悪夢と出来事の関係

陰陽師の人がつけている夢日記。

私も真似をしてつけ始めた。

最近は、寝ている間に、夢を見ている感覚はなかったが、
夢日記をつけていると毎晩2つくらいの夢をみていることがわかってきた。

日記には、良い夢、悪い夢にわけて印をつけ、ひと言コメントも書いている。

で、始めて一週間と少し・・・
私の夢日記を眺めると、悪い夢印でいっぱいだ。


小銭をばらまいてひんしゅくをかう夢、
スピード違反で捕まる夢、
遅刻して気まずい夢、
パーティーにボロボロの服を着ていき恥をかく夢・・・


ホント、ろくな夢をみない。

しかし、現状は何も悲しいことはなく、やたらにシンクロが増えているくらい。

シンクロの内容は、あの人は元気かなっと思うとメールを頂く、
あの方にお葉書をと思うと、郵便受けにその方からお手紙が入っている、
あれが欲しいなと思うと、お安くなりますのご案内が来る、
てな感じである。

このシンクロを思うと、私が持っている、願えば叶う魔法のランプは、
今、元気に働いてくれていることを実感する。

悪い夢は、今のところ不幸な出来事と連動はしていない。

だから、悪夢が現実になるのではっと心配するあなた、
必ずしもそうではないようです。

ただ、自分のまわりに起こること、世界で起こっていることの、
観察はしておく方が良いようですよ。

NLPを学ぶとこの言葉を聞きます。


コミュニケーションは、観察に始まって、観察に終わる。
[PR]
by yuristyle | 2014-02-13 13:46 | ★ つぶやき

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧