら、お出しするほどおいしくない!

もう、二度とイヤだ~と思うも、私の中の、自分負けず嫌いがムクムク(人に勝ちたいとかは皆無ですが、私はときどき自分と戦います。例えば、車で出かけるとき、知っている道でもナビでセットし、ナビ到着予想時間より、絶対早く着いてやると一人燃える・・・くだらないけど)

なので、来年はもっと上手にできるようチャレンジします。

ちなみに、渋皮煮は、メープルシロップとラム酒で味をつけました。甘いの苦手なので、ほんのり甘さに仕上がったから気に入っています。甘党の方には物足りないかも。手間暇かなりかかったので、ちゃんと保存して楽しみます。

10月11日の薬膳ダイニング部で、栗が出てくるかはお楽しみです。

ちなみに、ちなみに、「もうすぐ満席です」案内から一度満席になったのに、バタバタとキャンセル相次ぎ、お席が2名できちゃいました。

行ってやろうという方、ご連絡お待ちしております→★★★



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-09 15:52 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

薬膳ダイニング部最終のご案内です

2016年 10月 08日

c0296630_11040307.jpg


こちら↑なんちゃってお料理レッスンを受けてくださった方の作品です。ちょうど、テーブルにぴったりなお花をもって来てくださいました。いつも私の好きそうなお花を選んでくださるのが驚き&嬉しいです。

レッスンで、みなさんが苦戦されるのが、意外にも盛り付けやお皿の配置です。料理を始める前は、一番考えないことだと思いますが、やってみると、納得いかないパターンが多いです。もちろん、私も同じです(汗)

ときどき思うのですが・・・結婚したら、旦那さんが喜ぶご飯を作る!友達を呼んでホームパーティーをする!と意気込んでいるけど、「人参皮むくの?」とか、「調味料は塩と醤油しかしらない」みたいな場合もあり、これから練習するのかと思いきや、結婚が決まったらガンバルなど言われます。

何を言いたいかというと、急にはできない。ということです。

と言っても、買ってきた総菜を並べても食卓は成立しますから、考え方&個人の自由ですけどね^^

で、前置きが長くなりましたが、ここでは、10月11日の薬膳ダイニング部の追加ご紹介です。

薬膳ダイニング部は、「自宅ですぐに実践、健康美人で快脳ライフ」を目指しているので、食事の後にお勉強の時間がついています。これがあるから、その日から何を食べるかの目安がわかります。

お食事は、一汁三菜プラスデザートを基本にしています。

食事をさらに美味しく食べるには「オサケ」と思っているので、もちろんワインも登場します。最近はお迎えがあったり、車に乗る方も多いので、今回はノンアルコールのワインをご用意しています。これで、お迎えママも飲んだ気分に♪(気分大事!)

10月は、秋の薬膳のご提案なので、食材は白をメインに、味付けは、とろ~り、という感じで、秋の乾燥による病を予防するメニューをご紹介します。秋は中華が美味しい♪と言われていますので、今回はちょっとチャイニーズより^^

ダイニング部と同じく、カンタンに作れて、ちょっと家のご飯じゃない料理(秋はさんまの塩焼き!とかじゃないの)を目指しております。

お席はあとおひとり様となりそうです。

食欲の秋から始める食養生、健康や美、幸せにご興味ある方はこちらからお申込みくださいませ。




**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-08 11:30 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

「今日も良いことがある」の魔法

2016年 10月 05日

言葉のチカラなんて信じない!

という方に、だまされたと思って、「今日も良いことがある」という言葉を呪文のように唱えてみてと言いました。

ふ~ん、という感じだったので、私も明日は同じことをするから、報告しあいましょうとお別れしました。

なので、ここで書いてみます。

今朝、「これをやっていきたいけど待ち合わせ時間だから無理!」と諦めようとしたら、先方様から10分遅らせてと連絡を頂き、無事にやりたいこと完了。

次、いつもは満車なことが多い駐車場が空いていて目的地の近くにスムーズ駐車。

次、予約困難お教室に初参加。

次、初参加なのに、くじ引きで次回のレッスン半額券ゲット。

次、2講座目のくじ引きでも、次回のレッスン500円引きゲット。
(ほとんどの景品がグッズでしたが、私は2回とも金券。なんかちょっと微妙だけど)

次、思いがけず、蒸し器がいるようになり、無謀にも夜の20時すぎから買いに行き、理想通りの中華せいろを発見、しかも、処分価格の1,280円↓

c0296630_23202019.jpg


でも、蒸す鍋を買わねば!と思うも、最適なものがなく、ダメ元で自宅にあるストウブ鍋にのっけてみたらにぴったりサイズで、もう鍋いらず。

おかげで、かわいくできた肉まん、あんまん(肉まんの皮が小さく破れてるのはご愛嬌)

c0296630_23202308.jpg


下にひいた白菜がうまい♪小籠包↓

c0296630_23202718.jpg



最後は、夜にピンポ~ンとインターフォン。クレジットのポイント景品のギフトカードがやってきて、見ると、今日買い物した金額と同額の商品券。このタイミングに、うふふ、うふふ、と嬉しくなりました。

ざっと、こんな感じなので、私には今日は良いことがあるの魔法が効いたように思っています。

他の人からしたら、つまらない話ばかりかもしれませんが、私は嬉しいので、良いことあるディに認定します。

お約束した方はどんな1日だったか、お聞きするのが楽しみです。

ただ、ここで、師匠の佐藤富雄先生の言葉を書かせて頂きます。

「言葉の力は、その力を信じたものにだけにやってくる。」

みなさん、「信じるものは救われる」精神をお勧めしま~す。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-05 23:58 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

人生は誤解だらけ

2016年 10月 03日

c0296630_0431830.jpg


自分が誤解し、誤解された体験をベースに書きました。

今日のこころの悩み解決コラム。

人生は誤解だらけ

自戒を込めて・・・^^




**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-03 23:10 | |― お知らせ | Comments(0)

夢を叶える宝の地図の会・満席日が出てきました

2016年 10月 03日

c0296630_13505286.jpg


夢を叶える宝の地図の会2017、まだ先のようですが、ポチポチご予約を頂いております。

欲しいものを引き寄せるのは、右脳にスイッチを入れるのが一番です。

右脳にスイッチを入れるには、イメージの力が必要です。

イメージのチカラ、そんなになくても、欲しいものを貼るだけで結構引き寄せられちゃいます。

宝の地図は3時間ほどで完成します。

夢を叶えたい方は、最初の1歩としてご参加ください。

2017年の宝の地図の会は以下のパターンでご参加頂けます↓

●通常版→★★★

●夢叶ポイント講座&薬膳ランチ付き1DAYコース→★★★

●お子さん同伴ディ→★★★(ただ今、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はコメント欄でお願いします)

●お子さんも作成OKディ→★★★

なお、メールで空席確認等頂いた方も、上記の申し込みフォームからお申し込みをお願い致します。


**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-03 11:10 | |― 宝の地図の会 | Comments(0)

ワインエキスパート、残念な結果でも・・・

2016年 10月 01日

c0296630_19482627.jpg


昨日だったんですね。ワインエキスパート呼称試験の合格発表は。

合格された方は、本当におめでとうございます。昨日はゆっくり眠れたと思います。試験対策ワインじゃなく、ご自分のお好きなワインを存分に飲めたと思います。もう、時間に追われる生活ともお別れですね。1年間お疲れ様でした。

そしてそして、今回は残念だった皆様も、本当にお疲れ様でした。試験当日、自己評価が微妙だった方は、ギリギリまで望みをもって昨日を迎えらえたかもしれません。奇跡が起こって、合格しているかも、という一抹の望みも、無残に打ち砕かれたかもしれません。私も、初年度、2次試験で落ちましたので、お気持ち、痛いほどわかります。

私の経験ですが、昨日は、Facebookなどで、合格した方の喜びコメントをご覧になったのではないでしょうか?その方のページに書き込まれたお祝いコメントを見て、疎外感を感じれた方もあるのではないでしょうか?

合格者の集まりに呼ばれないことや、不合格でも行けるお疲れさん会に呼ばれても、どのツラ下げて・・・と行く気がない方はおられませんか?

何を言われても、どんな慰めも、あんまり効果もないと思います。そして、多くの方がしばらく残念な結果を引きずります。

しかし、しかし、たかが、ワインの試験なんです。嗜好品の試験です。日本人のほとんどが詳しくないワインの試験です。気にするの、やめましょう。

というと、時間もお金もつぎ込んだと叱られそうですが、それだけ、余裕があったのだと思ってはいかがでしょうか?職業柄、どうしても資格が必要なソムリエさんと違って、ワインを仕事にしていない一般人が、ワインの試験を受けるって、それなりに余裕のある方しかいませんでした。明日の米もないって方は、ご一緒したことがありません。

だから、楽しんだのだと思いませんか?趣味ってお金がかかるもんですし、その間得た知識も、仲間もできたんですから。

私なんて、人の願望達成をサポートする仕事なので、不合格って、仕事に悪影響を及ぼすって、本気で考えて、すごくすごく嫌でした。

わ~潜在意識の使い方教えますとか言って、不合格じゃん、願望達成してないやんっと呆れられそうで、信用を無くしそうで、本当に嫌でした。一瞬、試験は病欠したことにしようかと思ったくらい嫌でした。

もうやめてしまいたかったけど、不合格のままでは「願望達成できない人」や「無能」のレッテルを貼られそうで、来年は何が何でも、合格するしかないと思いました。この仕事をやってきたプライドにかけて。

でも、また、それは、それで、2浪目のプレッシャーみたいなのがかかる毎日で、なかなか失敗の経験が消えない日々を送りました。おそらく、夏頃も、たいしたテイスティング力もつかず、焦りだけがつのる日々でした。でも、それが消えたのは、やはり、セラピーのおかげでした。(どんな重症)

ちょうど、私のメンタルの師匠の講座を受けていて、「トラウマを消す」的なセラピーのレッスンのとき、師匠が私をデモンストレーションに選んでくれ、不合格ショックを消してくれました。

その瞬間から、「あ、大丈夫、合格する」と思え、翌日からテイスティングの正解率がグンと上がりました。

そこからは、イメトレの日々。で、2年目で合格となりました。

この経験から、試験は二度と受けない!と心に誓いましたが、翌年には何かの試験を受けていた自分がいます。

長くなりましたが、不合格だった方に、必要以上に落ち込む必要はないと言いたいことと、チャレンジした日々は栄養になっているってことと、試験はメンタルが大事ってことが言いたいだけです。

しばらくは、どんな言葉も響かないかもしれませんが、あなたが思う以上に、世間は優しく見ているので、自分に優しく、仕事を持ちながら、一生懸命頑張った自分をほめてあげてください。

そして、来年は絶対合格しましょう。

ワインエキスパートあるあるに、否定的気味なことを書きましたが、いいこともいっぱいありますから!

とにかく、寝ましょう。好きなワインを飲みましょう。しばらく遊んでやりましょう。で、チャージしてから、頑張ってくださいませ。

ではでは、皆様、お疲れ様でした。





**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-10-01 20:24 | |― ワインエキスパートへの道 | Comments(0)

欲しい未来を手に入れる未来日記の書き方

2016年 09月 30日

c0296630_19341451.jpg

重陽の節句に始まった、菊の月が今日で終わります。今日が区切りの方も多いようでした。

明日から10月、また心機一転の機会がありますので、今日は未来を描くことについて書いてみます。

幸せ体質プログラムでは、未来日記のレッスンを入れています。

未来日記とは、自分の欲しい未来を日記のように書く、佐藤富雄先生から教えてもらった方法です。

そろそろ盛んに発売される来年の手帳でも、未来日記の要素を入れたものがたくさんありますよね。

この未来日記、大変パワフルな効果を発揮するのですが、幸せ体質プログラムの中で、一番、苦戦する方が多いのも未来日記なのです。

これが欲しい、あれが欲しい、こうなりたい、ああなりたいと、思っているようで、いざ、未来を日記に書くとなると、書けないのが普通なのかもしれません。

未来日記が最も効果を発揮するのは、人に聞いてもらうことなのですが、そんな機会も少ないので、まずは、私に読んで聞かせてもらいます。

どんな未来を描かれるのか、まったく知らなくても、書かれた日記を聞いていると、ありありと状況が浮かぶ方や、うわ~もう叶ってるんじゃないか!と錯覚する方や、途中で感動の涙を流される方や、こちらがあったかい気持ちになる、なんてことがあるのです。

反対に、あなたそれ、やりたいですか?と思う方や、「自分で読んでて楽しかったですか?」と聞いてしまう方もおられます。

また、あれはイヤ、これはイヤ、と嫌々リストになっている方もあります。

明確な望みがない場合、嫌々リストをあえて書いてもらう場合もあるのですが、最終的な未来日記は嫌々リストではちょと残念です。

例えば、●●するべらからず集を読んだら、しんどくなりませんか?

何を食べたい?と聞いたとき、あれはいや、これはいや、とイヤを並べられるより、こんなのが食べたいと言ってもらえる方が嬉しくないですか?(なんでもいい、美味しいもの、という答えも、いかがなものかと思います。)

言葉で人生は作られます。使う言葉には考え方があらわれ、エネルギーを持っています。

言葉は未来を作る力を持っています。

ぜひ、未来を描く習慣を取り入れてみてください。

未来日記を最近更新していない方も、この機会に再度チャレンジしてください。

未来日記って何だ??って方がいらしたら、久しぶりに、未来日記講座か手帳講座を企画しますね。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-30 21:03 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

ワインエキスパートあるある

2016年 09月 29日

c0296630_21443860.jpg


先日、ソムリエ・ワインエキスパート呼称試験の2次が終わったようですね。

私が受験したのは、もう3年くらい前ですが、未だに、この時期はワインエキスパート関連のキーワードで検索してくださる方が多いので、今日はちょっと結果発表前の小休止に「ワインエキスパートあるある」を書かせて頂きます。

これは、私が体験したことで、万人に共通するわけでないこともあるかと思いますが、お許しください。

では^^

・ソムリエとワインエキスパートの違いを死ぬほど聞かれる。

・ソムリエとワインエキスパートの違いを説明し終わったあと、なぜかしら、必ず、ソムリエは超難関で、ワインエキスパートは英検4級くらいなんだ的な反応をされて何とも言えない気分になる。でも、「レベル、一緒なんです!」と張り切って言うのもなんなんで、グッと言葉を飲んで話を終える。

・ワインと食事のマリアージュをもっと知りたい!と思って受験を志すのに、いざ、勉強を始めると、ぶどうの病気の名前とか、育て方とか、特級畑の名前とか、普段使う機会のないことを覚えるウエイトがかなり多くてガッカリする。

・ワインエキスパートなのに、テイスティングの試験に、ワイン以外のお酒が2種類も出るってことにビックリする。しかも、ワイン以外、そんな好きじゃないのに買ってまで飲まないといけないことにちょっとイラつく。

・ワインエキスパート、すっごく頑張って取得するのに、合格後、活用する場がそんなにない。

・友達と一緒にレストランに行って、お店の人とワインの話になったとき、必ず、「彼女はソムリエさんなんです」と間違った紹介をされ、お店の人に、「そうなんですか?!どちらのお店ですか?!」と嬉しそうに聞かれて、「いえ、私はワインエキスパートです」と毎回説明するのが面倒になる。しかも、その友達には何回もソムリエとワインエキスパートの違いを説明しているので、まだ言うかっとガッカリする。

・合格後、あの夢にまで見たバッジが有料で、しかも、うん万円で、任意で買わねばならないことに愕然&協会の商売のうまさに舌を巻く。

・引き続きバッジ話。使い道ないしな~と思うものの、やっぱり記念に買っておこうと、申し込んで買うんだけど、やっぱり本当に使い道がなくて、ちょっとホコリをかぶりかけていることに少し虚しさを覚える瞬間を体験する。


う~ん、まだまだあるけど、いい加減仕事しないといけないので、今日のところはこの辺で。

**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-29 23:58 | |― ワインエキスパートへの道 | Comments(0)

毎日のご飯をお薬に

2016年 09月 28日

c0296630_12470542.jpg


最近、潤いが足りないぞっと思い、乾燥した体をうるおす無花果とスペアリブのスープを作りました。おかげで、今日は顔面がしっとりしています。

お鍋に放り込んで煮るだけ、なのに、化粧水を変えたのか?美肌サプリを飲んだのか?みたいな感じになりました。まさに、食は薬。こちらにも書いていますが、私はこの言葉が気に入っています。

汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ。

最近、抗ガン剤を使用する治療の是非がさかんに問われています。私の母もこの10年再発はしていませんが、副作用丸出しの体調になりました。今は、加速する老化を緩やかにする食と、出ている症状のケアになる食事を考えて作っています。もちろん、自分の弱い臓器のケアも。

特に、体に弱っている部分がなくても、季節に応じて、強化したい臓器のポイントは抑えてほしいもの。

今なら、「秋」の養生をしたいので、乾燥から体を守ることと、雨が多いことによる体調の不良をケアする食がお勧めです。

私の仕事は「心」ですが、「心と体は一緒」なので、体のケアは欠かせません。

体調が悪いと、夢なんてどうでもよくなり、ただ、痛い、しんどいしか頭になくなります。

しかも、1日に食べている時間、食べるものを用意する時間も結構あり、それを短縮&快適にすると、自然と心にも余裕ができ、未来の想像も、夢も膨らむと思うのです。

というわけで、この秋からの1年、全5回で季節に合った食事をお伝えする薬膳ダイニング部をスタートします。ぜひ、毎日の食事を薬にする方法をのぞいてみてください。

しかし!結構なご要望を頂いていたのに・・・未だ、お申込みがちょろっとというさみしい現実^^あれれ~という感じですが、ま、ご興味お持ち頂けましたらお出ましくださいませ。

詳細はこちらでご案内しております→★★★

c0296630_14220499.jpg



**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-28 17:14 | |― はじめて薬膳 | Comments(0)

どこかでOKを出す

2016年 09月 26日

c0296630_0431830.jpg


今日は間に合いました~こころの悩み解決コラム。

テーマは、自分にOKを出す

自分の最近の経験を書きました。

リンクにたどり着くまで少々時間がかかりますが、読んで頂けると嬉しいです。

ではでは、お願い致します。


**************
近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-26 21:54 | |― お知らせ | Comments(0)

安産祈願ドリンク?

2016年 09月 25日

c0296630_23241905.jpg


今日でお彼岸が終わりましたね。私は例年通り中山寺に行ってきました。

そこでみつけたのが、このかわいいイラスト。安産祈願で有名な、中山寺でとれた梅だけで作った梅シロップと梅酒のパンフレットなのです。

この日は、プレママフェアってのをやっていて、恥ずかしながら、プレママにまざって梅シロップを買いました。私は関係ないですが、幸せ体質プログラムを受けてくださった方にもプレママがおられるので、もし、宝の地図の会にでも来てくださったときに飲んでいただこうと思って買いました。なんだか、ご利益ありそうな気がしましたので。(個人的には梅酒を買いたかったけど^^)

結構人気のお品みたいで、いつも即完売するらしいです。無添加、砂糖は甜菜糖ってことも魅力♪

思いがけない買い物ができたあとは、普通にお参りして帰りました。

c0296630_23243164.jpg


よく行く中山寺。家から近くて助かります。

c0296630_23245598.jpg

**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-25 23:40 | |― 仕事での想い | Comments(0)

夢を叶える宝の地図の会・1DAYコース開催します

2016年 09月 25日

c0296630_20102967.jpg


小出しにしてすみません。

夢を叶える宝の地図の会、昨年に続き、1DAYコースを設けました。

開催は年が明けてから。新年に心機一転と思われる方はご参加ください。

なお、1DAYコースにご参加頂きたい方はこちらの申し込みページでご案内しております。

通常の宝の地図の会と合わせてご検討くださいませ。



**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-25 20:18 | |― 宝の地図の会 | Comments(0)

秋分の日にお勧めのこと

2016年 09月 22日

c0296630_14274526.jpg


今日は秋分の日です。

単なる祭日っと思いがちですが、便宜上決めた敬老の日や体育の日とは違う感じがしませんか?だって、太陽がかかわっていますから。

で、こんな日は、決まって、●●すると良い、みたいなことがあるもんです。

なので、三カ月ぶりにメルマガに書きました。ご興味お持ち頂ける方はこちらをご覧くださいませ。

※「登録」をクリックして頂くか、「バックナンバー」をクリックして頂くとご覧いただけます。

メルマガ、別のところから発行したく、探していますが決めかねていて、従来のまぐまぐからお送りしています。スカッと切り替えて、内容も新たにスタート、と、行く予定がただの放置に。仕事できない人丸出しのお恥ずかしさです。




**************

近日中のワークショップはこちら→★★★























[PR]
# by yuristyle | 2016-09-22 10:35 | |― お知らせ | Comments(0)

お申込み開始・「宝の地図」同伴MIXディ

2016年 09月 22日

c0296630_1940105.jpg


夢を叶える宝の地図の会

ただ今満席、キャンセル待ち受付中の赤ちゃん同伴ディに続き、お子さんも宝地図にチャレンジ、その他いろいろな方にご参加頂けるMIXディ(詳しくはこちらをご覧ください)のお申込みページを作りました。

恐れ入りますが、リクエスト頂き、日程を合わせた方も、改めてこちらでお申し込みをお願い致します!

お子さんも作られるので、お席が大変少なくなります。お早めにお申し込みください。

また、ノーマルバージョンの宝の地図の会も募集中です。
こちらからお申込みくださいませ。


**************

近日中のワークショップはこちら→★★★






[PR]
# by yuristyle | 2016-09-22 09:56 | |― 宝の地図の会 | Comments(0)

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧