ワイン呼称資格試験・藁にもすがりたい方へ

c0296630_8125127.jpg

ソムリエ協会の呼称資格試験。
複数のワインをブラインドテイスティングする2次試験が近づいてきました。
なのに、正しいコメントが書けない!という方に朗報です。

ワインスクールに通わなくても合格できる!という大人気サイト、
ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ
を管理されている
シニアソムリエの松岡正浩さんが対面で、
しかも大阪で直前対策講座を開催してくださいます。

私もこの1年、ワインの知識を深めるため、
いろんな講座に通い、たくさんのワインを飲みました。

しかし・・・試験で求められる解答を、書ける自信がこの期に及んでもありません。

この2カ月くらいは、ワインの香りを知るため、
いろんな植物やハーブを集めてまわりました。

スイカズラ、ヴェルヴェーヌ、菩提樹に火打石。
正直、入手困難なものもあり、やっとこさ集めたのですが、
対策講座の最終日に先生に言われたことが・・・

実際にどんな香がするかより、このワインならソムリエ協会は
こんな答えを求めているということを勉強してください。
本当に、その植物を用意してもあまり意味がありません。


久々に、漫画に出てくるガ~ンって石でできた文字が頭に落ちました。。。

そうなんです。

試験用のコメントと、実際のワインの分析は結構違うものなのです。

試験対策講座で習うワインの分析と、
それ以外の講座では、教えてもらうことが結構違います。

私の尊敬する先生方からも、
ソムリエ協会には入らない、
ソムリエ協会の資格なんて意味がない、
試験用のコメントなんて興味ありません、
なんてことも多々お聞きすることがありました。

でも、受ける以上、協会の方針に乗って、
合格するためのテクニックを身につけるしかないのです。

そんな矛盾、いや、目指した目標を達成するために、
藁にもすがるではないですが、
わらより強力な救命ボートが松岡先生の講座です。

私のワインエキスパート一次試験合格は、
松岡先生のサイトがなければなかったように思います。

先生の、今日も頑張りましょう。しんどいのは皆同じ、他、
いろんな言葉や合格をイメージすることで、
しんどい試験を乗り越えられました。
(二次試験は合格のイメージができませんでした)

私のように、テクニックをまったく意識せず、
ただただワインをあけて、香をとろう、味をみわけようと頑張って挫折し、
穴ぼこに入っている人には本当に必要な講座だと思います。

日程は、9月2日(火)15時半~17時半。
場所は、上本町付近です。
受講料も8000円台です。


ちなみに、9月1日はキャンセル待ちです。
詳細はこちらに記載されています→☆★


目標達成が、まじめにコツコツだけでなく、
テクニックを使うことで格段に楽になるように、
何事も秘策があるのかもしれません。

あと試験まで何日もありません。
ぜひ、テクニックを身につけ、ブドウのバッチを勝ち取ってやりましょう♪
[PR]
by yuristyle | 2014-08-27 08:47 | |― ワインエキスパートへの道

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧