テレビ出演がくれたもの

放送が終わるまで、誰にも言わないって決めてたテレビ出演。

放送の最中は、知り合いが誰も見てませんようにと布団をかぶって願をかけ、
無理やり寝ようとしたけれど・・・
放送が終わるなり、メールやラインの音がピコピコ、ポンポン。
私が思う以上に知人が見ている番組でした。



降ってわいたような出演依頼のお話に、
頭を抱えることもあったけど、
このお話でいろんなご縁ができたり、
お久しぶりの方と再会することになったり、
その他いろいろ嬉しいこともありました。


テレビってやらせだろうって思っていたけど、
現場の人は一生懸命作っていて、
感想を強要されることもありませんでした。


ディレクターのAさんは、
私の紹介は適当で良いですと消極的な私に、
自分は山下さんと視聴者の橋渡し役になりたいと言ってくださり、
何度もやりとりしてくださいました。

ご紹介した順平さんの店長Aさんは、お子さんがいらっしゃるのに、
ご挨拶がしたいと遅い時間まで待っていてくださいました。

クライアントで協力してくださったCさんは、
カメラマン、音声さん、ディレクター、ご主人、お子さんがいる中、
実際のセッションに付き合ってくれました。
大勢に囲まれてのお話は、さぞかし辛かったと思います。
でも、無理なお願いにご快諾頂き嬉しかったです。
Cさん、ご主人様、ありがとうございます。
Cちゃんもおとなしくしてくれていてありがとう。


そんなこんなで、二日経った今も、
テレビ見ましたよメールをちょくちょく頂きます。

あれはどうだったの?
あのときはどうしたの?

なんて聞かれますが、私は放送を見ていないので答えられません。
なんでっと言われますが、私は見る勇気がありません。
そう、私は小心者なのです。

他にも、自分のダメぶりが多々発覚。
思わず、幸せ体質プログラムを受けねばっと思ってしまいました。

おわり。
[PR]
by yuristyle | 2014-03-18 22:30 | ★ つぶやき

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧