朝のウォーキングができないのは

c0296630_2151133.jpg


こちら、料理研究家の田中愛子先生。
どうして先生が登場して頂いたかは後ほど・・・

今日は、朝のウォーキングがしたいのに、できない!って人の、
参考になればと書いてみます。


人生を豊かにしたいなら、脳を活性化したいなら、幸せになりたいなら、
歩くことが一番の近道です。

これは、私の亡き師匠、佐藤富雄先生の言葉です。


私は幼稚園からの夜型人間で、タクシー大好き。
早朝に起きて、しかも目的もなく歩くなんて、
まったくもって、意味不明な行動でした。


佐藤先生の仕事を手伝うことになっても、2年くらいは歩きませんでした。
その時の私は、歩いて幸せになるとは思えなかったからです。

でも、その間、素直に歩いている人がどんどん人生を輝かせている姿を見て、
私もやってみようと思いました。

歩くようになって、歩くことの効果を思いっきり体感しています。


しかし・・・今朝、寝坊してしまいました。
外出するまでにすることはいっぱい。

歩く時間をカットすれば、なんとかなりそう。

今日は歩くのおやすみ、だって、時間がないんだもの。

と、思った瞬間、自分が歩くことを軽く見ていることに気づきました。

ちょっと歩かなくたって大丈夫。
歩くより、あれをやる方が大事・・・そんな気持ちがムクムク。

でも、あれ、をやるためには、歩いて脳を活性化する方が近道。
自分では想像できないサプライズを感じるためには、歩くことがエネルギー。

そう思いなおし、やりたいことを放置してウォーキングへ。

結果、思いがけず、冒頭の写真の田中愛子先生と何年かぶりにバッタリ!
新しく作られた料理教室にもお招き頂きました。

で、トントンと話が盛り上がり、
先生の料理と私のココロの話で、一緒に活動していこうという話になりました♪

思えば、田中先生との出会いも、私がウォーキング中に迷子になったことがきかっけ。
そして、田中先生との出会いで、美食会やダイニング部ができました。


これ、歩いていないと考えられない一例です。

長くなりましたが、歩くって事の効果を、歩くって事の目的を、
もう少し信頼して頂くと、

歩く時間が捻出できるのではないでしょうか?

歩くモチベーションが上がるのではないでしょうか?


以上、自分の体験談より。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-29 23:39 | |― ○○なあなたへ | Comments(0)

ワインエキスパートへの道10/20回目

c0296630_2120099.jpg


今朝、二次試験対策用に、頼んでおいた良く出る品種セットが到着。

うわぁ~これ全部楽しみ~♪って感じはなく、
これ・・・全部覚えないと・・・と、呆れるほどマイナスな考えから始まる私(汗)


で、今日は受験対策講座の日。

10回目の今日は、ワイン以外の酒類の勉強。

c0296630_2126492.jpg


ラムにウオッカ、ブランデーにスコッチ、グラッパ。
全部40度以上のアルコールのオンパレードで、
教室にはアルコールが充満する。



そんな今日の話はさておき、今日の小テストはロワール地方に、アルザス地方。

テストの点数は、すっごく言いたくない、恥ずかしい点数の12点(20点満点)

敗因の理由は、ロワール地方の地図を理解していなかったこと。

地図の問題だけではないのですが、納得しないと次に進めない、
人間の脳の特性が出ちゃいました。

そう、記憶術でも習いましたが、脳って、納得できないと記憶しないシステムなんです。

だから、納得いくまで質問する、調べるってことが大事。

私も、毎回先生のところに行って、恥ずかしいことお聞きしますが・・・と
小声で質問しています(汗)

ホント、初歩的なこと聞いています。

聞くって勇気がいるときがあるけど、勇気を出す価値は必ずある。

そう思いませんか?
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-29 21:19 | |― ワインエキスパートへの道 | Comments(0)

わけるって、楽しい

c0296630_1284724.jpg


こちら、特大、聘珍樓の極上饅
とっても大きく、到底ひとりでは食べられません。

なので、1個だけ買って半分に割ってから食べる。

とびっきり分厚い貝柱が入っているけど、
1個しか入っていなかったので、ひっぱりだして半分に切ってから、一方に突っ込んだ。

わけて食べるって楽しいし、あったかい気持ちになる。

しんどいことも、楽しいことも、分けられるといいんだろうな~

そんな時ばっかりじゃないけど、
そんなことを増やすことはできるんだろうな~と、
つけ過ぎたカラシで涙ぐみながら思う私であった。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-28 12:08 | ★ つぶやき | Comments(0)

心配なら準備を

c0296630_1414846.jpg



こちら、ぴょんぴょん舎の冷麺♪
年中無休の銀座店に張り切って行き、めったにない施設点検日で食べられなかった私。
心残りになっていたので自宅用を買ってみた。う、うまい・・・(でも、キムチは辛過ぎる)


ってのは、ブログの内容に無関係ですが・・・


今日は、心配や不安が消えない人に・・・
不安があるなら準備しませんか?って話です。


まず、私は、「人は、不安になる生き物」だと思っています。

不況でリストラされるかもしれないし、大地震がくるかもしれないし、
急に配偶者に先立たれるかもしれないし、試験に落ちるかもしれないし・・・

大なり小なり、不安や心配はあると思いますが、
心配症の人や、常に不安がある人って、たまにいます。

そんな人に、大丈夫よって、太鼓判押しても、まず、信頼してくれません。
(カリスマ性のある人に言われたり、無意識から変えたら別だけど。)


自分で、不安や心配を解消したいなら、準備をすることをお勧めします。


例えば、大地震が不安なら、いざという時に備えて食料を備蓄する。
ひとりになったらどうしようと思うなら、ひとりになっても生きていけるように準備する。
試験に落ちるかもしれないって思うなら、一生懸命勉強する。


ただ、不安だ、心配だ、なれなかったらどうしようって思う時間があるなら、
不安を緩和するための方法が考えられるはず。

悪いイメージをするより、楽しいイメージをする方が楽しいってことに気づいてほしい。

悪いことを考えるか、楽しいことを考えるか、
どれを選ぶかはあなたにできること、あなたにしかできないこと。

人は、考えることができる生き物。
自分で考える力を持っている。

明日をどう生きようって考えてるヘビはいないけど、
明日をどう生きようって考えられるのが人間。

不安な自分を元気にするため、今の自分にできることは何か?

自分で考えて、自分で行動してみませんか?
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-27 14:13 | |― ○○なあなたへ | Comments(0)

宝の地図、手放す

今朝から、整理したい欲求がメラメラ。

朝の6時から服の入れ替え、処分にいそしみました。

中でも、1番大きいのは、今まで置いていた夢を叶える宝の地図を手放したこと(処分)

何年か前のもので、叶っていないものがあるのですが、
なんだかもう必要ないような、今の自分は求めていないような気が致しまして・・・

何にも貼っていないコルクボードが新鮮です。

これから、新たな夢を探してみます。

あ~、スッキリ
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-26 19:18 | ★ つぶやき | Comments(0)

とりかた次第

c0296630_16261253.jpg



西天満にある仏&中のビストロ、AZ(アズー)さんにて。

タイトルの、とりかた次第ってのは、幸せも、出来事も、写真も、その他諸々、
とり方次第で変わるってこと。


例えば・・・

幸せになる法則をおんなじように伝えても、

それだけで幸せになるんですね!と信じて実行する人と、
そんなことで本当にそうなるの~なんて思う人では反復、実践する数が全く違う。


前者は、信じて実行するから結果がでる。
後者は、疑いつつやるから結果が遅い。もしくは、結果を軽く見る。


よく言われる、コップに入った半分の水を、

まだ半分ある!って思う人と、あと半分しかない!って思う人では、
すべてが変わるってことと同じ。


現象や事実は一つ。
受け取り方や、感じ方が違うだけ。

どう受け取るか、どう感じるか、100人いたら、100通りあるんだろうな~




この酢豚ちゃんも、とりかた(撮り方)でこんなに変わる~↓




c0296630_16281986.jpg




TOPの画像は、オット撮影。
このごちゃごちゃ欲張り構図は私撮影
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-26 16:26 | |― 外メシ | Comments(0)

別れた後の関係性

c0296630_23493974.jpg


最近、離婚後の夫婦が仲良くしているという話をよく聞く。


一緒に温かい家庭を作ることはできなかったけど、
人としては好きな人だからお互いの幸せを願っているって、みんなが言う。


とってもいいことだな~と思う。
でも、自分はどうなんだろうと思う。


私が同じ立場になったとき、友だちとしてオットと仲良くしたいんだろうかと疑問に思う。


もちろん、相手の幸せは願うけど、付き合いたいとは思わないように思う。

逆に、別れても付き合いたいと思うくらいなら、別れなくてもいいように思う。

結婚に離婚、本当に奥が深い。



ただ、最近話題のアイドルさんの別居騒動に思うことは、
浮気は許せても、自宅に呼ぶのは許せない。
きっと、秒速で離婚して、一生怨んでやるって思いそうな気がするなっ。アハハ
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-26 13:13 | ★ つぶやき | Comments(0)

見かけによらない

人の中身は外見にでるが、見かけによらない・・・ってこともあることは周知の事実。

この花だって・・・

c0296630_12525023.jpg


最初はこんな風にダークな赤色で、とっても小ぶりだったけど・・・↓







実際に咲いてみると、こんな感じに!


c0296630_12525187.jpg



色はとっても鮮やかなマゼンタだし、びっくりするくらいの花びらの量と大きさです。



人間も、おとなしく見えても、激しい面を持つ人もいる。
その激しさに、本人さえ気づいていないときもある。

逆に、言いたい放題のこわもての人でも、とっても小心者で、気遣いやさんな人もいる。



体験してみないとわからないことって、たくさんあるんだろうな~
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-26 12:52 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

限度を超えることがくれるもの

c0296630_2143515.jpg




昔、山咲千里さんのトークショーで聞いた話↓


一度、限界までメイクしてみよう。
目もこれでもかってくらい、塗って塗って塗りまくって、
鼻筋も立てて立てて、マスカラも、もう重い!ってくらい塗ってみよう。

そんな風に、限界までやりきったら、どの辺の顔が一番キレイで、どんな風に塗ればいいか、
いろんな加減がわかるようになるからって話だった。


私も、早速帰って塗り塗り。

どこぞの舞台女優みたいになったが、憧れのおめめパッチリに生まれ変わった私は、かわいいかも~なんて思った一瞬があった。

もちろん、私がかわいい~と思えるまでメイクをすると、あまりの厚塗りに引かれてしまうので実際に外出することは不可能だった。


でも、千里さまの言うことは一理も二理もあると思った。

頑張るって意味じゃない限界までチャレンジするってこと、なんだかいい効果があるよに思う。



先日、常識から絶対に外れたくない!普通がいい!目立たない生き方がしたい!
それさえできれば望みはないという人に出会った。


人がどう生きたいと思うか、全くもって自由極まりない。


ただ、私は人生のあるひとコマ、ハメを外していたと思う瞬間があることを嬉しく思う。

思えば、バブル絶頂期の頃。

私は、派手スイッチが入り、今思うと恥ずかしい思考を持ち、滑稽な行動に出ていた。


まず、身の回りのものを選ぶ時は派手であるかが基準だった。

化粧で言えば、眉毛はまっ黒、極太、目はムラサキ、唇も人を食った後みたいな真っ赤でギラギラ。

服で言えば、背中が逆三角形に大きく切り取られたピンキー&ダイアンのスーツ、カラダのラインがビチビチに出るノーベスパジオの全身タイツみたいなワンピ・・・わかるひとにはわかる、恐ろしく派手派手な服を毎日着ていた。

学校が終わって、行くところと言えば、ディスコ。

注:ディスコとは、見ず知らずの男女が、音楽に合わせて自由に、または、決まった踊りを踊るヘンな場所。そこは、服装チェックなどがあり、基準に満たない服装、容姿だと入口で入れてもらえない事もあるハードな場でもある。しかし、男女が出会うにはとっても好都合な場。

ディスコでは、いかに自分がいい感じに見えるかが大事で、お立ち台に上がるにはちょっとした勇気がいったが、私は全然平気に台の上にあがってクネクネしていた。音感のない私は、きっと、ブサイクな踊りだったに違いないが、自分を鍛えて、祇園のマハラジャに行くことが大きな目標だったような気もしなくもない。(当時、ディスコにはランクがあり、関西の頂点は祇園マハラジャだった)

お鼻もグンっと高かったし、肩で風も切っていた。自分はなんでもできると思っていたし、自信も充分に持っていた。そんな大した身分でもなく、フツ―の短大生なのにである。


しかし、今振り返ると、そんな滑稽な時代に自分が得たものは大きく、あの感覚があったから、今に生きているというものがたくさんある。


だから、おバカな時代も、ハメを外すことも、100%悪いということはないのではと思う。
限度を超えたところにしか見えないものもあるし、失敗がくれる成功もある。


それに・・・人生を振り返った時、笑えるネタがひとつ増える可能性もあるし。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-24 21:03 | |― ○○なあなたへ | Comments(0)

ワインエキスパートへの道 9/20回目

c0296630_0125173.jpg


9回目の小テストは私の大好きな泡、シャンパーニュ地方とジュラ、サヴォア地方。

テストの結果は19点(20点満点)

ここ、みんな高得点だと思ってくれがち。

でも、ホントは、ここでは20点取るのが当たり前。
覚えるところ少ないし、点あげますって問題のオンパレードだから。

そして・・・ここで読んでくれている人に言いたいのは、

満点じゃないって嘆くより、高得点で当たり前だってすかすより、

凄い!19点も取れた~と有頂天に喜ぶことが脳にはごちそうだってこと。

だんだん良くなってきたぞ!今度は満点を目指すぞ!って、
いつもプラスに考えること、今の自分を褒めること。

それが、いろんなことを良い結果に導いてくれる脳の仕組み。

これ、自己啓発がらみじゃなくて、記憶術の先生も言ってました。

脳はダメって、思うとダメだし、できないって思うとできないって・・・
当たり前のことだけど、なかなかそれができないのが人間かもしれません。

でも、練習次第でできるようにもなるのが人間。
習慣って、繰り返せば身に付くもんなんです。

私も、最近ワインエキスパートに合格することが、高い目標だと思わなくなりました。
まだまだ覚えることいっぱいですが、なんとかなるわっとか、
合格しているんだろうな~ってイメージできるようになりました。

これも、指導してくれている先生や、一緒に勉強している仲間のおかげです。

ここまで読んでくれた人にも感謝。
ありがとうございます♪
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-24 00:06 | |― ワインエキスパートへの道 | Comments(0)

5月のダイニング部

食卓を楽しくすると、人生が豊かになる。


食空間で自分の豊かさを味わうため、食事付きセミナー【ダイニング部】を開催しています。
雰囲気はこちらをご覧ください→★★

5月は28日(火曜日)のみの開催です。

今月は、食材の関係から、5月24日(金)までのお申し込みとさせて頂きます。

ご参加いただける方は、以下よりお申し込みください。
よろしくお願いいたします。


【日程】2013年5月28(火)
【時間】12時~14時頃(お帰り自由です)
【参加費】10,000円(飲食代込み)お土産付き♪

お申込み、お問い合わせは↓

【パソコンから】http://ws.formzu.net/fgen/S76692302/
【携帯から】http://ws.formzu.net/mfgen/S76692302/
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-22 11:04 | |― ダイニング部 | Comments(0)

想いが届かなくても・・・

c0296630_20171038.jpg



自分の好きな人が他の人と結婚したら・・・

きっと、立ってられないくらいショックだと思う。
目の前が真っ暗になり、涙が止まらないかもしれない。

ましてや、最近いい感じになってきたな~なんて思っていたら、
余計に「なんで・・・」とか、「あの態度はなんだったんだ」なんて思うかもしれない。

おまけに、彼の結婚を喜べない自分を嫌になったり・・・
感じなくてもいい罪悪感や、自己嫌悪でいっぱいになるかもしれない。


でもね・・・

彼に対して、怒ってもいいと思う。
バカヤローって言ってやってもいいと思う。
彼の幸せなんて願えなくてもいいと思う。
勝手にやりやがれって感じで、プンってしててもいいと思う。

イヤミのひとつも言ってやってもいいくらいだ。


すぐには思えないかもしれないけど・・・

あなたの幸せな未来に、彼は関係なかった。

あなたがバージンロードを歩くとイメージした人は、本当は彼ではなかった。

彼が他の人と結婚したことは、あなたにとって幸せなことなんだ。

そんな風には考えられないだろうか?


きっと、あなたを幸せにしてくれる人は他にいる。
それに、あなたは自分の力で幸せになることができる能力がある。

もし、未来のあなたから今のことを振り返ったら、
今のこの悲しい出来事は、あれがあったから今の幸せがあるんだと思えるに違いない。

悲しいのはほんの一瞬だけ。

すぐに笑える日がやってくる。

あんなヤツのどこか好きだったんだと、若かった自分を笑える時が来る。

悲しいのは今の一瞬だけ。

今は悲しくて見えていないだけで、幸せはあなたのすぐそばまでやってきている。

幸せな未来に向かって、前を向いて歩きましょ。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-19 22:05 | |― ○○なあなたへ | Comments(0)

アールエフワン(RF1)ごっこ

c0296630_11163825.jpg


基本、惣菜を買うという行為は避けたい私も、
アールエフワンさんはお気に入り。

何と言っても、あの美味しそうな見せ方、ヘルシー感をそそるメニュー名。
惣菜を買う=手抜き、マズイ、冷えているのマイナスイメージを感じさせないお店です。


私も、あんな風に料理がみせれるといいな~と、参考にさせて頂いています。
ちなみに、一番好きな見せ方は、ディーン&デルーカ
東京へ行く際は、無理やり品川駅を使ってでも立ち寄ります。
(でも、神戸店には神戸に行ってもよりません・・・不思議)

私が惣菜を選ぶ基準は↓

★自宅で再現できるかどうか?

★テーブルに乗せたときに、美味しそう~って思ってもらえるかどうか?


ただ、今日作るのが面倒だからという理由では選びません。
これ、作れるかも、美味しいかもっという視点で買うので、
同じものを再び買うことはありません。

で、前置きは長くなりましたが・・・
今日のランチはRF1さんを真似した野菜、色あい、味付けにしてみました。

初めてメニューの割にはいい感じかも。

これ、冷やすともっと美味しいと思うのですが、冷えるまでになくなる予感です。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-17 11:16 | |― 家めし | Comments(0)

すっぽんの美肌効果

昨日頂いたすっぽんのスープ。



どんな影響がカラダに出るかと楽しみに起きてきた私。

なんと、顔がキュッとリフトアップし、ホホの高さもアップしていました。
嬉しいことにフェイスラインもシャープに、あごがとんがりました~

一回で効果なんてあるんですか~と疑問を投げかけた私に、
あります!と声を大にして言って下さったおかみさん。

なんと、胸の上部(わき付近)も上がってくるらしいです。

本当は毎日飲む方がいいと言われ、無理~と諦めましたが、
1日90CCでいいらしいです。

お高いコラーゲンサプリやヒアルロン酸、ローヤルゼリードリンク、ふぐ、ふかひれ、
どれも効果がなかった私は、今すっぽんに注目です。

今月中、再来店してすっぽんスープ情報を集める予定です。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-17 09:00 | |― 食とカラダの関係 | Comments(0)

ワインエキスパートへの道 8/20回目

またまたワインエキスパートへの道です。

8回目の昨日、小テストの結果は20点満点の15点。
これ、ちょっと残念な点数です。

今回のテストはブルゴーニュ地方のプルミエ・クリュ(1級畑)
あの有名なロマネ・コンティ社の畑の話なんかも出てきます。

結構難しいところなんだけど、山をはる部分もあり、
完全に山はりバージョンしか勉強しなかったらこんな感じになりました。

でも、答えて当然!って部分も間違えたので、
これまた努力が足りない証拠です。

覚えていたけど、表面的にしか覚えていなかった。
そんな感じに似ています。

つまり、語呂合わせは覚えているけど、内容の理解は浅い・・・
そんな分析をしてみました。

表面的にしか覚えていないと、角度を変えて質問されたときに崩れます。

これも、勉強以外に通じると思います。

いっちょかみ知識の多い私なので、この辺で真から理解することにつとめたいと思います。

次回のテストはシャンパーニュ。

泡を片手に・・・なんて余裕はないので、また蛍光ペン持って頑張ります!
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-16 22:59 | |― ワインエキスパートへの道 | Comments(0)

ワインエキスパートへの道7/20回目

ちょっと更新が遅れちゃいましたが・・・
先週ワインエキスパートの受験講座の7回目が終わりました。

なんだそれ?って感じの方は、こちらをご覧ください。


7回目は、ボルドー、ブルゴーニュの難関を終えたご褒美のようなシャンパーニュ。
シャンパーニュ地方は、覚えることが少ないので、ホッとします。

加えて、ここずっと続いていた苦手意識が払しょく。
覚えられないと嘆いていたのは、覚える努力を怠っていただけで、
まさに、自業自得の世界でした。


覚えている人は、凄いのではなく、ただ、勉強されている方が多いです。
キレイにノートをまとめ、努力されている様子が手に取るようにわかります。

私は、段階を飛び超え、受験対策講座に入ったということを理由に、
自分は知識が少ない、人より劣っているという思いばかりにとらわれ、
努力が足りませんでした。

ゴールデンウィークは、追いつこうと勉強したので、
難しいブルゴーニュも、少し楽しくなったし、
テストの点も良かったです。(20点満点の18点)


楽しくなったきっかけは先生に質問したことでした。
わからないところを教えてもらい、あ、なるほど!っと
思った瞬間、勉強する気になりました。

私ひとりなら、今もぐずぐず言い、受験から逃げたくなっていたと思います。

勇気を出して、わからないって声を上げる。
思い切って、誰かに聞く。

これって、勉強以外でも大事なことだと思います。

では、続きは8回目とさせて頂きます。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-16 22:51 | |― ワインエキスパートへの道 | Comments(0)

そば屋の粋な使い方

c0296630_16445223.jpg


仕事中の昼ごはんみたいな印象があるおそばやさん。

実は、粋な食べ方は、最初につまみとお酒を楽しみに、〆にそばを頂いて帰るパターンと言われています。

c0296630_1648870.jpg


私のワインスクール友達も藤乃ってお蕎麦屋さんで、珍しいワインに焼酎、日本酒をそろえられています。

c0296630_1650202.jpg


こちらは箕面の一慶さんのお料理で法善寺のき(七がみっつの)川さんにいらした方がご主人です。

和食でありながら、私の好物のガレットが♪

c0296630_16524655.jpg



次は、明日は確実に美肌になるらしいすっぽんの土瓶蒸し!!

c0296630_16543373.jpg


グロテスク&内臓系が苦手な私に嬉しい、すっぽん本体は入らないバージョンです。


ここで、やっとお蕎麦登場↓
蕎麦の香りを楽しむために最初はお塩で頂きます。

c0296630_16574284.jpg



こちらの黄色いのは、ゆずとミカンが自然勾配した黄金柑。
香りは柚子で、食感がミカンといった感じです♪

c0296630_16593953.jpg



こだわりの食材に美と健康に効く料理を提供されるお店です。

なお、来週からすっぽんスープは持帰り用に販売されるとのこと。


明日の朝、美肌になってたら買いに走ります!!

c0296630_1752294.jpg

[PR]
# by yuristyle | 2013-05-16 20:35 | |― 外メシ | Comments(0)

海外の方にも人気の鉄板焼やさん

若人の時に道頓堀店に通った鉄板焼のお店、やきやき三輪さん。

c0296630_22352936.jpg



先日は初めて堀江店に行きました♪

私の美味しい店基準にホステスさんが同伴に利用する!といった秤がありますが、こちらもご多分にもれずです。


c0296630_22381255.jpg



加えて、海外の方にも人気で、私も韓国の方をご接待したことありますが、無事にお楽しみ頂きました。

余談ですが、その方は鉄板焼より向かえの金龍ラーメンの方が熱烈に気に入ってくれました(微妙…)

c0296630_22415664.jpg


画像は違いますが、ここではトーストの上にステーキをのっけてくれる定番メニューがおすすめです。

A5ランクの肉汁がしみこんだ薄めのパンが絶妙なのです!

c0296630_22484791.jpg


〆は肉厚のしいたけと、おデブなアスパラ。2時間制なのでさっさと撤収。


帰ってから単語160個覚えるノルマがあり、あまり飲めない夜でしたが、のどが痛くなるまでしゃべって楽しみました。

ご一緒してくださったIさん、ありがとうございます。

みなさんも、機会があれば、ぜひ一度♪
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-15 22:30 | |― 外メシ | Comments(0)

苦手意識が記憶のふたをする

ワインエキスパートの試験勉強をしていて、全く頭に入らない時期があった。

記憶力が悪い方ではない私は、もう年齢のせいかと悲しくなった。

でも、わかった。

覚えられないのは・・・

覚えられないと思うから覚えられないだけだと言うことが。

そして、覚えられないと思うから、覚える作業に身が入らない



身が入らないから、覚えられない



覚えらないから勉強したくなくなる



わかりやすい悪循環だ。

先日、テキストをあける前、私は自分に言い聞かせた。

こんなくらい、私は簡単に覚えられる


すると、いつもは覚えるのに一週間かかるものが、たった3時間で頭に入った。

ここでわかった。

苦手意識は、自分の可能性を閉じるだけでなく、自分の記憶の容量も支配する。

自分を褒めてばかりするのはどうか?っと言う人がときどきいるが、
自分を褒めること、認めること、できると信じることの効果ははかりしれない。


人が褒めてくれるのを待つよりも、自分で褒める方が手っ取り早いし、日本人の美学、「謙遜する」時間も省けるので大いにやってほしいと思う。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-15 21:31 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

直島日帰りの旅

c0296630_755076.jpg


先週、小学校1年からの友人と香川県の直島へ!
目的は安藤忠雄さんが監修した地中美術館

上の画像は、初めて車でフェリーに乗船した図。

いつ車から降りたらいいのか?
どこから甲板に行くのか?
戸惑っているうちに出発して5分経っていたことに気づく。

岡山市内の宇野港から20分で着くので慌てて甲板に上がる↓

c0296630_751488.jpg


あっという間に、目的の地中美術館がある宮浦港に着き、
シンボルの草間彌生さんのかぼちゃのオブジェを探すのも忘れ遅めのランチへ♪

ただ、直島へ平日行きたい方にここで注意!

カフェ戦争と言われる直島も、平日に空いてる店は少ないです!

特に私たちのように3時前につくと、ランチは終了済みで、closeの看板に虚しくお腹が鳴り響きます…

それを救ってくれたのが、民宿もされているおおみやけさん↓

c0296630_7122864.jpg


この、かぼちゃのケーキ、絶品です!
あまりの美味しさに、何が入っているのかと聞く私に、
満面の笑みで奥様が言う↓

私は買ってきて切っただけだからわかりません~

とってもキュートで優しいマダム。

で、お腹を満たしたら即、目的の地中美術館へ↓

c0296630_7133451.jpg


こちらは、全面的に写真撮影NGなので、一切画像はありませんが、
とってもココロに効く空間でした。

中でも、予約制で、金、土曜日限定イベントのオープンスカイナイトプログラムがお勧めです!

これは、閉館後、天井が切り取られた空間から空を見上げるプログラム。
人工の光と自然の空が織りなすアートは、静寂の中、瞑想タイムが味わえます。

片道4時間ドライブで、島での滞在時間は約4時間弱・・・
最終のフェリーに乗って一路大阪へ。

帰宅したのは深夜1時前と、ひとり運転はかなりハードでしたが、
もう一度行きたい場所になりました。

ちなみに、地中美術館は地下でありながら自然光を楽しむがコンセプトですが、私が行った雨の日でも、光が入らなくても楽しめます。(でも今度は晴れてる日に行きたい・・・)
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-11 06:54 | |― 遊び | Comments(0)

逃げ道をふせぐ

c0296630_15492874.jpg


ワインエキスパートの受験申込がスタートしました。
試験は8月19日です。

今、習っている受験対策講座の先生が、
今すぐ申し込むように強く仰います。
必ず申し込むように!
全員が申し込むまで、毎週確認しますからっと。

あの先生なら、必ず毎週聞くと思います(こわっ)

先生が強く申し込みを急ぐ理由は、申し込むと覚悟が決まって、
必ず受験するからっというものでした。

確かに、申し込みをすれば勉強するしかないですもんね。

これが、「絶対に○○する!」って、宇宙に宣言することになるんでしょうね。

申し込めば、確かに逃げられない。

逃げ道をふせぐ・・・私には大事なことかもしれません。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-09 16:06 | |― ヒントになるかも話 | Comments(0)

朝のスタートは

c0296630_8525410.jpg


5月8日、朝のスタートは、40分のウォーキングとスムージー。

今日の目的は、メリハリのある1日にすること♪

理由は、公私ともに、やることが目白押しだからです。

そんな朝のエネルギー源は、スムージー。
材料は、ルッコラにサラダ水菜、ドラゴンフルーツにバナナにりんご。

ドラゴンフルーツが熟れてきたので、いい感じの甘味がでて美味しい朝です。

今から梅醬番茶でカラダを温め、仕事の準備にかかります!

今日も素敵な1日をお過ごしください。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-08 08:58 | ★ つぶやき | Comments(0)

オモシロ体験談

幸か不幸か、今までいろんな体験をした。

苦労話をしてもしょうがないので、私ぐらいだろうなと思う体験で笑ってもらおうと思う。

以前、自宅の前の交差点で、私は信号無視の車に激しく追突された。

追突前、前方に見えていた建物がフレンドリーだったのに、
大きな衝撃の後は、後ろに見えていた大阪大学の方を向いていた。

よろよろと降りてきた相手は、ろれつの回らないよっぱらい。
意味不明なことを言い、私の神経をさかなでる。

警察に通報後、駅前の見慣れた警察官が来ただけだったのに、飲酒運転とわかりパトカーが複数台やって来た。

結果、酔っぱらっていて話にならないので、私には先に病院へ行って来いと指示をする警察官。

これまた歩いて数分の場所に大病院があるので、歩いて行こうとする私に、
深夜は救急車で行かないと見てくれないからと119番に連絡される。。。

家の前から、駅前の病院に救急搬送。
自宅のバルコニーから一部始終を母が見ている。。。

3度目の交通事故で頂いた病名は、これまた聞きなれた頸椎捻挫。

数日後、再びレントゲンを撮りに行く私が見たのは、酔っ払い運転のご本人の名前が書かれた整形外科のドクター表。

家の前で事故って、駅前の病院に運ばれて、見てもらう医師が飲酒運転事故の相手って、そうそうない話ではないでしょうか?

ホント、世の中いろんな体験があるもんですわ。
[PR]
# by yuristyle | 2013-05-03 14:48 | ★ つぶやき | Comments(0)

快脳LIFEプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、幸せな人生を引き寄せる「快脳テクニック」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧