人気ブログランキング |

習慣を変える時の「ワナ」

c0296630_21270051.jpg


早寝宣言?をして数日。

22時に「眠る」ことはできていませんが、「22時には就寝する」意識は持ち続け、結果、0時台には「眠る」生活をしております。

いつも3時過ぎに寝ていた人間が、22時に寝ようとすることは本当に大変で、ちょうど昼の今頃から、22時のことがちらほら頭をよぎります。

なので、高齢者に接するときも、前は気なが~~に、相手のペースに合わせて、合わせて、待っていたのですが、今は、「で、今日の目的は何?」と確認したり、「それは時間がないので次回にして、今日はこれだけ」「●時までに帰る」など、催促および限定をするようになりました(汗)

頂いたメールの返事も、前は、夜中の2時にもらったメールに即返事をして驚かれることも多々あったのですが、今は、夜間のメールはお返事も翌日になりがちです。

でも、驚くべきは、3時に寝て7時前に起きていた私が、0時台に寝ているにもかかわらず、起床が7時を過ぎるようになったことです。そ、単に寝る時間が長くなったのです。というか、私、たくさん寝るんだ、という驚きです。(別に、3時に寝て6時台起床が辛いわけではなかったので)

ただ、日中に私は何度か、「22時に寝るなんてやってられない」とか「子供じゃあるまいし」とか、空が暗くなると、昭和の人気番組「8時だよ、全員集合」のラストシーンが頭に浮かび、加藤茶さんに指さされ、「歯磨けよ!」と言われている感覚満載で、恥ずかしながら「ザ・ストレス」を感じておりました。

で、以下が私的なポイント。

習慣を変えるとき、ワナ(抵抗)がやってくる


早寝習慣を実行し、私が得たメリットは、今のところ感じないのですが、無意識は確実に「変化」を感じており、「変化」にしっかり抵抗しております。

というのが、このいつもはランチタイムも取れないぎみな日曜日、キャンセルが相次ぎ、今日の予約がなくなりました。で、なくなった瞬間、何が起こったかというと、私は風邪気味になったのです(今はカイロとチタンシールを貼りながら、着ぶくれしてこたつでブログ書き)

ちなみに、早く寝てお目目ぱっちりかもっと書いたのですが、あれは、夜に飲んだ薬膳茶の効果であることがわかりました。たくさん寝てもまぶたは重く、睡眠が短くても薬膳茶を飲んだ朝はお目目ぱっちりでした。(ぱっちり顔になったわけではない。が、若干はすっきり。こうなると、余計に早寝のメリットがわからない。)

で、こんな早く寝ないと治らないって言われるなら、病院を変えようかと思った矢先、口に出したわけではないのに、「早く寝なさい」と言われそうにないドクターで煎じ薬を処方してくれる漢方医の先生を紹介してもらえたり、もう、私の潜在意識は全力で、遅寝習慣を継続しようと頑張っておられます。

無意識ってコワ~~~イと、山頂で叫びたい気分になりました。

てな感じで、私の習慣を変える悶絶体験は進んでおります。

みなさんも、習慣を変えようとしたとき、自分にどんなことがやってきたか、ちょっと思い出してみてください。何か新しい発見があるかもです^^



ただ今、サイトリニューアル準備のためにクローズ中です。
近日中のワークショップはこちらをご覧ください→★★★






























by yuristyle | 2017-01-22 11:58 | |― ぼやきモード

脳活ライフプロデューサーの山下ゆりです。衣食住から脳を快適な状態にし、愛と仕事を手に入れる「ELT脳活メソッド」をお伝えしています。  


by yuristyle
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る